「これからの米韓外交の話をしよう」大統領報道官セクハラ騒動を終わらせたい在米韓国大使館

新しいブログを作って数日になるのだが、そろそろ気になるニュースを掲載していきたい。しかも、最初からアメーバブログが消される原因となった韓国の大統領報道官セクハラ騒動の続報である。

まあ、自分でレンタルサーバーを借りてワードプレスでブログを作成したので、このようなニュースを取り上げても問題はないだろう。消される心配がないというのは嬉しい限りだ。多くの読者様に迷惑をかけることになったが、これからも韓国経済の偽りのない情報を届けていくので応援していだきたい。

話を元に戻すが、韓国朴槿恵大統領の初訪米の成果が、このセクハラ騒動で一切消えてしまったわけで、在米韓大使館が早く終わりにしたいきもちはわからんではない。だが、犯人は韓国に逃亡して捕まっていない。しかも、否定しているという有様。当然、沈静化するはずもない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

「これからの米韓外交の話をしよう」大統領報道官セクハラ騒動を終わらせたい在米韓国大使館

16日(現地時間)午前、在米韓国大使館の高官から記者の携帯にメールが届いた。

「1週間、事件記者の仕事で大変だったと思う。これからはまた外交の話をしようではないか」との内容と共に、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が米国議会で行った英語の演説を肯定的に評価した米国シンクタンクの分析リポートが添付されていた。ワシントンに駐在している韓国の特派員の大半に、同じメールが届いた。

先週1週間「尹昶重(ユン・チャンジュン)大統領府前報道官のセクハラスキャンダル」という予測不可能な「流れ弾」に当たったワシントンの特派員たちにとって、「外交」などなかった。新政権になって初の韓米首脳会談が行われ、両国関係の変化などを取材すべき時期に、国務省やホワイトハウスではなく、警察署やワインバー、ホテルへの取材に多くの時間を費やしたのだ。

大使館も同じだった。セクハラ問題の対応に追われ、正常な外交活動は事実上ストップした。数日前に大使館関係者に対し、日本の飯島勲特使(内閣官房参与)の訪朝に対する米国の反応を訪ねたところ「正直言って、私たちはそういうことに気を配る余力がない」との答えが返ってきた。このような非正常的な状況を正常に戻し、何カ月もの苦労の末に実現させた大統領の訪米の成果をアピールしたい、というのが大使館の本音だろう。

だが問題は、依然として尹前報道官によるセクハラ疑惑の真相がほとんど解明されていない上、大使館がこの問題について直接責任のある当事者ということだ。「セクハラ」の部分は、米国の警察の捜査結果が出るまで待てばよいが、
大使館が今回の問題を隠蔽(いんぺい)・矮小(わいしょう)化したり、報道官の逃亡をほう助したりしたとの疑惑については、大使館が自ら解明すべき部分だ。

だがこれまで大使館はこの疑惑について、何ら十分な説明をしていない。疑惑が指摘されて初めてしぶしぶ釈明し、それも説明がころころ変わった。

こうした中、これまで記者からの取材電話にも出なかった大使館の人間が、まるで第三者のように「さあ、もうこの問題は終わりにして別の話をしよう」と持ち掛けてきたのだから、疑惑をうやむやにして責任を逃れようという意図があるとしか思えない。

国に恥をかかせたスキャンダルから早く抜け出したいというのは、全ての関係者の共通した思いだろう。だが「終わりにしよう」というのは、少なくとも大使館がこのタイミングで用いるべき言葉ではないはずだ。

ワシントン= イム・ミンヒョク特派員

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/05/18/2013051800556.html)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360部、と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。
目標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
4 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い

なにも調べたりしてないので推測ですが
IDの即時失効されるケースは薬物の取引や、犯罪にかかわるやり取りが、ブログやコメント内で行われているケースのみだと思うのですね。
こういうのは管理人に通知などとるよりも即時に行わないとアメブロの信用や運営に関わってきますからね。
では、グレーな内容・差別や軽犯罪に絡むものは管理人に通知されるべきたと思うのですね。
でないと、アメブロやってても変なコメントや意図しないブログを書いてしまっただけで削除なんかされたら、誰もアメブロでブログなんてやろうと思わなくなってしまいます。
数万もあるブログを1つ1つ目視管理なんて効率悪いこともしないだろうし、キーワードで機械的に、即削除、警告など切り分けてると思うのですが
機械的によるものなら、何らかの文章が運悪く即削除に繋がったとしか思えない。(そんなキーワードもどうかと思うが・・・)
あとは削除権限もっている運営の社員かバイトにチョンに目を付けられて勝手に消されたとしか思えないですね。(こっち本命)
いずれにせよ、こんなことが続くならアメブロも長くないでしょうね。

「アメブロ 削除」で検索していくつか読んでの推測ですが(URLは読んだページの一例)、
前ブログの削除要因は「投資系ネタ」とそのバナーが運営の鼻についた可能性もあるかな、と。

どちらにせよ、あの程度で削除される所からは移動するのが正解でしょう。