日別アーカイブ: 2013年7月10日

韓国経済、「アシアナ機事故は年長者優先の階級文化が原因」米メディア報道に韓国が反発

韓国経済、「アシアナ機事故は年長者優先の階級文化が原因」米メディア報道に韓国が反発

記事要約:韓国のことを知らないと、米メディアがしてきた「アシアナ機事故は年長者優先の階級文化が原因」というのはわかりづらいだろう。韓国には儒教の文化が根付いており、年下が年上に意見をするようなことがない。つまり、4人の機長や副機長が乗っていても、年長者の判断が優先されることになる。間違っていても指摘することができなかった。その辺りはボイスレコードで解明するだろう。

本文:米メディアが指摘した「アシアナ機事故は年長者優先の階級文化が原因」というのは韓国文化のことをある程度わかっていれば納得が行く指摘だろう。韓国には儒教の文化が根付いており、とにかく年上が尊重される。。つまり、4人の機長や副機長が乗っていても、年長者の判断が優先されることになる。もし、間違っていてもそのような文化が原因で指摘することができなかった。その辺りはブラックボックスの中にあるボイスレコードで解明するだろう。

管理人は断定はしないが、その可能性は否定出来ないと思う。なぜなら、過去にそのような事例から事故が起きたケースがあるからだ。年長者が年下の忠告を無視して自分で判断して招いた事故は韓国だけではない。だが、明らかに間違っているのに指摘できなかったとなれば話は別だ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、「アシアナ機事故は年長者優先の階級文化が原因」米メディア報道に韓国が反発

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国側「サンフランシスコ空港の対応に問題があった」-アシアナ機事故

韓国経済、韓国側「サンフランシスコ空港の対応に問題があった」-アシアナ機事故

記事要約:まさか記事を特集するときにここまで斜め上に発想が出てくると思わなかった。あれだけ人為的なミスの証拠が色々出てきたのに、なんとか韓国側は「サンフランシスコ空港の対応に問題があった」という。さすが斜め上の韓国。アシアナ航空の社長が全ての責任を機長に押しつけたといい本当に凄いわ。

本文:例の韓国アシアナ航空機着陸失敗事故、ただの飛行機事故がここまで斜め上の展開になって行くなど誰が予想できたか。どう見ても人為的な原因による事故にしか見えないのに、まさかのサンフランシスコ空港の対応のせいにした。しかも、その日に事故が起きたのは韓国アシアナ航空機だけであり、他の航空会社は無事に着陸している。

いや、管制や空港設備が事故原因にするのは無理があるだろう。事故の調査はだいたい早くて1ヶ月ぐらいで完了するわけだが、サンフランシスコ空港で異常が発生したというのは航空誘導装置だけだった。しかも、それは事前に知らされていた。

もし、それで事故が起きたというなら、つまり、航空誘導装置を使ってしか着陸できないパイロットの腕が問われることになる。どちらに転ぶにせよ。目が離せない展開となってきた。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国側「サンフランシスコ空港の対応に問題があった」-アシアナ機事故

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、アシアナ事故機の件について、アシアナ航空社長「全責任は機長に」

韓国経済、アシアナ事故機の件について、アシアナ航空社長「全責任は機長に」

記事要約:見事なまでの韓国人発言に逆にすがすがしい気分である。予想通り、例のアシアナ事故機の件で、アシアナ航空社長は事故の責任を全て機長になすりつけた。だが、事故の調査が進むにつれて、おそらくアシアナ航空の安全管理にもメスが入ると思われる。人為的なミスは明らか。どうして防げなかったのかが航空機事故では必ず問われるからだ。

本文:例のアシアナ航空機の着陸失敗して炎上した事故で、アシアナ航空社長は、「全ての責任は機長にある」と述べた。この韓国人らしい予想通りの発言に管理人は、逆にすがすがしい気分となった。期待を裏切らないというのか。なんというのか……。もっとも、事故の調査が進めば、アシアナ航空の安全管理にもメスが入ると思われる。

今回は、「故機の操縦士は、B777運航経歴がわずか43時間」「衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る」「教官は資格を取って今回が初めての指導」「航空誘導装置が故障していたにも関わらず、機長は操縦桿を握らなかった」といった数々の事実から、人為的なミスである可能性が高いからだ。

もっとも教官として初めてという事実から、判断力が足りなかったという推測も出てきたので、機長が操縦桿を握らなかったことの謎は解けたかもしれない。この社長の発言からして、ブラック企業だということがそのうち判明するのだろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、アシアナ事故機の件について、アシアナ航空社長「全責任は機長に」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済【アシアナ旅客機事故】事故機 衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る 機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて

韓国経済【アシアナ旅客機事故】事故機 衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る 機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて

記事要約:前回、韓国アシアナ事故機の操縦士は、B777運航経歴がわずか43時間だということが判明して、事故が人為的なミスの可能性が浮上した。さらに「衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る」という人為的なミスがあったようだ。「機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて」という。これは人為的なミスで起きた可能性がますます高くなった。

本文:前回、韓国アシアナ事故機の操縦士は、B777運航経歴がわずか43時間だということが判明して、事故が人為的なミスの可能性が浮上した。さらに「衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る」という明かな人為的なミスがわかった。失速を知らせる警報が鳴っているのなら確実な事実だろう。

しかも、教官は資格を取って今回が初めての指導だったという。これは、アシアナ航空の教育体制が問われることになる。

どうやらこの事故は人為的なミスで間違いなさそうだが、もう一つは資格を取った後に、教官として訓練といった教官マニュアルがどこまで作られていたといった会社側の致命的なミスも露見されそうな勢いだ。韓国企業を調べたら色々な穴が開きまくっているのは常識なのだが、そのような穴が航空業界にぽっかり開いていたわけでとんでもないことだな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済【アシアナ旅客機事故】事故機 衝突3秒前に目標速度を63キロ下回る 機長も実際に教官役を務めたのは今回が初めて

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry