韓国経済、「韓国は新興国危機の勝者。2度の金融危機を経て強くなった」~米紙WSJが評価

韓国経済、「韓国は新興国危機の勝者。2度の金融危機を経て強くなった」~米紙WSJが評価

記事要約:2chの情報流出で一時的に記事の検索ができなくて困っていたんだが、ようやく復帰したようで何よりだ。さて、今週のメルマガネタとして、9月危機前のニュースまとめようと思っているわけだが、結構、色々出てきたな。二つあれば良いと思ったら、もう3つぐらいあるぞ。だから、そういう記事を書かれているのが、韓国経済危機を抜け出せてない証拠なのだ。

本文:2chの情報流出で一時的に記事の検索ができなくて困っていたんだが、ようやく復帰したようで何よりだ。さて、今週のメルマガネタとして、9月危機前の ニュースまとめようと思っているわけだが、結構、色々出てきたな。二つあれば良いと思ったら、もう3つぐらいあるぞ。だから、そういう記事を書かれている のが、韓国経済危機を抜け出せてない証拠なのだ。

しかし、物の見方って色々あるよな。管理人は間違いなく2008年より酷い状態になっていると思うんだが。輸出依存は増えて、日本の後ろ盾もなくなり、さらに、電力危機、財政の崖、ストレステスト、家計債務危機と着実に危機が増している。9月になって突然死ぬようなことはないにしても、危機的な状況に陥る可能性はある。それがアメリカのシリア軍事介入での一連のことから起こるのか、中国のシャドーバンクによる危機になるのか、それは定かではない。だが、韓国が置かれている世界情勢は2008年よりは厳しいと思われる。なんたって、朴槿恵大統領が無能過ぎるからだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、「韓国は新興国危機の勝者。2度の金融危機を経て強くなった」~米紙WSJが評価

新興諸国の通貨危機が続くなか、韓国は「危機の勝者だ」という評価が、海外の専門家やメディアから流れている。

米紙ウォールストリートジャーナルは28日、米連邦準備制度(連準=Fed)幹部や市場専門家らの言葉を引用し、「投資家らが、経常収支の赤字が多く、海外の短期負債の多い新興諸国を集中して攻撃しているが、韓国やメキシコ、東欧諸国は、割合無風地帯だ」と報じた。

また、「韓国などは、安価なドル資金が溢れる時、構造改革に集中し、頑丈な経済基礎体力(ファンダメンタル)をつけた」とし、「最近、危機に見舞われているインドやインドネシア、トルコ、ブラジルなどとは違う」と評した。

同紙は、特に多くの分量を割いて、1997年の通貨危機と08年の金融危機の2度の危機を経ながらさらに強くなった国として韓国を取り上げた。韓国政府が、金融システムの最大弱点だった海外短期負債を管理可能なレベルに維持したことを高く評価した。今年6月末現在、韓国の外貨保有高比満期1年以下の短期外債の割合は36.6%と、13年9ヵ月ぶりに最低水準を記録した。80%近かった08年に比べても、大幅に下落した。韓国政府は、今回の危機にも、投機性短期資金「ホットマネー」の流入や流出を減速させるのに必要な措置を実施し、効果をあげている。

HSBCの為替専門家・ワン・ジィは、「韓国は、アジアで(海外から借りた借金の)返済期間を延長するよりは、これを減らしていった唯一のだ」と話した。実際、08年は1900億ドルに達した短期外債は最近、1200億ドルまで減った。一方、インドやインドネシアの短期外債は、同期間、ほぼ2倍に増え、はっきりと対照を見せた。

24日に終わった米年次経済シンポジウム(ジャクソンホールミーティング)に出席した各国中央銀行総裁らや経済専門家らも、低い海外負債や健全な金融・通貨システムを持っている国々が、通貨危機に耐え切ることができることに共感した。新興国市場部門のセッションを担当したテランス・チェキ・ニューヨーク連邦準備銀行副総裁は、「一国の経済基礎体力は、危機克服において最も大切なものだ」と強調し、韓国などが今回の危機で差別化されている理由について説明した。JPモルガンチェイスの中南米リサーチ責任者のルイス・オーガネスは、「投資家らが各国のファンダメンタルで、勝者と敗者を分けてアプローチする様子を見せている」と話した。

(http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013083082088)

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

合わせて読みたい記事

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
初めて政治活動した

インドネシア、トルコ、ブラジルの各通貨が長期チャートで見ると全然危機に見えないです。史上最安値のインドルピーにしても2007年から順調に安値更新してきているだけに見えます。本当に危機なんでしょうか?