韓国経済9月危機、2日の終値は1100.30-9.60のウォン高。KOSPIは1924.81

韓国経済9月危機、2日の終値は1100.30-9.60のウォン高。KOSPIは1924.81

今日、9月2日の韓国市場の結果を知らせていく。

昼間に伝えたとおり、いきなりのウォン高である。しかも、1105を簡単に超えてしまい、1100ウォンを間近に迫った。韓国の為替レートの適正は1100~1150なので、これはいきなりの危険信号といえる。最後に今日の流れを見ておこう。

2013-09-02_20h28_34

2013-09-02_20h29_43

■今日の流れ

(ソウル=聯合インフォマックス)チョン・ソニョン記者=ドル/ウォン為替レートが4ヶ月ぶりに1100₩台に迫った。米国のシリア空爆憂慮が
広がっていないのに、域内の需給は供給力の市場の勢いを示した。2日、ソウル外国為替市場でドル/ウォン為替レートは前日比9.50₩下った1,100.50₩で取引を終えた。これは終値基準で、今年5月9日1,091.00₩以来の低水準である。

ドルは韓国の貿易収支が好調で売り心理が優勢な局面を見せた。需給上の繰越NEGO物量と外国人の株式買い越し、ロングストップ物量が順番に続き、重い流れが明らかになった。またドルは場内一時1,100.10₩までレベルを下げて、1100₩線を威嚇した。

▲3日の展望=外国為替ディーラーは、ドルが1,098.00~1,105.00₩で騰落すると予想した。

米国ニューヨーク証券市場がレイバーデイ(労働者の日)で休場し、対外リスクが大幅に緩和される可能性が高い。ソウル外為市場締め切り後、ドルは域外NDF市場で1100₩線を突き抜けて下り外国為替当局の介入警戒感がより一層大きくなった状態だ。

A銀行のある外国為替ディーラーは「繰越NEGO物量の域外NDF投資家の損切り売りも加わり、ドルが下落した。1100₩線は守られたが、域外NDF売りがかなり重い。」と説明した。彼は「ソウル外為市場締め切り後、域外NDF為替レートが1100₩台以下に下落しただけに当局の介入警戒感も注目に値する。」と付け加えた。

B銀行の他の外国為替ディーラーは「ソウル外為市場が終わった後、ドル/ウォンNDF為替レートが1,097₩台まで下落した状態。今日重要なレベルがほとんど崩壊し、過度に下落した側面がある。」と述べた。

彼は「米国市場が休場するうえ当局の介入警戒感もあり、ドルの下落幅が徐々に鈍化する可能性がある。」と見通した。

▲場内での動向=ドルは韓国の8月の貿易収支の黒字影響で売り心理が強化され、前日比2.00₩下落した1,108.00₩で
スタートした。場序盤から輸出業者の繰越NEGO物量と域外NDF投資家のドル売りに1,110₩下にレベルを下げた。その後、需給攻防が続いたが、ドルは再度1,105₩台まで渡した。

外国為替当局の買収介入警戒心のドルの下落率は鈍化したが1,100.10₩まで底点を低下させるの下落圧力は強くなった。オーストラリアドル、シンガポールドルなどアジア通貨も上昇に転じドル下落幅の拡大に一役買った。

サムスン重工業の2千330億₩規模前受金返還決定が発表されたが、取引終了頃に出てきて大きな影響を与えなかった。また今日、三星(サムスン)重工業[010140]は、取引終了後、オセアニア地域船主と6千103億₩規模のドリルシップの供給契約を締結したと発表した。

ドルは、1,100.10₩で場内で底点を、1,108.90₩で場内で高点を記録した。市場平均為替レートは1,104.10₩で告示される予定である。直物為替取引量はソウル外国為替仲介と韓国資金仲介を合わせて85億2000万㌦を記録した。

外国人投資家はコスピで568億₩分を純買い入れし、コスダックで240億₩分を買い越した。

一方、為替締切時刻ドル/円レートは98.60円を、円/ウォン裁定為替レートは100円=1,116.24₩を記録した。ユーロ/ドル為替は
1.3211㌦を現わした。//

 

 

合わせて読みたい記事

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types