韓国経済、9月危機3日 1097.85-2.45で終了。KOSPIは1933.74+8.93

韓国経済、9月危機3日 1097.85-2.45で終了。KOSPIは1933.74+8.93

今日の9月3日の韓国市場について振り返る。昼間の途中経過通り、朝からいきなりのウォン高となった。1100マジノ線なんてなかった。いっきに1093ウォン近くまで上げてようやく少し戻った感じだ。

読者様がウォン安を望んでいるのか、ウォン高の展開を望んでいるのかは管理人はわかっていないが。ウォン高になりすぎても、韓国は輸出依存なので不利となる。つまり、1100ラインは採算がなんとかとれる為替レートだと思っていただければいい。そして、1080ウォンぐらいになるとどんどん厳しくなる。今日の流れも後に出しておく。

2013-09-03_19h00_26

2013-09-03_19h00_14

(ソウル=聯合インフォマックス)チョン・ソニョン記者=ドル/ウォン為替レートが4ヶ月ぶりに1100₩台に落ちた。ドルが1,100₩線下に下落し、外国為替当局の介入警戒感が強くしたが、輸出業者NEGO物量、域外差額決済先物為替(NDF)売りが優勢となった。

3日、ソウル外国為替市場でドル/ウォン為替レートは前日比2.60₩下った1,097.90₩で取引を終えた。ドルが1,100₩線下で終値を記録したのは、去る5月9日1,091.00₩以来、ほぼ4ヶ月ぶりのことだ。

▲4日の展望=外国為替ディーラーは、ドルが1,095.00~1,102.00₩で騰落すると予想した。ディーラーは、ドルが1,090₩台序盤まで下落していただけに、底点認識の反動圧力を受ける可能性があると見た。

週末の米国の雇用指標と今月、米国連邦公開市場委員会(FOMC)などの問題を前に強くポジションプレーに出るには負担になるとディーラーは評価した。

A銀行の外国為替ディーラーは「1,090₩台まで売り物量が集中したが、株式逆送金と外国為替当局の介入警戒感などで強く押して下げられなかった。米国の量的緩和(QE)縮小関連して出てくるほどの衝撃変数がない重い流れは、つながるようだ。」と話した。

彼は”外国為替当局の介入に対する警戒心が1,090₩台でサポートラインを形成するかがカギ。」と付け加えた。

B銀行の外国為替ディーラーは「域外NDF売りにドルが下落したが、当局の介入警戒感が大きい方。ドル売り側の株式資金はほとんど消化されたようだ。」と話した。

外国為替ディーラーは、ドルがソウル外為市場締め切り後NDF市場で小幅反騰しており、底点認識が現れると予想した。

C銀行の外国為替ディーラーは「底点買収に乗り出す市場参加者が出ており、1,090₩の下に続けて行くことは難しい。追加の勢いが確認されるべきだろう。」と予想した。

▲場内での動向=ドルは、米国の金融市場は、労働者の日で休場したにもかかわらず、アジア通貨高が続き、前日比1.60₩下落した1,098.90₩でスタートした。

ドルは今日開場値から1,090₩台後半からスタートし、下落圧力を受けた。域内供給優位の市場の勢いが維持され、ドルは一時1,090₩台前半までレベルを下げた。外国為替当局の介入警戒感が強くしたが、需給に押されて下落幅が大きくなった。

現代重工業、サムスン重工業などの受注のニュースが相次ぎ、ドル売りが優勢となった。しかし、後半に底点決済需要が流入し、徐々に支持力を見せた。

ドルは今日1,093.80₩で場内底点を、1,098.90₩で場内高点を記録した。市場平均為替レートは1,095.90₩で告示される予定である。直物為替取引量はソウル外国為替仲介と韓国資金仲介を合わせて89億400万㌦を記録した。

外国人投資家はコスピで2千140億₩分を純買い入れし、コスダックで131億₩分を純売渡した。

一方、為替締切時刻ドル/円レートは99.56円で、円/ウォン裁定為替レートは100円=1,102.86₩で取り引きされた。ユーロ/ドル為替は1.3171㌦で取引された。//

合わせて読みたい記事

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types