韓国経済、米大手証券ゴールドマン・サックス 「韓国経済は投資家にとって日米より魅力的だ。投資先が見当たらないなら韓国を推す」

韓国経済、米大手証券ゴールドマン・サックス 「韓国経済は投資家にとって日米より魅力的だ。投資先が見当たらないなら韓国を推す」

記事要約:ゴールドマンサックスがなぜかやたらと韓国を投資先に推している。これは裏で賄賂でも政府からもらったのか。仕込みなのかはいずれも判断できないが、その情報に信憑性は一つもない。そもそも、これ以上の1055ウォンのウォン高だと輸出業はまるっきり儲からないんだが・・・。韓国は輸出依存の国。ウォン高になって成長する要素が見当たらない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、米大手証券ゴールドマン・サックス 「韓国経済は投資家にとって日米より魅力的だ。投資先が見当たらないなら韓国を推す」

韓国経済は投資家にとって日米より魅力的だ――。米大手証券ゴールドマン・サックスが、10月11日付で発表したリポートが注目を浴びている。

〈Broad macro improvements for Korea(韓国のマクロ経済は上向いている)〉と題するリポートで、機関投資家に向けた内容だが、日本の一部メディアは連日、韓国経済についてバッシングみたいな報道を続けているだけに、関係者は興味津々で読んでいた。

中身を要約すると、〈国外の機関投資家の韓国の評価が高い。投資は増えていて、記録的な資金流入の状態で、債券市場に金が流れている。全体の投資額は、9月には米70億ドル(日本円で7000億円)に上る〉というもの。

添付された資料には、「輸出が順調」「消費者物価指数は2年半前から下降」「中国からの観光客が増加」「それによる小売りの伸び」――などを表すグラフがついていた。

それらを踏まえて、ゴールドマン・サックスは、〈韓国国内のIT、機械、金融、小売り、インフラは楽観視していいだろう。今後も伸びる傾向にある〉とし、〈投資先が見当たらないなら韓国を推す〉と大々的に持ち上げたのだ。

さあ、このリポートを専門家はどう読んだのか。東海東京証券チーフアナリストの斎藤満氏はこう言う。

「ゴールドマン・サックスの高評価は素直に受けられません。資金を引き揚げているゴールドマン・サックスは、残りの買い手を探していて、そのための演出に見えます。韓国企業の9割が財閥系ですが、その財閥が破綻している。日本や中国に支援を求めているくらいですから、まだ厳しい状況は変わっていないでしょう」

なるほど、もう一度、リポートを見ると「投資先が見当たらないなら韓国を推す」とある。 まだまだリスクがあるが、底を狙うなら、韓国が面白い、と読める。ま、単なるバッシング報道よりは興味深い。

(http://gendai.net/articles/view/news/145402)

 

記事は以上だが、日本の国益を重視するニュースだけを取り扱う、日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Twitter⇒ジンボルト (zinboruto) on Twitterから

 

合わせて読みたい記事

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types