韓国経済、ヘイトスピーチで客足が落ち込んだ新大久保で「1円」韓国映画祭

韓国経済、ヘイトスピーチで客足が落ち込んだ新大久保で「1円」韓国映画祭

記事要約:わかってないな。韓国映画祭りに1円の価値を見いだす日本人がどれだけいると?それ、ただの在日朝鮮人だけだろう。例えば、管理人がTSUTAYAで1円で韓流レンタルキャンペーンがあろうが、時間を無駄にしたくないので利用することはない。無料でもいらないのが韓流なのだ。つまり、時間は大切であるということだ。しかし、こいつら何もわかってないな。ヘイトスピーチで客足が落ち込んだのではないのだ。韓国人の行動が原因なのだ。

それなのに、アメリカに脅されて日韓首脳会談を開くとか愚かな譲歩をする安倍総理。これでは駄目だ。韓国と何かしても後ろから撃たれるだけというのをまだ気づかない。結局は関わらない方がいいのだ。少なくとも日本から折れる必要は一切なかった。なんで、愚かな韓国の大統領が支持率が危険なために使った反日ドーピングに苦労しているのを見て、わざわざ安倍総理が手をさしのべなければならんのだ。意味がわからない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

 

韓国経済、ヘイトスピーチで客足が落ち込んだ新大久保で「1円」韓国映画祭

東京のコリアンタウン、新大久保で、日韓関係の冷え込みなどの影響で落ち込んだ客足を呼び戻そうと、 1人1円払うだけで韓国の映画を鑑賞することができる映画祭が21日から始まりました。

この映画祭は、日韓関係の冷え込みや、在日韓国・朝鮮人に差別的なことばを浴びせるヘイトスピーチと呼ばれる行動の影響で客足が落ち込んだ東京・新宿区の新大久保に活気を取り戻そうと、 地元に暮らす韓国人たちが開いたものです。

初日の21日、駐日韓国大使館の施設で開幕式があり、主催者を代表して韓国語学校を経営するイ・スンミンさんが、「日本人と韓国人が共に生きる街づくりのために企画しました。多くの日本人に楽しんでいただくことが日韓友好につながると信じています」とあいさつしました。

21日から10日間、新大久保にある3つの会場では合わせて22の韓国の映画やドラマが上映され、1人1円払うだけで鑑賞でき、早速訪れた女性は、「好きな俳優が出演する映画が上映されると聞き、同じファンの友達も誘って来ました」と話していました。

上映される作品は、娯楽作品のほか、異なる国々の人たちの共生をテーマにした映画もあり、 また、一部の韓国料理店では映画の入場券の半券を提示すれば料金が割り引きになります。

(http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140321/k10013154241000.html)

日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い

嫌韓デモや、ヘイトスピーチ、チマチョゴリ切り裂き事件と同じで、
在日や、韓国人による自作自演の噂、絶えないですよね。
起っているのは事実ですが、誰がやっているかは不明です。

最近、面白いホームページ見つけました。
余命3年時事日記
http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/

何処まで信じれるかは別として、非常に、おもしろい情報源です。