日別アーカイブ: 2014年4月5日

韓国経済、KOSPI2000ポイント安着のための3つのカギ…(2)中国経済

韓国経済、KOSPI2000ポイント安着のための3つのカギ…(2)中国経済

記事要約:KOSPI2000台を安定化させるための3つの鍵。これは中央日報の記事だが、中々よく書けている。今回は中国経済のほうだ。鍵となるのは成長率7.5%である。これもよく言われた数字だ。ただ、この成長率が本当にできているとは到底思えない。中国が発表する数字など信じている投資家は一人もいないだろうに。ポイントは次のところ。

>中国の第1四半期の成長率は16日に発表される予定だ。「浮揚策」という変数 ができ韓国の証券市場の得失計算は複雑になった。もし7.2%以下に落ちるなら景気鈍化の心配は大きくなるが、それだけ強い浮揚策が出てくる可能性も高ま る。反対に7.5%を軽く超えるなら景気の心配は減るが浮揚への期待感は低くなる。最悪の状況はこの中間のどっちつかずな数値が出る場合になるだろうとい う説明だ。新栄証券のキム・ソンヨン研究員は「もし7.3~7.4%になるなら景気鈍化の懸念も続き、強い浮揚策を期待することも難しく、市場の不確実性 が大きくなりかねない」と指摘した。

これを読んでどう思うだろうか。まるで中国が無限に金を持っているかのような想定である。景気浮揚策に出るには元手が必要だが、中国の負債はGDPの230%にものぼる。これ以上、景気浮揚策に出ればさらに負債は増える一方だ。GDPの230%といえば、韓国の負債とたいして変わらない。このような中国経済の状況で市場は強い浮揚策を期待するなど、トランプのばば抜きとやっているのとたいしてかわらない。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、KOSPI2000ポイント安着のための3つのカギ…(2)中国経済

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry