日別アーカイブ: 2014年11月5日

韓国経済、日銀の追加金融緩和、韓国に大打撃・・・米シティバンク 「韓国は今後、日本ほど強い競争力を持たず、打撃を受ける」

韓国経済、日銀の追加金融緩和、韓国に大打撃・・・米シティバンク 「韓国は今後、日本ほど強い競争力を持たず、打撃を受ける」

記事要約:日銀の追加緩和で、シティバンクが「韓国は今後、日本ほど強い競争力を持たず、打撃を受ける」と述べている。まあ、別にシティバンクに指摘されるまでもなく、当たり前のことであるが、韓国には日銀の追加金融緩和による、円安に打つ手はない。ただ、管理人は円安より怖いのは中国の景気動向だと考えている。

今では韓国輸出の25%は中国である。もし、中国経済の成長率が鈍化していけば、韓国の輸出は危険となる。もっとも、中国にはその傾向が既に顕現している。いやはや、何とも、韓国経済て危機になるときに様々な悪材料が揃うように出来ているのだと関心してしまう。この2015年は特に酷い。そのうち、2015年で韓国経済が危険な理由としてまとめたいと思うが、これがいくつもある。

大きなところでは、中国経済の成長理の鈍化、円安の進行、サムスンの衰退、韓国企業の業績悪化、欧州経済のデフレ化、日韓通貨スワップ協定の廃止、家計負債の増加、貧困層の増加、韓国の若者の失業率悪化・・・等々、あげていけば山ほどある。これらの不安材料を全て覆い隠すのが朴槿恵大統領の「反日政策」と、各国で日本批判する「告げ口外交」である。朴槿恵大統領は国内問題に目を向けさせないためにも反日を強化していくしかない。

そして、それはさらなる経済の低迷を呼び込む悪循環となる。朴槿恵大統領によって韓国が滅亡するかは定かではないが、確実に衰退していることは見て取れる。ただ、日本にとっては歴代大統領の中でも救世主と呼べる存在ではある。何しろ,勝手に韓国の評価を地に落としてくれるのだから。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、日銀の追加金融緩和、韓国に大打撃・・・米シティバンク 「韓国は今後、日本ほど強い競争力を持たず、打撃を受ける」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry