韓国経済、サムスン未来戦略室、業績悪化で役員成果給50%減

韓国経済、サムスン未来戦略室、業績悪化で役員成果給50%減

記事要約:サムスン未来戦略室が業績悪化で役員成果給50%減にした。ただし、サムスン電子の配当は2倍に増やしている。今まで貯めた内部留保をはき出す形になっているのだが、実際、まだまだサムスン危機というものでもない。来年、再来年辺りで新しいドル箱でも見つかればサムスンは立て直すことだろう。見つかればの話だが・・・。もし、見つからなければ本当のサムスン危機だろう。この未来戦略室ではパクるものがなくて困っているんだろうな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、サムスン未来戦略室、業績悪化で役員成果給50%減

サムスングループの司令塔である未来戦略室の役員に支給される成果給「生産性目標インセンティブ(TAI)」が基本給の50%にカットされたことが28日までに分かった。また、サムスン電子の経営支援職群も業績悪化による責任を負う形で、TAIは基本給の50%にとどまった。

TAIは年初に立てた目標を超過達成した場合に支給される成果給で、最高で基本給の100%を受け取れる。 これまで未来戦略室の社員は所属する系列会社を問わず、100%支給が一種の慣例だった。

財界関係者は「サムスンはこれまで会長室、構造調整本部などグループの司令塔で働く社員に系列会社を問わず、
最高の待遇を行ってきた。未来戦略室の社員が成果給を50%しか受け取れなかったのは極めて異例だ」と述べた。

これについて、財界ではサムスングループがサムスン電子の業績悪化、李健熙(イ・ゴンヒ)会長の長期入院といった困難な経営環境を打破するため、ショック療法を使ったという見方がある。困難な時だからこそ、未来戦略室が率先して範を示すべきだという経営陣の意向が反映されたとの分析も聞かれる。

ただ、未来戦略室所属の一般社員については、士気にも考慮し、例年通りにTAIを基本給の100%支給した。一方、サムスンは29日から1泊2日の日程で開く予定だった年末社長団セミナーを29日の1日のみに短縮した。

辛殷珍(シン・ウンジン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/29/2014122900617.html)

日本の底力(PCメルマガ)1660部、日本覚醒の軌跡(携帯用のメルマガ)360 部、 と、同じ内容なので重複はあまりないと思うのだが,合計数が2020部となった。

目 標の2000部は超えた。次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。また新しく「Twitter」での読者登録 (フォ ロー)もよろしくお願いする。最近、フォロワー数も14600超えた。だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

PCメルマガ ⇒http://www.mag2.com/m/0000279610.html

携帯メルマガ→http://mini.mag2.com/pc/m/M0091796.html
携帯用のリンク⇒http://mini.mag2.com/

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types