日別アーカイブ: 2015年1月3日

韓国経済、平昌五輪そり会場の施工会社・東部建設が「法定管理」(会社更生手続)を申し込み

韓国経済、平昌五輪そり会場の施工会社・東部建設が「法定管理」(会社更生手続)を申し込み

記事要約:テレビで良くある美談話には失敗や試練は付きものである。サクセスストーリーというのは最終的に何らかの成功が認められればそれでいいわけだ。それが記事にどう関係するかを述べると、韓国が招致した平昌五輪だって、失敗や試練は付きものだということだ。それが砂漠で一本の針を拾うぐらい難易度があっても最終的には成功すればいい。だから、平昌五輪のそり会場の施行会社・東部建設が「法定管理」になっても、それは言うなれば韓国に課せられた「試練」である。韓国はこの試練を乗り越えて、平昌五輪を成功に導けばいい。韓国人は美談大好きだろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、平昌五輪そり会場の施工会社・東部建設が「法定管理」(会社更生手続)を申し込み

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国人作家「反日感情は、日本人への劣等感。蔑称『チョッパリ』はただの哀れな呻き」

韓国経済、韓国人作家「反日感情は、日本人への劣等感。蔑称『チョッパリ』はただの哀れな呻き」

記事要約:管理人も韓国人の反日感情の根底にあるのはどうしよもない「劣等感」にあるとおもう。日本や日本人が羨ましくてしょうがないのだ。だから、韓国人の反日はどう頑張ってもなくならない。なぜなら、日本が韓国の下になることがないからだ。それは経済的な話でもなく、日本人の優れた資質であり、積み重ねた歴史でもある。

島国という特殊な環境が作りだした日本人の資質というのは大陸続きだった韓国人には一生わからない。この資質というのは実は非常に重要なのだ。資質とは生まれつきもっている性質や才能であるわけだが、それは日本の環境と感性によって磨かれる。実際、誰がそうしたかでなく、昔からの習慣がそうしている。確かに世代ギャップで色々変わってきているものの、日本人ならでは感覚というのは常に感じると思う。

韓国人作家が反日感情は日本人への劣等感と述べたわけだが、そもそも、劣等感を抱かれても日本は困るんだよな。少なくとも、管理人にはどの国にも劣等感を抱いたことはない。欧州に憧れはあっても、日本が負けているとかそういう感情もない。しかし、韓国人は子供の頃から反日教育で洗脳されていて、ひたすら捏造やクリエイトされた韓国史を勉強させられる。しかし、日本の情報を知ると自分たちが学んできたものが全く役に立たないことが嫌でも理解させられる。今はネットもあり、日本の情報は調べれば直ぐに出てくる。

しかし、考えれば考えるほど、堂々巡りになる。劣等感が産み出した反日が根底にあるのだから、はっきり言えば、日本人にはどうしようもできない。なぜなら、日本人は韓国人に劣等感を抱かないからだ。韓流スターがどうとか、youtubeで再生数が数億回突破したとかいいて、それで韓国が羨ましいと思う日本人はいない。何が言いたいかというと、最初からかみ合ってないのだ。最初からわかり合えない対極的な位置に存在するのが韓国人である。彼らの反日は日本がなくならない限りは消えはしないのだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

続きを読む 韓国経済、韓国人作家「反日感情は、日本人への劣等感。蔑称『チョッパリ』はただの哀れな呻き」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry