韓国経済、韓国人が米国のミサイル部品をイランに密売、軍事・外交的波紋が予想される

韓国経済、韓国人が米国のミサイル部品をイランに密売、軍事・外交的波紋が予想される

記事要約:韓国人が米国のミサイル部品をイランに密売していたことがわかった。これを見た瞬間、直感的にかなり危険だと感じた。

密売したのは韓国人の金という名前らしいが、彼がイランに密売した加速度センサは、米国の防衛産業ハネウェル製品でミサイルなど飛行体の姿勢を制御したり、位置を把握するために不可欠な部品だそうだ。

しかも、精度の高い軍用加速度センサは、弾道ミサイルに欠かせない重要な装置らしい、地下核実験の強度測定にも必要らしい。さらに、米国政府は、AECAとITAR規制を介して加速度センサを国務省武器品目リスト(USML)に含めて輸出時に国務省防衛取引管理部(DDTC)の許可を受けるようにしているそうだ。

ということは、ミサイルの根幹部品の一つを密売したことになる。仮に北朝鮮に渡れば、ミサイルの精度を確実に向上させる。罰金がどうとかのレベルじゃない・・・。これはアメリカ、大激怒だろうな。一般人のレベルでミサイルの部品を密売できるはずはない。つまり、裏に大きな組織がいるのだろう。管理人は韓国政府内部の仕業だと考えている。リッパート大使の襲撃と同じようなものではないだろうか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

米防衛産業製品、国内に搬入した後

中国の現地共謀者を通じて渡す

追加搬出しようとして未遂に終わる

米で逮捕・起訴…今月中に初公判

米国が海外輸出を厳格に管理する戦略兵器用ミサイル部品を国内に搬入した後、中国を経由してイランに渡した韓国人事業家が米国で起訴されたことが確認された。韓国がイランに米国産軍事物資を渡す仲介の役割をしたことで、軍事・外交的波紋が予想される。米国はイランと北朝鮮がミサイルと一緒に核技術を相互に交流することを疑っている。

25日司法当局によると、精密機械部品の輸出入業者K社の金代表(55)氏は、米国軍用物資の「加速度センサ」6個をイランに不法輸出した疑いで起訴され、米国連邦裁判所で裁判を受けている。金氏は、武器輸出管理法(AECA)、国際武器取引規制(ITAR)、イランに対する取引規則(ITR)など米国の法律に違反した疑いで、昨年10月にロサンゼルス空港で連邦検察に逮捕された。

金氏がイランに密売した加速度センサは、米国の防衛産業ハネウェル製品でミサイルなど飛行体の姿勢を制御したり、位置を把握するために不可欠な部品である。精度の高い軍用加速度センサは、弾道ミサイルに欠かせない重要な装置で、地下核実験の強度測定にも必要である。

米国政府は、AECAとITAR規制を介して加速度センサを国務省武器品目リスト(USML)に含めて輸出時に国務省防衛取引管理部(DDTC)の許可を受けるようにした。

タクミンジェKAIST航空宇宙工学科教授は「加速度センサは、打撃精度を高めるので、友好国だとしても輸出が容易ではない」とし「たとえば、北朝鮮の手に渡ってテポドンミサイルに装着されると、精度が向上し、脅威が大きくなるからである」と説明した。軍事評論家のキム・ジョンデ氏は「国際武器密売市場で韓国を迂回に設定した事例」と「米国だけでなく、国際社会のルールに違反した厳重な犯罪」と規定した。

米国の連邦検察の控訴状によると、金氏は、2007年12月「イランの友人のためにハネウェルの加速度センサを購入しようと思ったら、コストと配送時間を知らせてくれ」という中国人Y氏のメールを受け取った。

Y氏は、 「中国南方航空の航空機に使用するために加速度センサを購入する」と6個の加速度センサの購入意思を明らかにして取引契約を結んだ。以来、金氏は、2008年2月に前払金を受け取って、カリフォルニア州に設立したペーパーカンパニーACCの名義でハネウェルに加速度センサ6個を注文した。

韓国を経て、中国で部品を渡してほしいというY氏の要求に応じて、金氏は、貨物運送業者をだまして、最終目的地と最終消費者をソウル本社で作成し、 米国の輸出禁止規定を巧妙に避けた。同年4月に問題の部品は、アシアナ航空貨物機を介して仁川国際空港に到着し、金さんは請求書を「顧客のテストのための無料サンプル、経済的価値なし」と偽った後、すぐに上海に
発送した。

米国検察はこのように、中国に渡った加速度センサが現地を訪れたイラン人に渡されたものと把握している。

一度密売に成功した金氏とY氏は、2009~2010年の新型を含む加速度センサ20個以上の不法搬出をしようとしたが、 北朝鮮やイランなどの戦略物資搬出を懸念し、厳しくなった米国当局の確認手続きを通過することが出来ずに 未遂に終わった。米国検察は金氏に先立ちY氏をブルガリアで逮捕して連行した後、実刑判決を言い渡した。

金氏は、戦略兵器不法搬出など違反の疑いで今月初公判を控えている。韓国検察の関係者は、「疑いがすべて認められれば、最大80年までの懲役を受けることがある」と伝えた。 K社の関係者は「キムさんは、現在、米国出張中」とし、具体的回答を避けた。キム氏は保釈30万ドルを払って仮釈放され、現地に滞在しているという。

ソース:韓国日報 2015-03-26 04:47(機械翻訳)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types