韓国経済、韓国の造船会社・・・「技術」は世界一だが、「アフター・マーケット」に弱み=韓国華字メディア

韓国経済、韓国の造船会社・・・「技術」は世界一だが、「アフター・マーケット」に弱み=韓国華字メディア

記事要約:韓国の造船技術は「世界一」らしいが、「アフターマーケット」に弱みがあるそうだ。日本に造船技術で大差をつけられていている韓国。さらに、中国にはシェアで負けている。どこに世界一の技術があるのだろうか?だいたい世界一の造船技術が韓国にあるなら、なんで日本の中古船を購入して、韓国は運用しているのだろうか。

高い技術力を誇るなら韓国の造船会社に新しい船を造って貰えばいいじゃないか。ええ、高度な技術を要する船は造れないって?そんな世界一の造船技術がある韓国に造れない船なんてあるわけないですよね。韓国の造船技術は世界一(笑)。この記事を読んだ読者様はこんな感じなんだろうな。

そういえば、もうすぐセウォル号沈没事故から1年が経つ。あの船は日本の中古船を魔改造したものだったわけだが、韓国の造船技術が世界一なら何で沈んだのだろうな。世界一の造船技術があるなら、改造も的確に行えたはずなのに。もっとも、船の許容量を遙かに超える過積載はどうしようもないが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国の造船会社・・・「技術」は世界一だが、「アフター・マーケット」に弱み=韓国華字メディア

韓国メディアの中央日報の中国語版は26日、審査認証業務を世界的に展開しているロイド・レジスターのリチャード・サドラー最高経営責任者(CEO)がこのほど韓国を訪れ、 「韓国の造船会社の技術は世界一だが、事業を造船に集中しすぎている」と指摘し、メンテナンスなどの“アフターマーケット”に力を入れるべきとの見方を示したことを紹介した。

記事は、サドラーCEOの発言として、船舶の一般的な寿命は20-25年程度だが、韓国の造船会社は平均3年程度の補修にしか関心を持っていないと指摘し、 「どれだけ不景気でも船舶の維持や補修には最低限の投資を行う必要性がある」と伝えた。
さらに、サドラーCEOが「韓国の造船会社は船舶の維持や補修といったマーケットに関心をもつべき」と指摘したことを紹介し、 韓国の造船業界がアフターマーケットの発展に取り組めば、韓国の造船会社は今後30年間は心配無用」との見方を示したと紹介した。
続けて記事は、アフターマーケットの発展に向け、サドラーCEOがビッグデータを活用して部品管理システムを構築することを提案したことを紹介し、 「寿命が訪れた部品を自動で調達できるシステムがあれば、収入が期待できる」と述べたと伝えた。

また、サドラーCEOが「韓国の造船会社が設計から維持、補修のすべての過程をデータ化して管理できれば、船舶受注における競争力はさらに高まる」と助言したことを紹介した。

( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000006-scn-bus_all)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types