韓国経済、米国で韓国疲労症が相当であると 1年365日、反日だけの国

韓国経済、米国で韓国疲労症が相当であると 1年365日、反日だけの国

記事要約:管理人は韓国経済のサイトを運営して今年で7年目になるのだが、韓国が1年365日、反日だけの国っていうのは真実である。それは毎日、管理人が取り上げる韓国経済ニュースでもご存じだろう。しかも、最近は反日の記事が増えまくっている。つまり、もう反日も末期状態である。

きっと精神がいかれてるのだと、毎日、他国を批判しないと生きていけない韓国人。どう考えても、付き合えないんだよな。アメリカもいい加減気づいた方がいい。韓国と同盟関係を保つのは無理だと。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

米国に「韓国疲労症」が相当であるとする。 韓国があまりにも過去の問題に執着して疲れているということだ。 ここでもう一歩出た「日本が過去の歴史をすでに謝罪していないのか」という認識も、このような疲労感から出たものである。 外勢の支配を受けていない米国の立場から日韓の長い争いが食傷することもできる。

しかし、最近、米国の高官たちから感情不快感を越えて 歴史を便宜的に解釈しようとする兆しさえ見えるのは問題ではないことができない。

「政治指導者が、過去の敵を非難することで、安価な拍手を得ることは困難ではない」とし、 歴史を単なる政争の距離に卑下したウェンディ・シャーマン国務省政務次官や、

「ベトナム戦争で韓国軍は容赦なくした」は、デニス・ブレア国家安全保障局長、

「ベトナムは過去をわき韓国との関係正常化に合意した」は、ロバート・シャピロ前商務長官などの発言は 韓国に対する米国の感情が疲労を超え二律背反や我執に映ることもできると考えることにする。

—————————————–

【韓国】の記事だが、米国では
1年365日、反日だけの国
「韓国疲労症」が相当であるとします

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

 

合わせて読みたい記事

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types