韓国経済、韓国ネット「アジア通貨危機の再来か」 ―韓国で前例なし、ひと月に1兆1000億円の融資額増

韓国経済、韓国ネット「アジア通貨危機の再来か」 ―韓国で前例なし、ひと月に1兆1000億円の融資額増

記事要約:前回必読記事の内容と被るのだが、韓国で融資が倍増している。その理由は韓国政府のLTVやDTIの緩和である。そういった情報が色々と記事にある。もっとも、管理人が述べたことがそのまま書かれてあるだけでそれほど目新しいことはない。

もっとも、韓国ネットは勘違いしている。アジア通貨危機ではなく、韓国経済危機なのだ。どう見てもサブプライムローンみたいことをしながら融資を増やせば、住宅価格が暴落したとき地獄へ落ちる。貸し手側も、借り手側も。既に手遅れな気がするが、これが朴槿恵大統領の経済対策である。

とりあえず、韓国ネットはまだまだ読みが甘い。金利が上がろうが、下がろうが地獄である。どのみち借金は増えていくのだが、さて、どこまで耐えられるのか。

まだ大丈夫と思ってお金を借りて、他の韓国人も同じように思い込む。まだ、大丈夫。もちろん、その言葉の裏付けはない。政府が低金利で助けてくれる?これ以上、金利を下げたら外資は高飛びするのに?

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国ネット「アジア通貨危機の再来か」 ―韓国で前例なし、ひと月に1兆1000億円の融資額増

2015年5月13日、韓国・ソウル経済によると、国内5大銀行の家計融資規模が4月だけでも8兆ウォン(約9000億円)以上急増した。これら5大銀行が国内家計融資市場の約80%を占めることから、 4月の家計融資増加額は10兆ウォン(約1兆1000億円)に迫るものとみられている。

報道によると、統計が始まった2008年以降、家計融資がひと月に10兆ウォン(約1兆1000億円)近く増加したのは前例がない。

昨年、政府が住宅担保認定比率(※LTV。貸出の対象となる物件の評価額と、実際の貸出金額の比率)と総負債償還比率(※DTI。所得と元利金償還額の比率)を緩和した後、個人向け融資の規模が爆発的な増加傾向を見せている。

低金利と追加金利引き下げへの期待感、引っ越し時期のローン需要の増加、安心転換融資(※利払いのみで元金を返済していない住宅担保ローンを元利返済に切り替えれば金利を1%軽減する商品)で損失を
出した銀行の積極的な営業などがすべて重なった結果だとみられている。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「どうしてこんなに金を貸しまくるんだ?」
「アジア通貨危機バージョン2だ」
「親の助けなしに、借金なしで生活することは不可能だ」

「借金ができる能力がある人がうらやましい」
「住宅価格をつり上げてくれたら、借金問題は解決するのに」
「既に制御可能な範囲を超えてしまっている」

「まだ、持ちこたえているようだが、これ以上借金が増えたらどうなるんだ?」
「どうせ人口減少問題が先に来る。借金は関係ない」
「政府が低金利政策で支えている住宅価格は、金利の引き上げと共に一瞬にしてはじけて急落する。融資を受けて家を購入した人は巻き込まれる。借金での住宅購入は注意する必要がある」

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150515-00000020-rcdc-cn)

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types