日別アーカイブ: 2015年11月17日

韓国経済、開発中の戦闘機「ステルス機ではない」=韓国防衛事業庁

韓国経済、開発中の戦闘機「ステルス機ではない」=韓国防衛事業庁

記事要約:韓国の次世代戦闘機「KFX]は最新のステルス技術を搭載したものだったはずなのだが、どうやら、韓国防衛事業庁によると「ステルス機ではない」そうだ。何を言っているのかわからない。読者様もそうだと思うが、それってステルス技術は技術提供して貰えないので、もう、無理だと諦めたということか。しかし、レーダーに映っては何の役にも立たないのではないか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、開発中の戦闘機「ステルス機ではない」=韓国防衛事業庁

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁のキム・シチョル報道官は17日の会見で、開発中の韓国国産戦闘機(KFX)について、ステルス機ではなく、 レーダー反射断面積(RCS)低減技術を採用した戦闘機になると明らかにした。敵のレーダー探知をかわす技術を採用するものの、レーダーに探知されにくい ステルス機ではないとの説明だ。

国防科学研究所(ADD)のチョン・ホンヨン所長が先月末、国会で「KFXにはステルス技術が採用される」と発言していたのとはやや異なる。

キム報道官は一方、KFXに必要な主要技術4件の移転を拒んだ米国政府が残りの21件の技術移転を審議していることについて、実務担当者と米ロッキード・マーチンが確認中だと伝えた。同社の実務関係者が今週中に防衛事業庁を訪れる予定だという。

韓国はロッキード・マーチンと同社のF35戦闘機を40機購入する代わりに先端技術25件の移転を受ける契約を昨年交わした。

キム報道官は、21件の技術は14億1000万ドル(約1740億円)の価値があるとし、「(21件の技術がきちんと移転されなければ)ロッキード・マーチンは14億1000万ドルに相当する技術価値を提供することになっている」と説明した。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/11/17/0200000000AJP20151117002300882.HTML)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、鉄パイプ振り回す「民衆デモ」にソウル都心11時間交通まひ

韓国経済、鉄パイプ振り回す「民衆デモ」にソウル都心11時間交通まひ

記事要約:朴槿恵政権への抗議デモでソウル都心が11時間も交通まひしていたことがわかった。これは、デモに参加していない一般市民に大きな影響を与えたことになる。こういうのって鉄道会社は訴えることは出来るんだろうか。

明らかに営業妨害だし、他の仕事をしている人も交通が麻痺すれば商談が進まなくなる恐れだってある。ビジネスマンにとって迷惑極まりないデモだろう。

ただ、韓国のデモは鉄パイプを振り回し、警官隊にブロックやたいまつを投げつけるので、既に暴動ではないのか。もっとも、これぐらいのデモは韓国ではたいしたことない。双竜や現代自動車の時のストライキはもっと過激だった。しかし、このデモの主催も北朝鮮関連なのでどっちも変わらない気がしてきた。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

労働団体や市民団体による「民衆総決起デモ」が14日、ソウル市の世宗路など都心一帯で行われ、現場は暴力行為が相次ぎ、まるでデモ隊の「解放区」も同然の状態となった。デモ隊は夜中まで警察のバスをロープで引き倒したり、鉄パイプやはしごで警察バスを破壊したりした。

今回のデモは、全国民主労働組合総連盟(民主労総)、全国教職員労働組合(全教組)、韓国進歩連帯など53団体が参加する「民衆総決起闘争本部」がソウル市内各地で組織したもので、警察発表で約6万8000人、主催者側発表で約13万人が参加した。

デモ隊は午後1時からソウル広場、大学路、ソウル駅広場などで同時多発的に集会を開き、午後2時半からは警察が集会を許可した1-4車線をはみ出し、道路 全体を占拠した。デモ隊は午後5時ごろ、「青瓦台(大統領府)に踏み込め」と叫び、光化門広場から大統領府の方向に行進を始めた。

デモ隊は「(内乱を扇動 したとして有罪になった)李石基(イ・ソッキ)を釈放しろ」「国家情報院を解体しろ」「朴槿恵(パク・クンヘ)政権退陣」などのスローガンを叫んだ。

ソウル市の光化門広場使用・管理条例によると、同広場で政治的な集会やデモは禁止されている。大統領府、政府庁舎、在韓米国大使館などに近いためだ。警察は集会に備え、警官隊約2万2000人、バス約700台を動員し、世宗大路交差点一帯にバリケードを築いた。

しかし、デモ隊は警察のバスをロープで引き倒し始めた。警察バス数台はデモ隊が占拠した道路中央に引っ張りだされ、鉄パイプとはしごで破壊された。また、木材や鉄パイプで警官隊に襲いかかった。

深夜になると、歩道ブロックやたいまつを警官隊に投げつける場面もあった。デモ隊の一部は警察バスの給油口に火がついた新聞紙を押し込もうとして失敗した。

同日のデモは警察が指名手配しているハン・サンギュン民主労総委員長(53)が陣頭に立った。ハン委員長は午後1時、プレスセンタービル(ソウル市 中区)前で政府の労働改革などを批判する声明を発表した。声明発表後、私服警官約70人がハン委員長を逮捕するために走り寄ったが、デモ隊が実力で阻止し た。

その間、ハン委員長はプレスセンター18階の言論労組事務所に逃れた。組合員数十人とにらみ合った警官隊が安全上の理由から午後5時ごろに撤収し、逮 捕作戦は失敗に終わった。それから30分後、ハン委員長は警察をあざ笑うかのようにソウル広場での全国労働者大会に姿を現し、デモを激励する演説を行っ た。

警察によると、今回のデモでバス3台が完全に破壊され、50台余りが一部破損した。また、デモ隊の暴行で警察官113人が負傷した。警察はデモ隊51人を違法デモの疑いで拘束した。

一方、デモ隊側は「警察の強引な鎮圧で市民29人が負傷した」と主張した。全国農民総連盟所属のBさん(68)はデモ中に警察の放水で転倒し重傷を負い、ソウル大病院で手術を受けた。

今回のデモで、ソウル都心部の交通は11時間近くまひした。ソウル市内の大学11校では大学入試の論述・面接試験が行われており、受験生の足に影響が出 た。インターネット上には「平和的デモになぜ鉄パイプを持ち込むのか」「警察を攻撃し、市民に被害を与えておいて、民衆を語るな」といった批判があふれ た。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/16/2015111601305_2.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、パリの同時多発テロ、サムスンのスマホが男性の命を救う→「誇らしい」「フランスに韓流ブームが巻き起こりそう」

韓国経済、パリの同時多発テロ、サムスンのスマホが男性の命を救う→「誇らしい」「フランスに韓流ブームが巻き起こりそう」

記事要約:パリ同時多発テロでサムスンのスマホが男性の命を救ったそうだ。そのインタビューの内容がこれ。

>仏メディアは13日(現地時間)、シルベストレという男性のインタビュー映像を公開した。
映像で男性は、「電話を終えたら突然、大きな爆発音とともに多くの破片が飛び散り、その中の一つが頭の方に飛んできた。携帯電話を見たら助かったことが分かった。携帯電話がなければ破片は頭に当たっていただろう」と述べ、画面が破損したサムスンのスマートフォンを紹介した。男性が持っていたスマートフォンの機種はGalaxy S6エッジだった。

これがやらせなのか。偶然なのか。大いに疑問が残るがいくつか指摘したいことがある。これは別にサムスンのスマホでなくても普通に助かったと思われる。かなりの衝撃だったのは画面が破損したスマホが物語っているそうだが、写真を見る限りでは外側には傷一つない。

これはなぜなのか。もし、通話中ならスマホは耳に当てているので外側を向いていると思うのだ。やらせではないか。実際、電話を終えた後に事故現場に向かってスマホの画面を向けない限りは画面は割れない。ただ、これは偶然に向けた可能性もないとは言えない。問題は悲惨なテロ事件でさえ、宣伝利用しようとするサムスンという腐った企業である。

ただ、はっきりしているのはこんなことぐらいでフランスに韓流ブームは起きないということだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、パリの同時多発テロ、サムスンのスマホが男性の命を救う→「誇らしい」「フランスに韓流ブームが巻き起こりそう」

2015年11月16日、韓国・聯合ニュースによると、パリで起きた同時多発テロの現場で、1人の男性が韓国サムスンのスマートフォンに命を救われていたことが分かり、話題となっている。

仏 メディアは13日(現地時間)、シルベストレという男性のインタビュー映像を公開した。映像で男性は、「電話を終えたら突然、大きな爆発音とともに多くの 破片が飛び散り、その中の一つが頭の方に飛んできた。携帯電話を見たら助かったことが分かった。携帯電話がなければ破片は頭に当たっていただろう」と述 べ、画面が破損したサムスンのスマートフォンを紹介した。男性が持っていたスマートフォンの機種はGalaxy S6エッジだった。

韓国経済、パリの同時多発テロ、サムスンのスマホが男性の命を救う→「誇らしい」「フランスに韓流ブームが巻き起こりそう」

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「1人の命を守ったなんてすごい!さすがサムスン。誇らしい」
「やっぱり韓国の電子製品は優秀だね」

「今後は携帯ではなく、防弾服を作った方がいいのでは?」
「ハンマーでたたいても画面が割れないと宣伝していたが、本当だったようだ」

「かなりの宣伝効果が期待できそうだが、今回の事件を利用してはいけない」
「サムスンのスマホは本当に強い。軍隊で使う携帯電話をすべてサムスン製品に変えてほしい!」

「フランスに韓流ブームが巻き起こりそう!」
「男性のスマホがアイフォンでも同じ結果だったと思うけど?」(翻訳・編集/堂本)

(http://www.recordchina.co.jp/a123340.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国GDPが1900倍増える間に地価は3000倍 面積3.3%の土地が地価の50%を占める

韓国経済、韓国GDPが1900倍増える間に地価は3000倍 面積3.3%の土地が地価の50%を占める

記事要約:韓国では不動産の投資が主婦の間でも行われているほど盛んなわけだが、今回の記事は50年で韓国のGDPが1900倍増える間に地価は3000倍となって、それらの地価3.3%の土地が50%占めるということ。要するにソウル市の繁華街といったところの土地が高いことになる。このグラフを見れば不動産バブルがどこで起きたかが確認出来て、現在はかなり土地価格が安いことがわかる。

http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2015/1117/144770061927_20151117.jpg

1991年がピーク。そこからアジア通貨危機が起きた後の1999年が最も下がっている。むしろ、これ見る限りではアジア通貨危機が起こる前に土地価格の下落が激しかったことがわかる。それから2004年まで上昇していたが、そこからほぼ横ばいである。

これは韓国経済のGDPの成長がほぼ止まっていることと一致する。あれ?このまま行くと下落してアジア通貨危機みたいになるのでは・・・グラフを見てそう感じたがまさかな・・・・。GDPと土地価格の比較で次の経済危機の時期が予想できるのか・・・。

2013年の土地とGDPの価格水準だと、むしろ1978年に近い、これは韓国経済がその頃に逆戻りをしているということか。それとも不動産バブルが続いていただけなのか。中々、興味深い数値である。最も建国して初めての調査らしいので、もっと短いスパンでやってほしい。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国GDPが1900倍増える間に地価は3000倍 面積3.3%の土地が地価の50%を占める

地価総額は1964年の2兆ウォンから2013年に5800兆ウォン面積3.3%の土地が地価の50%を占める

50年間に韓国経済(GDP)が1900倍(名目基準)成長する間に地価は3000倍以上騰がったことが分かった。

韓国銀行経済統計局チョ・テヒョン チーム長とチェ・ビョンオ課長は、16日に出した報告書「韓国の土地資産長期時系列推定」で、1964年に1兆9300億ウォンだった全国地価総額が2013年には5848兆ウォン(約590兆円)になったと明らかにした。 1995年以後、全国の公示地価とそれ以前の部分的地価資料を総合して推算したもので、韓銀が経済開発本格化以後の地価変化を追跡したのは今回が初めてだ。

50年間の全国地価上昇は3030倍に達する。 平方メートル当たりの平均価格は19.6ウォンから5万8325ウォンに騰がった。同じ期間に韓国の国内総生産(GDP)は1933倍増加した。

http://img.hani.co.kr/imgdb/japan/news/resize/2015/1117/144770061927_20151117.jpg

(画像:地価総額はGDP比(%)。1970年547%、1978年434%、1991年597%、2013年409%。 期間平均は392%=資料:韓国銀行//ハンギョレ新聞社)

国富の半分を超える土地価格が国内総生産に対する比率は2013年現在で409%であり、50年間の平均(392%)をやや上回る。国内総生産に対する地価総額は1970年に547%、91年には597%まで上がったことがある。 1970年には高速道路および産業団地建設とソウル江南(カンナム)開発、91年には“三低好況”にともなう所得増加と住居価格の暴騰が影響を与えた。

地価の上昇は住宅用地が主に牽引した。 50年間に宅地の比重は土地全体の1.4%から3.3%に増えたが、同じ期間に地価総額に占める宅地の比重は28.8%から50.8%に上がった。 道路・鉄道・上水道用地など主に都市化や産業化と関連した地目である「その他」の地価の比重も14.0%から20.6%に高まった。 その反面、農地・林野の価格比重は57.2%から23.7%に縮小した。

チョ・テヒョン チーム長は「全般的に地価は開発や産業化の過程、規制の影響により動いた」と説明した。

(http://japan.hani.co.kr/arti/economy/22521.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry