日別アーカイブ: 2015年11月21日

韓国経済、韓国にはサムスン電子と現代自動車しかないのか

韓国経済、韓国にはサムスン電子と現代自動車しかないのか

記事要約:韓国企業といえば、サムスン電子と現代自動車しか一般的な日本人には認知されていない。管理人はもう少し知っているがだいたいそうだと思う。そもそも、サムスン製のロゴを隠して日本でギャラクシーを売ろうとするサムスン電子。

現代自動車の車なんて在日朝鮮人でさえ乗っていない。一体、日本のどこに走っているかは良く知らないが、タクシーやバスなどにはたまに現代自動車が使われているらしい。でも、サムスン電子も、現代自動車もその程度の認識であり、日本人からすればどうでも良い存在である。

それなのにインターネットでも、サムスン電子のステルスマーケティングや現代自動車のカタログスペックの水増しなどでブランド価値などないに等しい。まあ、管理人も必要性は感じないからな。サムスン電子がiPhpne6sのチップを作っても性能は台湾製以下というのもあった。おかげで外れ引きそうなiPhone6sの購入を悩まされるという。サムスン製なんて採用するからこうなる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国にはサムスン電子と現代自動車しかないのか

「韓国の主要30企業グループのうち、営業利益を出しているのはサムスンと現代自動車だけ。SKとLGはかろうじて収支がトントン、残りは深刻な状況です」(金尚祖〈キム・サンジョ〉漢城大貿易学科教授)

韓国産業界で、いわゆる「電車」と呼ばれるサムスン電子と現代自動車への利益などの偏りが一段と深刻化している。

企業情報サイトのCEOスコアが18日に発表した今年1-9月の主要30企業グループの投資現況によると、現代自 (9兆4051億ウォン=約9960億円)とサムスン(2兆9834億ウォン=約3160億円)の投資額合計は残り28グループの合計よりも3000億ウォン(約320億円)ほど多かった。専門家までもが「韓国の産業界にはサムスンと現代自しかいないのか」と自嘲めいたため息を漏らすほどだ。

さらに懸念されるのは、投資を大幅に増やす企業グループが2つしかないという暗澹(あんたん)たる現実だ。いくら世界的な企業といっても、両グループが創出する雇用には限界がある。現代自の場合、ソウル・三成洞の旧韓国電力公社の敷地購入費など本業以外での投資が大きな割合を占めており、投資総額は多いものの根本的な競争力向上につながるかどうかは疑問だとも指摘される。

韓国の昨年の投資増加率は3.1%で日本(2.6%)を上回っており、設備投資増加率も5.8%とドイツ(5.0%)より高いが、これを主導するのがサムスンと現代自だけのため、雇用創出効果は限定的だ。多くの企業が投資を増やすほど、雇用創出効果はそれだけ高まる。

こうした状況を打開するために最も重要なのは、企業家たちの発奮だ。政府の規制や国会の反企業ムードばかりを批判して、身をすくめている場合ではない。中国や日本の企業家たちが積極的な海外投資や新製品開発に挑んでいるのは、国民の「温かい支援」があるせいだけではない。

「ビジネス環境がどれほど悪くてもこれを言い訳にせず、燃える闘魂をもって臨めば未来は必ず開ける」。京セラなどを創業した稲盛和夫氏の言葉だ。

こんな意欲的な態度で投資に臨む企業オーナーや経営者が韓国で増えればいい。そして「韓国はサムスンと現代自の国」という評価を払拭(ふっしょく)してほしい。

チョ・ジェヒ産業1部記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/21/2015112100530.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、「ソウル市内の病院でC型肝炎集団発生」~注射針使い回しか・・・

韓国経済、「ソウル市内の病院でC型肝炎集団発生」~注射針使い回しか・・・

SnapCrab_NoName_2015-11-21_19-9-48_No-00

記事要約:韓国のソウル市内の病院でC型肺炎が集団発生しているようだ。その原因は注射針の使い回しなのだが、これを読んで管理人は『パンクチュア 合衆国の陰謀』という映画を思いだした。これはまだ注射針が使い捨てで無かった時代のアメリカの話で、ある企業が使い捨ての注射針を考案し、病院に売り込んだのだが、それが政府公認による医療組織の策謀によって全ての病院が採用をしなかった。

それは使い捨ての注射針だと組織が作った注射針が売れなくなるという理由である。その注射針は誤って看護師が自分に刺たり、再使用できたりと問題があったにも関わらず、利益優先のために使い続けていた。物語は注射針の発案者がこのことを裁判にしようとある経営が苦しい弁護士事務所に持ちかけてたところから。

引き受けた弁護士の二人が主役で様々な嫌がらせに遭いながらも真相にたどり着く。中々、面白かったので視聴してみて欲しい。未だにソウルで注射針を使い回しにしている病院というのはもしかしたら・・・ということである。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、「ソウル市内の病院でC型肝炎集団発生」~注射針使い回しか・・・

ソウル市陽川区内の医院でC型肝炎感染者が集団発生したのを受け、当局は感染経緯や
さらなる感染者の発生について調査に乗り出した。

これは、疾病管理本部が「陽川区新亭洞のダナ医院関係者3人と来院者15人の計18人が
C型肝炎ウイルスに感染していたことを確認した。医療スタッフが注射針を使い回したのが
原因である可能性があり、感染者がさらに増える恐れもあるため、追跡調査をしている」と
20日に明らかにしたもの。

疫学調査のため同医院を一時閉鎖処分にした疾病管理本部によると、感染が確認された
18人は同医院で輸液注射(点滴)を受けたという共通点があるとのことだ。この医院は、
関係者が感染していることに気付いて自主的に追加検査を実施、看護師2人と来院者
15人の感染を確認したが、これを申告していなかったという。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/11/21/2015112100557.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国が5年後にGDPで日本を追い抜く予測 実際はどうなのか

韓国経済、韓国が5年後にGDPで日本を追い抜く予測 実際はどうなのか

記事要約:韓国が一人当たりGDPで日本を追い抜くとずっと前から述べているわけだが、韓国の5年、10年の予想は当たった試しはない。そもそも、韓国経済の悪化、リーマン・ショック以上に深刻な状態なのに5年後は日本に追いついているという試算が何の役に立つのか。

輸出と輸入が大幅に減少しており、土地の価格も上がっていない。設備投資も減ってきている。どう見ても絶望的な経済状況である。しかも、製造業の売上もマイナス成長が55年間ぶりという。とても日本に追いつくどころではない。さらに言えばこの成長の源がサムスン電子なんだよな・・・。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国が5年後にGDPで日本を追い抜く予測 実際はどうなのか

韓国が5年後、GDPで日本に並び、追い抜く──11月5日、中央日報など韓国の主要メディアが驚きのニュースを一斉に報じた。

韓国メディアが“ネタ元”にしたのは、“通貨の番人”と呼ばれるIMF(国際通貨基金)が10月に発表した「世界経済見通し」と題されたデータベース。その中でIMFは、2015年の韓国の国民1人当たりGDP(国内総生産)約2万7500ドル(336万円)が、2020年には約3万6700ドル(448万円)の31%増になると予測。

一方、日本の2015年の同GDPは約3万2500ドル(397万円)、2020年には約3万8200ドル(466万円)の18%増にとどまるとした。

この数字だけを見れば、日韓のGDPは5年後にほぼ同水準になる。だが、最大財閥サムスンの凋落をはじめ、韓国の大手企業の国際格付けは軒並み下がっている。そんな韓国経済がわずか5年で日本に肉薄できるのだろうか。三菱UFJリサーチ&コンサルティング調査部研究員の野田麻里子氏が解説する。

「この数値の算定に大きな影響を与えているのが、日韓の実質GDP成長率の見通しです。IMFは日本の2015~2020年の成長率を年平均0.7%と見ているのに対し、韓国は約5倍の3.4%。特に2017年以降、韓国は毎年3.6%の成長が続くと予想しています。

この成長率は、韓国の潜在成長率が根拠になっているのですが、IMFの見積もりは楽観的ではないかと思います。実際、急速な少子高齢化やそれに伴う生産年齢人口の減少、国内消費の減速などが要因で韓国の成長率は下落を続けているのが現実です」

韓国の潜在成長率は、1987年の民主化以降の急激な成長が加味されたもので、実体経済を反映したものではない。

冷静に分析すれば、IMF数値を額面通りに受け取ることはないが、韓国メディアは“わが意を得た”と、こうも書きたてるのだ。

〈18年の購買力平価基準の1人当たりGDPは韓国が4万1966ドル(512万円)で、4万1428ドル(505万円)の日本を追い越すと予測された〉(『中央日報』11月6日)

返す刀で日本の“没落”を強調することも忘れない。

〈特に製造業で日本の衰退は目立つ。世界の製造業で両国が占める比重(名目付加価値基準)は、95年時点で日本20.7%、韓国2.4%だった。しかし日本の比重は急落し、12年には日本9.7%、韓国2.8%まで差は縮まった〉(『デイリー韓国』11月5日)

実際にどちらの経済がジリ貧なのかは、各種経済指標を見れば一目瞭然だ。

中国経済失速の影響を受け、韓国の輸出額は今年2月以降、8か月連続で減少。10月、韓国銀行が発表した2014年の韓国製造業の売上高は1726兆ウォン(約173兆円)と、前年を10兆ウォン以上も下回った。売上高が前年を下回る「製造業のマイナス成長」は統計を取り始めた1961年以降、この55年間で初めてだった。

(http://www.news-postseven.com/archives/20151116_364255.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、ヘイトスピーチ許さない社会に 前田教授「表現の自由とは、(在日韓国・朝鮮人のような)少数派の意見を尊重するためのもの」

韓国経済、ヘイトスピーチ許さない社会に 前田教授「表現の自由とは、(在日韓国・朝鮮人のような)少数派の意見を尊重するためのもの」

記事要約:北海道新聞なんて誰も読んでない腐った新聞のトップ3だが、今回の主張には多いには腹が立った。札幌市出身でヘイトスピーチの問題に詳しい東京造形大の前田朗(あきら)教授(59)の主張である。まず、ヘイトスピーチ問題に詳しいそうだ。そりゃ、在日朝鮮人が作りだした用語に詳しいのは仲間だから当たり前か。

ヘイトスピーチなんて用語を勝手に作って騒いでいるのが左翼な連中である。因みに差別用語を作るのは左翼の十八番である。こうやって自分らが作って、勝手にマスコミで広げて問題化を加速させる。はっきり言って、ヘイトスピーチなんて言葉を使う時点で左翼の仲間だと認識していい。少なくとも管理人はマスコミ以外でもそんな用語を使う日本人は見たことない。話はずれたがこの教授の意見はこうだ。

>前田教授は、日本では表現の自由を根拠にヘイトスピーチを法律で規制することに慎重な意見が多く、「相手の人格を攻撃し、精神的・身体的な被害を生むことを見落としている」と指摘した。 「表現の自由とは、(在日韓国・朝鮮人のような)少数派の意見を尊重するためのもの。被害は深刻で、踏み込んだ法的な対応が必要だ」と訴えた。(野呂有里)

まず、この教授には民主主義とは何かから説明しないといけないらしい。民主主義とは「多数派」である。政治家を選ぶ選挙で選ばれる理由は票数だ。相手の人格を攻撃しているのはこのような腐った教授である。

在日朝鮮人が日本人に対して何をしてきたか。第二次大戦の強制連行で60万人が朝鮮人が日本に連れ去られて、日本で生活するしかなかった。大嘘である。実際、何度も朝鮮人の帰国事業が行われており、残った自由意志である234人である。じゃあ、後60万はなにかというと朝鮮戦争からの不法入国の市民である。

犯罪者が勝手に日本へ住み着いて、日本の治安を悪くする。多くの犯罪に在日朝鮮人の割合があまりにも多い。しかも、彼らは日本人の税金で賄われている生活保護を憲法違反にも関わらず、なぜか受け取っている。なぜ、犯罪者を日本人が食べさせる理由がある?

当然、朝鮮半島に「帰れ」と言われるのは当たり前。それがヘイトスピーチだというなら、犯罪者を手厚く保護するのが左翼の意見なのか。どっちがまともなのか。日本人は在日朝鮮人だから差別するんじゃない。犯罪者は日本にはいらないと述べているに過ぎない。

犯罪も見つからなかったセーフというふざけた話をしているなら、それこそ民主主義を否定するだろうに。不法滞在者の子孫に罪が無い?いいや、大いにある。なぜなら、自分たちの親が不法滞在者と知っているにも関わらず、日本が勝手に連れてきたと主張するからだ。むしろ、日本に棲まわせてもらって感謝しますだろ?それなのに犯罪や反日を繰り返し、自分たちの権利拡大の主張を訴える。

こういったことを戦後のマスコミは一切スルーしてきたので、インターネットが普及していない時代に知るのは困難だった。だが、今は異なる。それらが知られるようになってきて、インターネットでの意見交換がかわされた結果が在日朝鮮人は犯罪者という認識が出来た。ヘイトスピーチもその頃に無理に作られた用語である。

こうしてみていくと、彼らのやっていることは日本の内部から乗っ取るという「内戦」だということに多くの日本人は気づかなければならない。人権擁護法案、外国参政権はまさにその作戦の決定づけるものだった。民主党政権の時に危うく通りそうなのを気づいた我々、日本人が阻止しようと動いてなんとか食い止めた。本当に危なかったのだ。管理人は韓国経済だけを見ているわけではなく、そういった危険な法案にも注意してきた。

戦後、GHQによる日本人意識改革の策略で、まともな主張をする教授は大学を追われるはめになった。そして、選び出されたのがこのような左翼の教授である。だから、日本の教育は自虐的な史観と捏造の戦争の歴史を学ばされるのだ。そんな教育を受けてきたのが今の団塊世代であり、管理人もそうである。彼らがやっていることは内戦。それに対抗しようとしたらヘイトスピーチ。

表現の自由とは少数波の意見を尊重するものではない。全ての意見を尊重するものである。フランスの啓蒙思想化ヴォルテールが述べたじゃないか。

「私はあなたの意見には反対だ。だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る。
(I disapprove of what you say, but I will defend to the death your right to say it.)」

これこそ表現の自由の根幹である、管理人はだからこそ、在日朝鮮人の意見に反対しても、それを主張するのは止めろといわない。反対に管理人も在日朝鮮人の意見を規制しようとはしない。これも管理人がサイトを運営するに当たって基本方針である。

大学教授になってヴォルテールの言葉すら知らないのか。ヘイトスピーチ問題に詳しいはずなのに、表現の自由すら理解出来ていない。さらに、日本人は被害者であり、在日朝鮮人が加害者である。加害者が被害者ぶりをするのは止めていただきたい。

こんな左翼教授に日本人は嘘の歴史を学ばされてきたのだ。話は長くなったが、サイトの基本方針も出てきたのでこれぐらいにしておく。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

ヘイトスピーチをめぐる問題について語る前田朗教授

特定の人種や民族への憎悪をあおるヘイトスピーチについて考える講演会が14日、札幌市中央区のウリトンポセンターで開かれた。市民ら約50人がヘイトスピーチを許さない社会のあり方などを考えた。

戦後70年の節目を迎え、在日韓国・朝鮮人やアイヌ民族などが置かれた状況を見つめ直そうと、市民でつくる「戦後70年の今を見つめ、未来を考える会」が主催した。

札幌市出身でヘイトスピーチの問題に詳しい東京造形大の前田朗(あきら)教授(59)=刑事人権論=が講師となり、最近の状況を紹介した。

前田教授は、日本では表現の自由を根拠にヘイトスピーチを法律で規制することに慎重な意見が多く、「相手の人格を攻撃し、精神的・身体的な被害を生むことを見落としている」と指摘した。 「表現の自由とは、(在日韓国・朝鮮人のような)少数派の意見を尊重するためのもの。被害は深刻で、踏み込んだ法的な対応が必要だ」と訴えた。(野呂有里)

(http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/sapporo/1-0202221.html)

「日本の底力」メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry