お知らせ:「日本の防衛」を意識する視点

日々、管理人は国際的なニュースに注目しているのだが、今の時代にきな臭さを感じている。アメリカとロシアの対立を筆頭に、アメリカ、アジアと中国の対立とあげれば色々ある。このような中、世界は各国の同盟と対立に動いている。第3次世界大戦が起きるかまでは知らないが、大規模な戦争が起こる可能性は低くない。

そういった意味で「日本の防衛」というものを考える必要がある。このサイトは日本人の自虐的な価値観を打ち壊すのが一つの目標であるが、その自虐的な価値観の先に見据えるものが「日本の防衛」ということになる。

日本の防衛というと国土を守ればいいと考えてしまうかもしれないが、管理人は国は住む人がいてこそ成り立つと考えるので、日本人の防衛も意味的に含まれている。実はこれだけでも多岐多様なジャンルを扱うことになる。日本は世界中の国と貿易している。その中でもやはり、生命線となる食料の輸入はかかせない。

日本は他国からの食料輸入によって日本人の生活を支えている。例えばバナナを食べようとすれば、フィリピン産、または台湾産のバナナしか店に置いてない。鮭を食べようとすれば日本産は北海道ぐらい、外国産ならチリ、アメリカといった国のものがスーパーに置かれている。このように日本の食料自給率は米以外はもの凄く海外の輸入で成り立っている。

日本の防衛のジャンルそのものが難しいのだが、こんなニュースも日本の防衛になるのでは?と思うようなものはどんどん知らせていただけるとありがたい。経済のようにわかりやすい分野ではないので、明確な分類はしなくて良いと思う。大事なのはそういったニュースの蓄積が未来の日本の有様を示していくことになる。

それと、メルマガを復活、購読の募集していこうと思う。記事が少ない時期は韓国経済に集中していてお休みしていたのだが、これからは日本の防衛という視点は、日本の底力、日本覚醒の軌跡の内容にも一致しているからだ。ただ、メルマガの配信時間が深夜になることもあるので、そういった時は次の日の夜に回すことにする。

後、管理人が増やしたいのは日本の技術というジャンル。日本人が開発している様々な技術を取り上げていきたいと思う。ただ、これについては専門的な用語になるので取り上げても詳しい解説などは出来ない。しかし、日本の技術なくして日本は成り立たない。防衛ともわりと密接に関わってくる。

ということで、これからの方向性をお知らせした。

メルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。

→日本の底力

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
Wolf

確かに防衛問題は日本の最重要課題ですので賛成します。中国は負けが分かっている戦いはしませんが、勝つ確信を得たときは一気に攻撃して滅ぼします。

韓国を孤立させることに成功し、今は日本を貶める情報戦に入っていますね。我が国は先ず国内の反日勢力(日本人を含む)に打撃を与える必要があります。

ブログ、期待しています。

T.M

特に自分を右翼よりとも意識したことは無いが、国防はごく当たり前の感覚だ。
また、ことあるごとにマスコミの自虐史観に自分は嫌な感覚を覚える。
日本は安倍首相の言う<美しい日本>が望ましい。
考えてみると、それをあえて言葉に出して言った首相も今思い当たらない。
美しい日本を保ち、守り、発展させるための政治、、すばらしいことだ。

中国とは、慎重に注意深く関わり、見てゆきたいが、しかし、現下の情勢では
日本は迷わずに軍備の増強も計る必要があると思う。
それは、南シナ海の次は日本に目を向けられてくると思うからだ。

かってのフィリピンは国内のアメリカ軍基地を撤去させたが、今になって
アメリカに援軍・駐留を要請している。 節操の無い話だが、これが現実だ。
思うに、アメリカ軍の基地がそこにあったなら情勢は変わっていたはずだ。
そもそも、南シナ海に中国が進出しなかったかもしれない。

それを考えると、沖縄の翁長知事は何を考えているのやら、、
真っ先に被害を受けて困るのは沖縄なのに。 よく分からない人だ。