韓国経済、韓国副首相「韓国、未曾有の世界危機の中で善戦」

韓国経済、韓国副首相「韓国、未曾有の世界危機の中で善戦」

記事要約:韓国の副首相、崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)氏にお聞きしたいのだが、いつ未曾有の世界危機が起きたんだ?

今の時点で、韓国経済危機は起きているかもしれないが、日本経済危機も、アメリカ経済危機も起きていない。ロシアや中国は知らないが、欧州も危機を脱したかの判断は難しい。だが、米ドル体制が揺らがない。米国の利上げが行われそうな状況を世界危機とは言えない。

韓国の言う世界危機が中国経済失速だったと仮にしよう。それで、いつ韓国は未曾有の世界危機の中で善戦したのだ?善戦してないから韓国経済危機がずっと続いているんだろう?

どうしていつも韓国人は素直に韓国経済危機ですと言えないのか。最も言ったところで、「未曾有の世界危機」なので韓国を助けることは出来ないと返答するだけだが。

しかし、この副総理。4大改革がどうとか述べているが、その改革そのものが役に立ってないから朴槿恵政権への抗議デモが起こり、輸出不振になっていることに気づかないんだろうか。だいたい、MERSだって初動の対応が酷いから未だに終息できてもいないじゃないか。

まあ、反論そのものが管理人の理解の範疇を超えているので、彼の中では韓国経済は未曾有の危機から善戦らしい。

就任から3年もあれば朴槿恵政権がしてきた成果が出始める頃なのに一つもないんだからな。もっとも、彼は無駄な交代劇をさせられて1年しか勤めてないようだが。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国副首相「韓国、未曾有の世界危機の中で善戦」

「韓国が未曾有の世界危機の中で善戦している」。

10日に世宗市のある飲食店で開かれた企画財政部記者団の忘年会。崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)副首相兼企画財政部長官は「韓国が未曾有の危機を迎えた」という一部の指摘に対し、「韓国経済が未曾有の危機なら、世界で未曾有の危機でない国はどこにあるのか」とし「客観的に見れば大韓民国は危機の中で善戦中であり、それは確かだ」と述べた。第2の通貨危機の可能性をついても「対内外の環境をすべて見てもそれは全く違う」と強調した。

崔副首相は「就任してからもうすぐ1年半だが、10年ほど経ったかのように感じられるほど内外の経済に多くのことがあった」とし「や らなかったことがないほど孤軍奮闘し、全天候型消防士の役割を要求された一年だった」と述べた。

「4大改革の隅々に私の手がいかないところはなく、首相代行を引き受け、MERS(中東呼吸器症候群)の指令塔として救援投手で投入された記憶もある」と振り返った。

その一方で「輸出がもう少しだけ支えてくれれば3%後半、4%近い成長率を記録しただろう」という考えも表した。第2の通貨危機の可能性が提起されることに対し、「対内外の環境をすべて見ても、それ は全く違う」と反論した。

後任者については「立派な方が来られるのでは」と言葉を控えた。「(推薦した人は)全くなく、人事権者の権限」とし「報道の通りなら 大韓民国の人事は崔ギョン煥がすべてするが、何かをいうこともできず…」と回答を避けた。

しかし「来年も対外経済環境はよくないだろう」という見方を示 し、「世界経済の回復傾向が微弱で、米国の利上げなどいくつか不確実性があるだけに、気をしっかりと引き締めていくべき一年」と述べた。

政界復帰についても即答を避けたが、争点の法案が国会で漂流する問題を指摘した。「野党があれだから対話チャンネルがないというもど かしさがある」と苦言を呈した。

また「世界経済と対外環境がよくない」とし「政界も国民的な要求をひたすら無視するのは難しく、先延ばしすることはできな い」と話した。

(http://japanese.joins.com/article/593/209593.html?servcode=300&sectcode=300)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types