韓国経済、輸出不振に鉱工業生産2.1%…製造業稼働率6年7カ月ぶり最低=韓国

韓国経済、輸出不振に鉱工業生産2.1%…製造業稼働率6年7カ月ぶり最低=韓国

記事要約:最近、韓国の輸出不振が顕著になっているわけだが、それを示す経済指標もどんどん下がっている。今回は鉱工業生産(-2.1%)、建設業(-0.8%)の不振が主な原因とある。

問題は鉱工業生産の減少で半導体(-9.7%)が大きいこと。思いだして欲しいのが、昨年、サムスン電子はDRAMの売上が思ったより好調で、スマホ不振でも株価や売上を維持した。しかし、半導体が-9.7%ということはサムスン電子の半導体輸出が減少したことになる。

この減少の理由は書いてないが、中国企業が半導体分野に手を出して売上を拡大させているのではないかと推測できる。もっとも、まだ11月という短期スパンの指標なので、ただの憶測で終わる可能性はある。しかし、韓国の得意産業は全て中国に奪われると管理人は予見しているので、2016年の半導体シェアは注目していく予定だ。

後、消費者物価指数は0%台だったのは既に知らせた通り。

どう見てもインフレ傾向にはなってない。賃金関連の統計をみないとはっきり断言はできないが、デフレ、デフレスパイラルの兆候が見て取れる。

企業の在庫が増えているのは輸出、輸入不振からでもわかり、商品が売れないからであり、工場で生産する必要がない。だから、全体産業生産でも下落した結果となっている。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

  輸出不振で全体産業生産が2カ月連続の下落となった。

統計庁が30日に発表した「11月産業活動動向」によると、先月の全体産業生産は前月比0.5%減少した。10月の-1.3%に続い て2カ月連続で下落。鉱工業生産(-2.1%)と建設業(-0.8%)の不振が主な原因だ。鉱工業生産では半導体(-9.7%)と通信・放送装備 (-20.2%)の下落幅が大きかった。

製造業の在庫は前月比で0.8%減少したが、前年同月比では6.2%増加した。在庫の増加で休む工場も増え、製造業の平均稼働率は前月比1.2ポイント下落した72.7%となった。これは2009年4月(72.4%)以来6年7カ月ぶりの低水準。

サービス業生産は金融・保険(3.2%)、保健・社会福祉(2.1%)などが増え、前月比0.1%増加した。7月から5カ月連続の増加。

消費動向が分かる小売り販売は前月比1.1%減少した。衣服など準耐久材(-3.5%)と車両燃料など非耐久財(-0.5%)、家電製品など耐久材(-0.3%)の販売が同時に減少した。 ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

合わせて読みたい記事

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types