韓国経済、韓国弁護士団体、韓日合意した外相会談めぐり国連に請願書~国際的な人権基準に合致するかどうか確認求める

韓国経済、韓国弁護士団体、韓日合意した外相会談めぐり国連に請願書~国際的な人権基準に合致するかどうか確認求める

記事要約:また国連を勘違いしているようだが、事務総長がどう対応するかは楽しみである。国と国同士の合意が国際的な人権基準に合致するかどうか確認求めるらしい。でも、合意したものが人権違反だと考えられる理由がどこにあるのか。人権違反をアメリカ、イギリス、オーストラリアはなぜ歓迎したのか。さらに、国連の潘基文事務総長もこの日韓慰安婦合意を評価していたはずだ。

もし、仮にこれが人権違反だとして、どのような決議が出来るのか。まさか、国連が日韓慰安婦合意は無効ですとか、言って欲しいのか。常任理事国が賛成している時点で、どうあっても国連では覆せないんだよな。しかし、どんどん斜め上の活動が活発になってきているな。全部、後は墓穴を掘っていくだけだが。自分たちで墓を掘るのはいいんじゃないか。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国弁護士団体、韓日合意した外相会談めぐり国連に請願書~国際的な人権基準に合致するかどうか確認求める

【ソウル聯合ニュース】韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士の集い」(民弁)は28日、昨
年12月に旧日本軍の慰安婦問題をめぐる合意を発表した韓日外相会談が、国際的な人権基準
に合致するかどうかの確認を求める請願書を国連の人権条約機関と特別報告者に提出したと明ら
かにした。

民弁は慰安婦被害者の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が運営する施設で開
いた記者会見で、「(先月の)韓日外相会談を国際的な人権基準に照らし合わせた際、日本の法
的責任認定と正式な謝罪と言えるのかの判断を仰ぐ請願書を提出した」と説明した。

請願書は慰安婦被害者10人の名義で提出された。両政府の合意に歓迎の意を示した国連の潘
基文(パン・ギムン)事務総長と国連の人権担当者にも伝達した。

被害者らは請願書で「韓日外相会談は被害者中心の解決方法に関する国際基準に全く合わず、
むしろ被害者を排除したもので手続き上の誤りがある」と指摘。その上で「日本の法的責任認定お
よび正式な謝罪として受け入れるには不十分だ」と主張した。

また、外相会談では被害者が日本政府に求めている慰安婦の実態調査や責任者の処罰、歴史
教育などの対応措置について一切議論されていないため国際基準を満たしていないとした。

ソース:朝鮮日報日本語版<韓国弁護士団体 韓日合意した外相会談めぐり国連に請願書>

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types