韓国経済、「為替操作国・韓国」という誤解を解け

韓国経済、「為替操作国・韓国」という誤解を解け

記事要約:朝鮮日報が為替操作国・韓国という誤解を解けとか述べているが、どう見ても為替操作しているのが丸わかりなのにどんな言い訳をしようというのか。そもそも、アメリカが中国を為替操作国と認定してないのはオバマ大統領がただのヘタレだけであって、世界中の投資家は中国が為替操作していることを知っているぞ。どれだけ外貨準備高が短期間で減少していると思っているのか。

最も、管理人は毎日ウォン市場を見ている。不自然な介入はすぐにわかるので、この記者はどれだけ厚顔無恥なんだろうか。だいたい、昨年、オバマ大統領に為替操作するなと文章化を迫られて逃げたのは韓国だろうに。

>米国が為替操作の疑いがある国に対し制裁を加える内容の法律を近く施行するという。米議会で成立した法案は、オバマ大統領の署名を待っている状態だ。

オバマ大統領、もうすぐ任期も終わりだ。最後ぐらいヘタレないで頑張って戴きたい。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、「為替操作国・韓国」という誤解を解け

米国が為替操作の疑いがある国に対し制裁を加える内容の法律を近く施行するという。米議会で成立した法案は、オバマ大統領の署名を待っている状態だ。

同法案は為替操作国の条件として、多額の対米貿易黒字や経常収支黒字を上げ、為替政策が偏向しているという3条件を掲げた。

韓国は昨年の対米貿易黒字が 258億ドル、経常収支黒字は1059億ドルで、最初の2条件を満たす。米国は最近4-5年にわたり、韓国の貿易黒字は行き過ぎだと指摘してきた。為替政 策についても、数年間にわたり「偏向している」と批判してきたが、昨年下半期になって、「おおむねバランスが取れた」と判断を変えた。こうした状態で韓国が制裁から逃れられるかはまだ予断を許さない。

中国も3-4年前まで米国から「為替操作国」という批判にさらされていた。 その後、中国政府は米国との緊密な経済外交で人民元相場の決定プロセスが「市場にやさしい方向に向かっている」と理解させることに成功した。昨年11月に は米国の同意を経て、人民元を国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)構成通貨に含めるという成果も収めた。

韓国政 府も中国のようにウォンの為替レートに対する誤解を解かなければ、理不尽な制裁を回避できない。韓国の経常収支黒字が急増したのは、輸出よりも輸入が増え るという需要後退や原油安が原因だ。

ウォン安も世界的な金融不安で安全資産を求める需要が強まったためだ。政策当局は米国にそうした事実を理解させる一 方、過度の黒字を削減することにも積極的に取り組まねばならない。当局者が為替相場について不適切な発言を行うことも慎むべきだ。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/16/2016021600723.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types