韓国経済、どうなる韓国軍の戦車、開発人員がゼロになる可能性も

韓国経済、どうなる韓国軍の戦車、開発人員がゼロになる可能性も

記事要約:韓国の戦車なんてくず鉄同然なんだがら、むしろ、開発人員なんて一桁でも多い。くず鉄を改良することもできず、人員も割けないなら中止にしたらいいじゃないか。K2パワーパックの開発で国産化もできないような技術じゃ、戦車の改良なんて夢のまた夢である。むしろ、韓国の技術者じゃ戦車の修理も満足にすることなんてこともできないだろ?

大丈夫だ。北朝鮮の戦争の再開となれば相手が核ミサイルをソウルに撃ちこんで終わりだ。戦車が出動する前に首都圏が破壊されて韓国軍は為す術もなく混乱して終了である。相手は北朝鮮だ。国際社会の報復なんて気にするとは思えないしな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、どうなる韓国軍の戦車、開発人員がゼロになる可能性も

2016年2月11日、ソウル経済新聞によると、韓国軍の次期戦車として計画されているK3戦車の開発が、人員不足のために全く行われていないことが確認された。

韓国国防科学研究所(ADD)の関係者は、「K2(黒豹)戦車を開発する際には3桁に達していた戦車の研究開発人員が、今では1桁になった。しかし、これもトルコ関連事業のために存続しているにすぎない」と話す。

トルコ関連事業とは、K2戦車をトルコに技術輸出した後の支援業務のこと。

ADDの関係者は、「K2戦車の開発が完了した直後に、開発人員は他の部署に移動になったり退職したりして、今では当時の3%しか残っていない。近いうちにトルコ支援業務も終了し、1桁となった研究者さえ他の部署に移動することになるだろう」と語った。

ADDの一部では、不足している開発人員で国産戦車の技術力を維持するには、新型戦車の開発よりも、従来のK1戦車とK1A1戦車をアップグレードする「進化型開発」に方向転換しなければならないという主張が出ている。

しかし、関係者によると、韓国軍も戦車を改良しているが、海外の事例と比較すると『改良』と言うより『修理』レベルにとどまっているのだという。

さらに、K2戦車以降の未来型戦車として注目を集めたK3戦車も、実際には概念研究の段階にすら入っておらず、関連予算の執行と研究は全く行われていない状態だという。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「米国にしてみたら歓迎すべき事だろう。結局、韓国はまた米国の武器を買うことになる」

「人員不足って…?国防費はどこへ行ったんだ」

「ADDの人員を減らして戦車の開発に回せばよいではないか」

「若年失業が大問題になっている状況なのに…。人材はいくらでもいるだろう」

「R&D後進国であることを示す代表的な事例だ。韓国にいるのは商売人だけだ」

「技術を軽視する国だから、こんなことが起こるんだ」

「北朝鮮がいつ攻めて来るか分からない状況で、こんなことしていてよいのか?」

「これが休戦状態の国の姿か?戦争はまだ終わっていないんだぞ」

「軍事兵器の開発が遅れているのは、軍関係部署内部の不正と賄賂を受け取っている奴らのせいだ」

「韓国の安保を米国と日本に一任するつもりか?」

2016年2月13日(土) 5時50分

(http://www.recordchina.co.jp/a128902.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types