韓国経済、沈没船セウォル号、遺体の流失を防ぐためフェンスで囲む作業へ=世界初の試み

韓国経済、沈没船セウォル号、遺体の流失を防ぐためフェンスで囲む作業へ=世界初の試み

記事要約:セウォル号沈没事故は4月に起きたわけでもうすぐ2年になるわけだが、まだ、沈没した船すら引き上げられていない。多くの遺体はとっくに流されていると思うのだが・・・。そもそも、フェンスで囲む作業を世界初の試みとか述べるが、普通はもっと速く船体を引き上げるからそんなことしない。大体いつまでかかっているのか。どう見ても、もうこの事故は風化しているんだよな。まだ、体育館に遺族は住んでいるのか。そっちが気になるな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、沈没船セウォル号、遺体の流失を防ぐためフェンスで囲む作業へ=世界初の試み

【ソウル聯合ニュース】韓国の海洋水産部は28日、2014年に南西部の珍島沖で沈没した韓国旅客船セウォル号の船体引き揚げに向け、水中の船体を高さ3メートルのフェンスで囲む作業を行うと明らかにした。

船体を引き揚げる際に行方不明者の遺体の流失を防ぐための措置で、世界初の試みとなる。船体は水深44メートルの海底に沈んでおり、行方不明の9人の遺体は船内に残っているとされる。

引き揚げを行う中国企業「上海サルベージ」はフェンスセット36個を沈没地点に運び、水中で組み立てる予定だ。組み立てられるフェンスは横200メートル、縦160メートルで、面積は3万2000平方メートルとなる。設置作業は3月2日から月末まで行う。

5月から本格的な引き揚げ作業に入り、7月までの作業完了を目指している。

聯合ニュース

ソース:朝鮮日報日本語版<沈没船セウォル号 フェンスで囲む作業へ=世界初の試み>

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/02/28/2016022800516.html)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
takajihye

しかし韓国という国は自分で何も出来ないのか。中国に船の引き揚げを頼んだのはかなり前だったと思うが未だにもたもたしていたのか。お金の折り合いで揉めていたのかな。