日別アーカイブ: 2016年2月27日

韓国経済、韓国社会は内部のいざこざで崩壊しかねない」衝撃の報告書=韓国ネット「韓国には未来がない」

韓国経済、韓国社会は内部のいざこざで崩壊しかねない」衝撃の報告書=韓国ネット「韓国には未来がない」

記事要約:最近、韓国における悲観論が多すぎて、管理人の指摘することが韓国擁護になっている気がする。最も、管理人が述べていることは現実を見つめてそこから変えていこうと一般的な論説なのだが。何度も述べるが自虐史観では何も産み出さない。韓国メディアは韓国の素晴らしさを吹聴し、韓国ネットは韓国社会の絶望を訴える。どちらもやっていることは自虐史観の延長上にしかない。

決して、韓国を擁護するわけではないが、現実を一生懸命に生きた先に未来がある。バラ色の未来を描くのはただの妄想家だが、問題は現実を悲観しても何も変化しないということ。現実を直視、韓国社会を変えようという意識改革が必要なのだ。だが、そこに気づく前に多くの若者は絶望を味わい、結局は甘い汁を吸おうとして自滅する。

韓国経済の悪循環が進めば、ますますこのような悲観論は増加していくことだろう。その度に、管理人は韓国社会にある負の連鎖を突っ込むわけだが、それが変化することもないのだろうな。8年ほど毎日、韓国ニュースを見てきて変わったと思えることが一つもないんだから。なんて言うか、情緒的な感情に動かされる国民が集団悲観論を蔓延していく。そんな未来が待っているのだろう。

少なくとも自分の国をヘル朝鮮をよんでいること止めるところから始めるべきだろう。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国社会は内部のいざこざで崩壊しかねない」衝撃の報告書=韓国ネット「韓国には未来がない」

2016年2月25日、韓国・毎日経済によると、韓国社会が抱える「格差」などのさまざまな問題が社会基盤を揺るがしかねない危険水位に達しているとの衝撃的な研究結果が出された。

大統領直属の国民大統合委員会の依頼で、韓国の政治・社会学者5人の研究チームが行った調査の結果報告「韓国型社会葛藤の実態診断」の内容がこのほど明ら かになった。

これによると、「韓国社会をどんな社会だと思うか」との質問に対し、最多の34.8%の回答は「競争社会」。以下、「両極化社会」 (18.4%)、「学力中心社会」(15.5%)、「不信社会」(10.1%)、「腐敗社会」(7.7%)と続いている。

研究陣はこの他モニターへの詳細な調査を通し、韓国社会の葛藤の類型を「不安を超えた脅迫」「競争を超えた苦闘」「格差を超えた断絶」「不満・怒りを超え た怨恨(えんこん)」「不信を超えた反感」などの8つに分類した。

その上で、「不安・競争・疲労といった韓国社会に蓄積された葛藤が、諦めや断絶・怨恨・ 反感などに極端に発展している」とし、「経済力の差による階層間の葛藤が適切に統制されなければ、韓国社会をつぶしかねない水準にまで達する」と警告し た。

この調査結果に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「韓国には未来がない。20?30代は国に嫌気が差して毎年何千人もが国籍を捨てているし、中年は国の不正・腐敗と格差のせいであくせく働いている。そして高齢者の貧困率は世界トップレベルだ」
「今からでもこの社会を改善しようと思うなら、まずは投票をきちんとするべきだ。このままではだんだんひどくなる一方だよ」

「朴槿恵(パク・クネ)大統領はこの報告書に対して弁解をすべき。朴大統領の公約のメーンは福祉の拡大、国民大統合、経済民主化じゃなかったか?」
「結局は政府の福祉政策が失敗したんだ」
「社会がここまでなってしまったのは、裁判官や検事の責任が一番大きい。彼らがいつも持てる者の側に立っているのが問題だ」

「中3の一人息子に、語学を一生懸命勉強してできれば他の国で暮らすように言わねばならない、そんな自分が本当に嫌だ」
「大統領自身が後ろ盾のおかげで大統領になった国だ。当然だよ」
「こんな衝撃的な事実が出されても、大統領はもうずいぶん耳をふさいだままだね」(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a129394.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、朴政権3年 外交は迷走、経済もお手上げ 机たたいて激怒も光明なく…

韓国経済、朴政権3年 外交は迷走、経済もお手上げ 机たたいて激怒も光明なく…

記事要約:朴槿恵政権が3年目を迎えるわけだが、残り2年はレームダック政権になるという。問題は最初からレームダックだったこと。元々、大統領になる前の票が接戦であり。支持率も半分以下だった。そのために朴槿恵政権は最初から反日ドーピングを行った。日本のことを外交先で告げ批判。慰安婦問題で日本に謝罪や賠償を要求するなど、それらの反日政策で支持率は一気に盛り返した。だが、朴槿恵政権はもはや、アメリカと中国の狭間で死ぬしかない運命となった。

TPPへの加入。THAAD配備。これら二つが韓国の外交を悉く狂わせていくことになる。しかし、安心していい。韓国はもう中国チームの一員だ。中国共産党の旗からレッドチームといったところだ。素晴らしいバランス外交の成果が徐々に出てきたわけだが、なんていうか、まだ2年もあるので頑張ってほしい。むしろ、終身大統領でもかまわない。どうせ、独裁政権だからな。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、朴政権3年 外交は迷走、経済もお手上げ 机たたいて激怒も光明なく…

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が就任してから25日で丸3年を迎えた。外交は迷走、経済では輸出減や家計の借金急増が止まらず、海外投資家も逃げ出すなどお手上げ状態。残り2年の任期はレームダック(死に体)となりかねない。

「(こんな状況が)話になると思うのか!!」「多くの国民が犠牲を払ってから(法案を)通過をさせるなど、ほかの国ではあり得ないあきれた現象だ」

24日、経済分野の会議で朴大統領は、労働市場改革関連法やテロ防止法などに野党が反対し、成立のめどが立たないことに怒りをあらわにした。韓国メディアによると、机を十数回たたいて声を張り上げたかと思うと、うなだれて「はぁ」とため息をつくなどイライラも頂点のようだ。

ただ、韓国経済が低迷しているのは朴政権の責任が大きい。主力の製造業は中国メーカーの追撃を受け、1月の輸出が前年同期比18・5%減となり、毎日経済新聞は「韓国経済お手上げ」と嘆いた。2月も20日時点で約18%減の見込みだ。

家計の負債も昨年末時点で1207兆ウォン(約110兆円)と過去最高を更新。昨年の経済成長率は2・6%と政府目標を大きく下回り、外国人投資家が株やウォンを売って逃げ出している。

外交の迷走も混乱に拍車をかけた。当初は中国ベッタリだったが、北朝鮮の核・ミサイル実験を受け、一転して米国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に前向きとなった。二股外交の結果、米国から「為替操作国」に認定される懸念が出る一方、中国からは経済報復を受ける恐れも浮上する。

昨年末には日本と慰安婦問題で合意したが、日韓通貨スワップ再開など日本の経済支援を求める韓国財界の声も背景にありそうだ。 朴氏の任期は残り2年。日米中3カ国に囲まれて身動きが取れない状況が続きそうだ。

(http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160226/frn1602261140002-n1.htm)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、昨年の家計所得増加率、6年ぶり最低=韓国

韓国経済、昨年の家計所得増加率、6年ぶり最低=韓国

記事要約:先ほど、韓国政府は家計債務が急増していても、金融資産がそれに伴い増加しているから大丈夫だという認識だったわけだが、昨年の家計所得増加率は6年ぶり最低を記録したようだ。韓国政府の大丈夫がいかに眉唾なのかがよくわかるな。所得がほとんど増えないのに借金だけ増大しているという現実から目を背けているわけだ。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、昨年の家計所得増加率、6年ぶり最低=韓国

統計庁が26日、2人以上の世帯の昨年の月平均所得は437万3000ウォン(約40万円)だったと明らかにした。前年比1.6%増で、2009年(1.2%)以来6年ぶりの最低水準となった。物価上昇を除いた実質所得増加率は0.9%だった。

これに伴い、消費支出も小幅増加にとどまった。昨年の2人以上の世帯の月平均消費支出は256万3000ウォンと、前年比0.5%増。物価上昇分を除いた実質消費支出は0.2%減少した。

(http://japanese.joins.com/article/590/212590.html?servcode=300&sectcode=300)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国の家計負債1200兆ウォン突破…国民1人当たり2400万ウォン

韓国経済、韓国の家計負債1200兆ウォン突破…国民1人当たり2400万ウォン

記事要約:韓国の家計負債が1200兆ウォンを突破したということは知らせたと思うが、それについての内訳が不動産関連の借金の増大ぐらいしかわからなかった。今回の記事は家計債務が増えた理由について解説している。最も、管理人は「増えて当たり前」としか言いようがないんだが。なぜなら、韓国がやったことは借金を制限するのではなく、借金しやすいように緩和しただけなのだ。

これからたまに出てくる二つの用語、住宅担保比率(LTV)と総負債償還率(DTI)を解説する。今回はわりと難しい内容になるので、何かわからない場合は質問していただきたい。用語の意味や説明が難しいなら上の結論だけを抑えておけば良い。

■住宅担保認定比率(LTV)

住宅担保認定比率(LTV)とはloan to value ratio. 韓国語では担保認定比率。 銀行などが住宅商店街ビルディングなどを担保にして金を貸す時担保物の実際価値対応大出金額の比率を意味する。2012年、 銀行は現在60%内外でLTVを適用していたのだが、これが2014年7月までは業種津別に50~85%になっていた。ところが、景気が落ち込むにつれ て、LTVは2014年8月に全金融業で70%と緩和された。

簡単に言えば住宅を購入するときにその住宅価値の金額70%までは銀行から貸してもらえる。現在、韓国の住宅担保認定比率(LTV)は70%なら、この担保価値に対して銀行で最大どのくらいまで借りられるかの比率である。つまり、50億ウォンの家を持っていたら、35億ウォンまで銀行から借りることができる。70%になったことで銀行からの貸付が増えたわけだ。

なぜなら、LTVが50%だったのが70%になり、20%の猶予が発生したためだ。しかし、LTVが規制緩和されようが、銀行からお金を借りやすく なっただけで現実の問題は1つも解決していないのは抑えておいてほしい。ただ、消費者金融に借りるよりは利息払いではお得である。銀行の方が金利が安いか らだ。

■総負債償還率(DTI)

総負債償還率(DTI)とは、所得に元利金償還額が占める比率のこと。これを2014年8月60%にしている。これは簡単に言えば、所得の60%までは借金して、不動産を買っていいというもの。

以上。これらの二つの目的は再び、不動産バブルを引き起こそうというものだ。しかし、二つの規制緩和が家計や個人負債の増加に繋がるのは当初から懸 念されていた。そして、その通り、個人負債は過去最大の増加となった。うん。何というか・・・予想通り、愚かすぎる無能な経済対策だったわけだ。

長い説明であるが、管理人が過去サイトで解説したことをもってきたに過ぎない。では、最新の家計負債状況を確認しよう。

 >家計負債の主犯は住宅担保貸付だ。市中銀行の住宅担保貸付は10~12月期だけで18 兆ウォン増え昨年末には残高が400兆ウォンを超えた。相互貯蓄銀行、信用協同組合、相互金融など第2金融圏から借り入れた住宅担保貸付も3カ月間で3兆 1000億ウォン増え残高は99兆5000億ウォンに達した。

韓国銀行のイ・サンヨン金融統計チーム長は、「マンション分譲市場の好調で集団貸し付け需要が増えた上に今年から施行される政府の与信審査ガイドラインを控え先需要が発生し住宅担保貸付が増えた」と分析した。

不動産取引が停滞しているのに住宅担保貸付残高が増えたのは集団貸付の影響だ。集団貸付の中途金と残金などの貸付金は分譲時点より遅く統計に反映されるためだ。 <

このように書いてあるわけだが、つまり、個人で借りる余裕はないから、集団で借りようということらしい。そして、貸付金は分譲時点より遅く統計に反映されるため。ああ、これはもっとダメだわ。韓国人はどうしていつも最悪の道を自ら突き進むのか。

つまり、これ連帯保証と何ら変わりがない。もっとも、韓国の場合は利子だけしか払わない人が増加しているようだが。集団貸付で借金が倍増する未来しか見えないんだが。大体、いつまで韓国人は不動産の土地はあがるという妄想をしているのか。しかし、韓国政府は問題ないという認識である。

 >韓国政府は家計負債増加傾向に対し「問題ない」という立場だ。金融システム次元の安定性は維持されているということだ。

その根拠に▽健全性が良好な銀行圏の住宅担保貸付中心に増え▽昨年末の延滞率が0.33%で金融会社の損失吸収能力は十分で▽償還能 力が良好な所得4~5分位世帯が家計負債の約70%を保有している点――を挙げた。家計負債は増えたが金融資産も早く増えた。昨年7~9月期の家計金融資産は金融負債の2.2倍に達する。

韓国政府は「家計負債の急速な増加傾向は基本的に住宅市場正常化、金利引き下げにともなう貸付需要拡大など複合的要因に起因する。今年は総量増加傾向は鈍化し構造改善が加速化するだろう」と予想する。<

まず、健全性が良好な銀行圏の住宅担保貸付が中心に増えている。これについては疑問がある。韓国の銀行は韓国企業の低迷で危険な状態にある。いわゆる、本来なら返ってくるはずの債権(銀行側)が貸し倒れになる恐れがあるためだ。特に造船、建築関連は非常に危うい。つまり、銀行が金を貸すにもおのずと限界がある。ただ、これは銀行側のリスクであり、借り手には直接関係ない。

次に償還能 力が良好な所得4~5分位世帯が家計負債の約70%を保有している点。これも危うい。つまり、中産階級が集団貸付という不動産ビジネスに手を出してるところ。問題は中産階級ですら個人でそれができなくなった点。また、集団ならまだできるからと不動産ビジネスをする土地価格が上昇するという神話に基づく妄想。この二つ韓国版のサブプライムローン問題をさらに深刻化させることだろう。土地の価格が下がった未来では中産階級の没落。格差社会がますます広がると。

最後に家計負債は増えたが金融資産も早く増えたというのは、金融資産が何を指すのかわからないので突っ込みが難しい。ただ、これが韓国のKOSPIやKOSDAQ関連なら暴落する未来が待っているので、危ういといえる。もっとも、金融資産が「住宅ローン」だったら、それを資産に計上するのは最悪といえる。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする。

韓国経済、韓国の家計負債1200兆ウォン突破…国民1人当たり2400万ウォン

  家計負債が初めて1200兆ウォン(約109兆円)を超えた。

韓国銀行が24日に発表した「2015年10~12月期の家計信用」によると、昨年12月末基準で家計負債は1207兆ウォンとなり1年間に122兆ウォン急増した。前四半期比では41兆1000億ウォン増えた。

年間・四半期とも増加幅は家計信用統計を出し始めた2002年10~12月期以降最大だ。2015年の韓国の推計総人口が5061万7000人である点を考慮すると、国民1人当たり約2400万ウォンの借金がある格好だ。

家計負債の主犯は住宅担保貸付だ。市中銀行の住宅担保貸付は10~12月期だけで18兆ウォン増え昨年末には残高が400兆ウォンを 超えた。相互貯蓄銀行、信用協同組合、相互金融など第2金融圏から借り入れた住宅担保貸付も3カ月間で3兆1000億ウォン増え残高は99兆5000億 ウォンに達した。

韓国銀行のイ・サンヨン金融統計チーム長は、「マンション分譲市場の好調で集団貸し付け需要が増えた上に今年から施行される政府の与信審査ガイドラインを控え先需要が発生し住宅担保貸付が増えた」と分析した。

不動産取引が停滞しているのに住宅担保貸付残高が増えたのは集団貸付の影響だ。集団貸付の中途金と残金などの貸付金は分譲時点より遅く統計に反映されるためだ。

企画財政部によると住宅担保貸付増加額のうち集団貸付が占める割合は昨年10~12月期の29.6%から今年1月には40.4%で上昇した。今後住宅担保貸付残高の増加幅が増える可能性がある。

韓国開発研究院(KDI)のキム・ジソプ研究委員は、「昨年は分譲市場が好況だったため実際に入居する2~3年後まで住宅担保貸付残 高が増える恐れがある。2~3年後に不動産景気が低迷し分譲した住宅を放棄する状況になれば金融圏と建設業界まで不良が広がりかねない」と話した。

集団貸付問題が家計だけでなく経済全般の不良につながるまた別の信管になりかねないという指摘だ。

企画財政部と金融委員会など関係官庁はこの日発表した「家計負債評価と対応方向」で集団貸付と関連し、「銀行自ら立地と分譲価格能性など事業性を点検してリスクを管理する」と話した。

集団貸付は「償還能力ほど借り、最初から分割して返済する」与信ガイドラインが適用されないが、銀行が自分で判断して管理してほしいというメッセージを伝えた格好だ。与信ガイドラインは首都圏で今月から始まり、非首都圏は5月2日から適用される。

韓国政府は家計負債増加傾向に対し「問題ない」という立場だ。金融システム次元の安定性は維持されているということだ。

その根拠に▽健全性が良好な銀行圏の住宅担保貸付中心に増え▽昨年末の延滞率が0.33%で金融会社の損失吸収能力は十分で▽償還能 力が良好な所得4~5分位世帯が家計負債の約70%を保有している点――を挙げた。家計負債は増えたが金融資産も早く増えた。昨年7~9月期の家計金融資 産は金融負債の2.2倍に達する。

韓国政府は「家計負債の急速な増加傾向は基本的に住宅市場正常化、金利引き下げにともなう貸付需要拡大など複合的要因に起因する。今年は総量増加傾向は鈍化し構造改善が加速化するだろう」と予想する。

(http://japanese.joins.com/article/485/212485.html?servcode=300&sectcode=300)

日本の底力のメルマガ購読は↓から、今はPCでも携帯でも一つのメルマガでいいようだ。それでは購読の方をお願いする。前回、携帯に登録していただいていた読者様はPCの方に登録していただけるとありがたい。

→日本の底力

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry