韓国経済、【韓国造船危機】サムスン重工業、5兆ウォンのプラントが白紙危機

韓国経済、【韓国造船危機】サムスン重工業、5兆ウォンのプラントが白紙危機

記事要約:昨年から、韓国の造船危機が現実化しているわけだが、また危機を悪化させるニュースが中央日報に掲載されている。何でも、サムスン重工業が5兆ウォンのプラントが白紙の危機とのこと。その原因は。海洋プラントを投じることにしたガス田開発事業自体が無期限で保留となったためらしい。でも、記事を読むとそれだけではないようで。

>サムスン重工業は開発事業に参加しているエネルギー企業シェルから浮体式液化天然ガス生産設備(FLNG)3隻を受注した。FLNGは海上で天然 ガス生産・液化・保存・荷役過程を一括で処理できる船舶型海洋設備だ。契約金額は47億ドル(約5300億円)だった。

浮体式液化天然ガス生産設備(FLNG)といえば、今後の韓国造船はこれの受注を増やしていくという話があったと思うが、この契約も危ないんじゃないのか?47億ドルの受注がなくなりそうな気もする。損失にはならないが大幅な売上減となれば、造船業はさらに傾く。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~150回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【韓国造船危機】サムスン重工業、5兆ウォンのプラントが白紙危機

サムスン重工業が昨年受注した5兆ウォン(約4800億円)規模の海洋プラントプロジェクトが白紙に戻る危機に面している。海洋プラントを投じることにしたガス田開発事業自体が無期限で保留となったためだ。

 24日、造船業界によると、オーストラリアの石油開発会社「ウッドサイド」は同地のブラウズガス田開発事業を現状況では行わないと発 表した。

サムスン重工業は開発事業に参加しているエネルギー企業シェルから浮体式液化天然ガス生産設備(FLNG)3隻を受注した。FLNGは海上で天然 ガス生産・液化・保存・荷役過程を一括で処理できる船舶型海洋設備だ。契約金額は47億ドル(約5300億円)だった。

ウッドサイドが景気の低迷および市場環境の悪化を理由に開発事業の中断を発表しながらサムソン工業のFLNG建造事業も失敗に終わる 雰囲気だ。

サムスン重工業は昨年、受注契約を締結しながら発注処のシェルが工事進行通知をしてから建造を始めることで合意した。シェルが工事進行通知をし なかった状態だったため、サムスン重工業は建造作業を始めていなかった。

したがってこれによる損失はないが今後の売上減は避けられない状況だ。サムスン重工業は受注当時、FLNGの諸元が全長488メート ル、全幅74メートル、重量60万トンだと明らかにした。1隻あたり年間400万トンのLNGを生産できる規模だ。

サムスン重工業関係者は「まだ発注社で あるシェルから公式の取り消し通知は受け取っていない」とし「関連内容を確認中」とコメントした。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

(http://japanese.joins.com/article/704/213704.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types