韓国経済、韓国の青年失業率12.5%、日本の最悪時より深刻

韓国経済、韓国の青年失業率12.5%、日本の最悪時より深刻

記事要約:韓国の青年失業率が12.5%となったそうだ。まあ、韓国の失業の基準は日本とは違うので、直接比べたところでまともなデータは取れない。しかし、まともなデータが取れなくても日本より深刻というのが問題なのだ。朴槿恵大統領は若者にいつも電波な主張していたわけだが、結局、雇用改善になるどころか、逆に悪化させているという。

まあ、無能なのは今さら始まったことじゃないので気にしないでいいかと。だいたい青年失業がどうとか述べている場合じゃないだろ。韓国経済危機が確実に進行しているのだ。青年どころか、働き盛りだろうか、失業者であふれかえるのだから。

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国の青年失業率12.5%、日本の最悪時より深刻

韓国統計庁は16日、2月の青年失業率(15-29歳)は12.5%となり、統計基準が変更された1999年6月以来で最高を記録したと発表した。 基準変更前は1週間に求職活動を1回でもすれば失業者に分類していたが、変更後は求職期間が4週間に達していることが条件となった。新条件では失業率はや や高く算出される。変更前も含む最高値は通貨危機直後の99年2月(14.5%)だった。

2月は青年失業率が上昇した影響で、全体の失業率も4.9%となり、2010年1月(5.0%)以降で最高となった。2月の新規就業者は22万3000人で、前月を11万6000人下回った。

2月は大学と高校の卒業式シーズンに当たるため、青年失業率は高まり傾向がある。しかし、昨年の青年失業率が通年で過去最高(9.2%)を記録した後、今 年に入ってからも上昇を続けており、韓国も日本が「失われた20年」で経験した「青年雇用の壁」と同じ道をたどっているのではないかと懸念する声が上がっ ている。

日本は高度成長期の1980年代まで青年失業率が4%台にとどまり、先進国で青年雇用の模範生だった。しかし、 90年代に入ると、バブル崩壊の影響で長期不況に陥り、青年失業率は9%台に達した。韓国の青年失業率は、日本の青年失業がピークに達した2003年 (10.1%)よりも深刻な水準だ。

LG経済研究院のリュ・サンユン責任研究員は「日本は経済成長率が1%前後に急落した 1993年から青年失業率が急上昇し、20代の人口が減り始めた2000年代後半まで高止まりが続いた。韓国は経済成長の流れや青年層の人口構造が20年 前の日本と似ており、潜在成長率が回復しなければ、構造的な青年失業が続きそうだ」と分析した。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/17/2016031700723.html)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types