日別アーカイブ: 2016年3月28日

韓国経済、韓国看板企業の売り上げ2年間で67兆減…営業利益も急減 「国内の主力企業が成長停滞または衰退期に入ったという意味」

韓国経済、韓国看板企業の売り上げ2年間で67兆減…営業利益も急減 「国内の主力企業が成長停滞または衰退期に入ったという意味」

記事要約:輸出、輸入が2割ほど落ちており、今までは在庫整理でなんとかしていた韓国企業。しかし、在庫もそのうち底をつく。韓国企業の売上を伸ばすには機械や原料、原油などの輸入がかかせない。韓国のような組み立て工場だと輸入の減少は、輸出を大幅に悪化させる。逆も然りであるが、どちらも減っているということは順調に経済が縮小しているわけだ。

では、なぜ、韓国は数パーセントでも経済成長をしているのか。その答えはおそらく債務の増加にあるんじゃないかと。借金してでも消費するから、GDPでは成長ということになる。しかし、もう遅いんじゃないか?

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~150回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国看板企業の売り上げ2年間で67兆減…営業利益も急減 「国内の主力企業が成長停滞または衰退期に入ったという意味」

韓経:<売り上げ減少の10大企業>韓国看板企業の売り上げ2年間で67兆減…営業利益も急減(1)

2016年03月28日11時33分
[?韓国経済新聞/中央日報日本語版]

サムスン電子など韓国を代表する10大企業の昨年の売り上げが前年より7%近く減ったことが分かった。2014年(マイナス3.5%)に続き、2年連続で売り上げが減少した。

韓国経済新聞が27日、全国経済人連合会に依頼してサムスン・現代(ヒョンデ)自動車・SK・LGなど10大グループ代表企業10社の昨年の実績を分析した結果、売り上げ合計は612兆2900億ウォンで前年よりも6.6%減少した。

これら10大企業の昨年の営業利益の合計は40兆6100億ウォンで2014年より13.3%(3兆6500億ウォン)増加した。しかし2013年の営業利益の合計54兆8000億ウォンに比べれば15兆ウォンほど減った。

◆占有率下落など売り上げ減少深刻

サムスン電子・現代自動車など看板企業10社の売り上げ合計は2013年679兆3000億ウォンで前年対比で4.0%増加した。しかし2014年に 3.5%減ったのに続き昨年は6.6%減少して下落幅を大きくした。昨年の売り上げ612兆2900億ウォンは2013年と比較すると9.9%、金額では 67兆100億ウォン減ったものだ。

昨年サムスン電子(マイナス2.7%)をはじめとしてSKイノベーション(マイナス26.6%)、LGエレクトロニクス(マイナス4.3%)、ポスコ(マ イナス10.6%)、GSカルテックス(マイナス29.6%)、現代重工業(マイナス12.1%)、大韓航空(マイナス3.1%)など7社の売り上げが前 年対比で減少した。SKイノベーション・GS・カルテックス・現代重工業など3社は2013年から3年連続で売り上げが縮小した。昨年の売り上げが増えた のは現代自動車(3.0%)とロッテショッピング(3.7%)、韓火(ハンファ、10.5%)など3社だけだった。

サムスン電子はスマートフォンの海外市場の占有率下落で困難を経験した。昨年の占有率は22.5%で世界市場1位を維持したが、前年(24.7%)に比べ 2.2ポイント下がった。一方、中国華為(フェーウェイ)はこの期間に占有率が5.5%から7.3%に高まった。ポスコは供給過剰と収益性低下、現代重工 業はプラントの実績不振と受注占有率の減少で困難な時期を過ごした。ただし現代車は新興市場の需要萎縮とユーロ貨幣および円安にともなう輸出不振の中でも 善戦して昨年の売り上げが伸びた。

SKイノベーションは65兆8600億ウォンから48兆3600億ウォンへと17兆5000億ウォン減少し、昨年の金額基準で売り上げ減少幅が最も大き かった。売り上げが最も大きく増えたのは韓火で37兆4600億ウォンから41兆3800億ウォンへと3兆9200億ウォン増えた。チュ・グァンホ全国経 済人連合会産業本部長は「10大企業の売り上げが2年連続で減少したというのは国内の主力企業が成長停滞または衰退期に入ったという意味」として「雇用減 少など韓国経済全般に悪影響を及ぼすだろう」と話した。

韓経:<売り上げ減少の10大企業>韓国看板企業の売り上げ2年間で67兆減…営業利益も急減(2)

◆製油除き営業利益停滞レベル

昨年10大企業の営業利益の合計は40兆6100億ウォンで13.3%増加した。しかし絶対金額基準では2013年に比べ14兆1900億ウォンも少ない。2014年の営業利益が34.6%も急減したのに伴う基底効果が大きく作用したのだ。

昨年、営業利益が増加したのはサムスン電子(増加率5.5%)、大韓航空(123.4%)、韓火(47.0%)などだ。2014年に赤字だった製油会社の SKエネルギーとGSカルテックスが黒字に転じながら全体営業利益を伸ばした。2つの製油会社を除く8大企業だけを見れば昨年の営業利益は前年より 2.3%増に終わった。10大企業の平均営業利益の増加率13.3%と比較すると11ポイントの差が出る。

製油会社は2014年に大規模な営業損失を記録した。2014年に原油価格が急落しながら高く購入した原油から生産した石油製品を安く売ったためだ。 2014年初めに1バレル=100ドルだった国際原油価格はその年末に50ドル水準へと下落した。一方、昨年は低油価が持続したおかげで実績を回復した。

昨年の営業利益が金額基準で最も大きく増えたところはSKイノベーション(2兆1600億ウォン増)、減ったところは現代自動車(1兆1900億ウォン 減)だった。造船の景気悪化に直面した現代重工業は1兆5400億ウォンの営業損失を出して2年連続で大規模な赤字を記録した。

(http://japanese.joins.com/article/777/213777.html?servcode=300&sectcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、トランプ氏、日韓の核保有容認も

韓国経済、トランプ氏、日韓の核保有容認も

記事要約:管理人は日本の核武装論には賛成するが、トランプ氏が次期、アメリカ大統領になるのはあまり良くない気がしている。ちと過激な発言が多すぎる。アメリカの大統領は世界中に大きな影響を与えるのだから、そういった意味での軽率な発言で足下をおぼつかなくする可能性が高い。

特にイスラム国に対する発言が問題としてあるわけだが、現実の所、テロを起こしているのは一部の過激派組織である。ズバリといって痛快なこともあるかもしれないが、合衆国大統領となればそれで各国との余計な軋轢を生じかねない。もっとも、まだどうなるかはわからない。しかし、日米に大きな転機が訪れることにはなるだろう。

ええ?韓国の核武装?ああ、できるはずがない。なぜなら、韓国には北朝鮮以下のミサイル技術しかないのだ。空中で分解するような核ミサイルを製造して自滅するのがオチである。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~150回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、トランプ氏、日韓の核保有容認も

米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は26日、大統領選共和党指名争いで独走状態の実業家トランプ氏がインタビューで、日本と韓国の核保有を排除しない考えを示したと報じた。在日、在韓米軍の撤収や日米安保条約再検討の可能性にも言及した。

トランプ氏の党指名獲得は現実味を帯びつつある。本選を含めて勝ち進み大統領になった場合、今回の発言は第2次大戦や冷戦を経て築かれた日米関係や国際秩序が見直される事態も起こり得ることを示した。

2016/3/27 08:27

(http://this.kiji.is/86576359027164662?c=39546741839462401)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、3月28日の開幕ウォン市場は1170。徐々にウォン安傾向か

SnapCrab_NoName_2016-3-28_9-50-16_No-00

最近、急にウォン高になったりしていたウォンだが、徐々にウォン安へと戻って来ている。ただ、1200より下回ることはまだまだ難しいといった数値である。開幕は1170ウォン。適正レートより低いのでウォン安といったところだ。3月末までにどこまで1150に近づけるかだが、この勢いだと1160も厳しいかもしれない。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国朝刊ヘッドライン(3月28日) 、すべての決定総選挙後に…4・13発「政策絶壁」、セヌリ(150):共に民主(120):国民(20)「総選挙最低ライン」

韓国朝刊ヘッドライン(3月28日)、すべての決定総選挙後に…4・13発「政策絶壁」、セヌリ(150):共に民主(120):国民(20)「総選挙最低ライン」

3月28日、いよいよ3月ももうすぐ終わりを迎えるわけだが、韓国経済はここからイベント目白推しである。3月末辺りから朴槿恵大統領は訪米、セウォル号沈没事故2周年、そして韓国総選挙、5月まではサイトも忙しくなりそうな感じである。

そして、今日の韓国朝刊ヘッドラインニュースも、選挙の話題が全てである。管理人は韓国の政局には興味ないので選挙結果だけを重視する。もっとも、政局みたいならアメリカ大統領選挙の方がよほど重要だ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~150回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国朝刊ヘッドライン(3月28日) 、すべての決定総選挙後に…4・13発「政策絶壁」、セヌリ(150):共に民主(120):国民(20)「総選挙最低ライン」

<朝鮮日報>セヌリ(150):共に民主(120):国民(20)「総選挙最低ライン」

<東亜日報>2兆大学支援事業「教育部が一方通行」

<中央日報>タクシーの中の民心、彼らは車線(支持政党)変更中

<ハンギョレ>一与多野総選挙「審判論」に火を付ける

<京郷新聞>首都圏104カ所「一与多野」…野党共倒れの危機

<毎日経済>明洞駅の換気口 「すでに崩壊中」

<韓国経済>すべての決定総選挙後に…4・13発「政策絶壁」

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、経済規模世界11位の韓国に高度成長の再来はない~だが、マイナス金利のような「心肺蘇生術」に頼る境遇にはない

韓国経済、経済規模世界11位の韓国に高度成長の再来はない~だが、マイナス金利のような「心肺蘇生術」に頼る境遇にはない

記事要約:韓国の経済規模世界11位らしい。でも、これは違うんだよな。

SnapCrab_NoName_2016-3-28_5-47-41_No-00

韓国のGDPのランキングは世界13位である。韓国が世界11位だったことは過去の栄光であり、そもそも、世界14位のスペインと100億ドルしか差がない。ここは正確なデータとして抑えておきたいところだ。いきなり記者が嘘を付いているのはいつものことだ。そして、1番突っ込みたいのがこれ。

>答えは出た。韓国よりも1人当たりGDPが多く、かつ経済規模が大きく、成長率も高い国は地球上にないということだ。韓国は近ごろ、さまざまな指標が顕著な下降曲線を描いているが、全世界的な不況で苦戦しているのは他国も同じだ。IMFが経済先進国に分類する37カ国のうち、昨年3%を超える成長率を記録した国はわずか7カ国で、半分近くの18カ国は1%台以下にとどまった。<

アホ過ぎてもうどうしようもない。こんなあほなことを記者が平気で自画自賛しており、経済危機という悲惨な現実を全く気づかない。妄想で記事を書くのも大概にしろと。裏付けしたデータもない。そもそも、2015年の成長率は2.6%だっただろ?証拠出しておこうか?

>朴槿恵(パク・クネ)政権が不名誉な「最低記録」を打ち立てた。韓国の2015年の国内総生産(GDP)成長率は前年比2・6%と、3%台の政府目標は未達に終わり、「国際通貨基金(IMF)危機」後の歴代政権で平均成長率は最も低い水準に落ち込んだ。<

(http://www.sankei.com/world/news/160129/wor1601290020-n1.html)

本当、嘘だらけだな。で、韓国はいつ3%成長したのだ?そもそも、IMFは韓国を経済先進国と認めてないんじゃないのか。もはや、出鱈目過ぎて読む価値がない。未来を楽観視もなにも嘘だらけじゃないか。残念ながらまともに韓国経済を分析している管理人には一切通じないが。

韓国経済は崖っぷちに追い詰められている?残念ながら既に手遅れである。ちゃんと管理人は看取ると書いてある。これは韓国の経済状態に確信を持って「手遅れ」だと述べているのだ。前向きな姿勢は良いことだが、嘘のデータで読者を欺そうとするのはかえって不安を募るだけだと思う。そもそも、昨日管理人は一人当たりGDPが減少したという記事を出した。しかし、どれも嘘って凄いよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~150回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、経済規模世界11位の韓国に高度成長の再来はない~だが、マイナス金利のような「心肺蘇生術」に頼る境遇にはない

車を運転していると、快走していても速度を落とさねばならないときがある。そんなときは、周囲の車の流れを見てはじめて適切なスピードが分かる。

成長の勢いが鈍ったという韓国経済も、他国の状況と比較してみる必要がある。国際通貨基金(IMF)が集計した189カ国の2015年の成長指標を余さず調べてみた。1人当たり国内総生産(GDP)が韓国より多く、なおかつ経済成長率も韓国を上回る国はいくつあるのか、

数えてみた。すると、スウェーデン、アイルランド、アイスランド、アラブ首長国連邦、カタール、ルクセンブルクの6カ国が全てだった。どれも小国だ。このうち最も大きい国がスウェーデンだが、経済規模は韓国の35%にすぎない。ルクセンブルクは4%、アイスランドは1%にとどまる。

答えは出た。韓国よりも1人当たりGDPが多く、かつ経済規模が大きく、成長率も高い国は地球上にないということだ。韓国は近ごろ、さまざまな指標が顕著な下降曲線を描いているが、全世界的な不況で苦戦しているのは他国も同じだ。IMFが経済先進国に分類する37カ国のうち、昨年3%を超える成長率を記録した国はわずか7カ国で、半分近くの18カ国は1%台以下にとどまった。

自画自賛しようというのではない。未来を楽観視しようというのでもない。韓国は今、輸出の減少が著しく、若者の失業率は記録的な高さとなっている。労働や教育など社会全般にわたる大胆な構造改革をしなければ、かつての日本のような長期不況に陥ることは避けられない。

構造的な低成長の入り口にいるのは明らかなようだ。このままでは翼のないまま墜落しかねないという専門家の警告は、決して大げさではないだろう。

こんなとき、大切なのは前向きな気持ちだ。未来に向けどういう姿勢で対処していくかによって、がけっぷちに追い詰められることもあれば、逆に巻き返しのチャンスをつかむこともできる。

今こそ自信を失わず、国の難題を解決していけるという意志を強く持つべきだ。やる前から敗北・失敗するかもしれないと考える敗北主義が広がれば、内部の葛藤(かっとう)も強まらざるを得ない。

韓国の成績は、まだ落第レベルまでは落ちていない。韓国よりも悲惨な成績表に頭をかきむしる先進国は多い。少なくとも、韓国はマイナス金利のような「心肺蘇生術」に頼る境遇にはないではないか。

韓国は、今や高い成長を期待するには図体が大きくなりすぎたという事実を受け入れる必要がある。経済規模は15年基準で世界11位だ。1980年代の原油安、低金利、ウォン安による好況期のように快走する時代が再び到来するとはとても考えられない。

私たちが歓声を上げていた高い成長の記憶は、頭の中から消してしまう方がよい。過去の良い時代に対する過剰な郷愁は、未来を準備する上では毒となる。これからは規模の成長よりも質的な変化に焦点を当て、健全な経済体質を長く維持できる方法を模索すべきだ。そして、絶望ばかりを語っていては絶望に早く近づいてしまうものだ。絶望ではなく希望を語ってこそ、道が開ける。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/25/2016032501978.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry