安倍首相、中国に“最終警告” サミット首脳宣言に「法の支配3原則」を明記

安倍首相、中国に“最終警告” サミット首脳宣言に「法の支配3原則」を明記

記事要約:今週は日本の伊勢志摩で開かれるG’、サミットに注目する記事が色々でてくると思うのだが、管理人はオバマ大統領の広島訪問とかよりはこちらの方が優先度は高いとおもっている。日本人は戦争をしたアメリカを全く憎んでいないとまで言い切れないが、少なくとも1000年恨むとか主張するような隣の国とは違う。

そもそも、自分たちが産まれていない時代にあったことを今さらどうだと述べてもそれが建設的な意見とはほど遠い。今,問題なのは過去の戦争がどうとか、原爆がどうとかではなく、中国における南シナ海における一連の占領行為である。G7、サミットで懸念を表明したとなれば、中国が全ての先進国と対立することになる。中国がいくら経済を発展させて、軍事費を増大させてもサミットに参加した国全てに戦争を吹っかける武力などない。ここで大人しく引きがさればいいが、引かないだろうな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

安倍首相、中国に“最終警告” サミット首脳宣言に「法の支配3原則」を明記

安倍首相は、サミット首脳宣言に、対中国「3原則」を盛り込む

伊勢志摩サミット(主要国首脳会議、26、27日)で採択される首脳宣言に、安倍晋三首相が海洋安全保障をめぐって2014年に提唱した「法の支配3原則」を明記することが決まった。国際法を無視して東シナ海や南シナ海で軍事的覇権を強める中国に対し、主要7カ国(G7)が“最終警告”を突き付けることなりそうだ。

注目の3原則は、(1)国家は法に基づき主張する(2)力や威圧を用いない(3)紛争解決へ平和的解決を徹底する-が柱。

中国による、南シナ海での軍事拠点化への懸念と反対を盛り込んだ宣言の素案に3原則の内容を新たに加えることで、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海での挑発行為なども念頭に置き、名指しは避けながらも中国に対して「強い反対」を打ち出す構えだ。

中国は14年5月、安倍首相がシンガポールで開かれたアジア安全保障会議で3原則を表明した際に反発した経緯がある。G7による首脳宣言は、中国にとって“屈辱的宣言”となりそうだ。

これをけん制する狙いか、中国海軍のミサイル駆逐艦「合肥」「蘭州」、ミサイル護衛艦「三亜」、総合補給艦「洪湖」からなる南海艦隊遠洋訓練艦隊は21日午後、西太平洋某海域で実弾射撃訓練を実施したという。人民網日本語版が23日、中国軍網の報道として伝えた。

G7側も黙ってはいない。

サミット開幕に先立ち、安倍首相とカナダのトルドー首相は24日、官邸で会談し、中国が軍事拠点化を図る南シナ海の情勢について「深刻な懸念」を共有した。

また、安倍首相とオバマ米大統領は25日夜、三重県志摩市・賢島のホテルで日米首脳会談を行う。米軍属が逮捕された沖縄での女性遺棄事件を受け、予定されていた会談を前倒しする。

安倍首相は会談で、オバマ氏に「強い憤り」を伝えたうえで、徹底した再発防止策の実施を求める方針。日米双方が同盟強化に努力する必要性を強調する。

さらに、両首脳は、軍事的覇権を強める中国への対応や、北朝鮮の核・ミサイル開発についても意見を交わす見通しだ。

(http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160525/plt1605251700003-n1.htm)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types