韓国経済、「リッパート米大使襲撃・刑務官暴行」のキム・ギジョン被告、2審で懲役17年を求刑

韓国経済、「リッパート米大使襲撃・刑務官暴行」のキム・ギジョン被告、2審で懲役17年を求刑

記事要約:リッパート米大使を暗殺しようとした韓国のテロリストが2審で懲役17年を求刑されたようだ。日本大使館の時は執行猶予付きで3年だった気がするが、どう考えても、日本大使館の頃にまともに17年ほどにしておけばこのような悲惨な事件は起きなかった。

精神異常を考慮しろ、潜在的てんかんとか、弁護士が述べているが、そんなこと考慮していたら韓国人のほとんどが火病の持ち主だ。裁判にすらならないで無罪放免だな。しかし、さらに留置所で刑務官を暴行とか。17年でも甘いんじゃないか。最も背後関係がまったくでていないが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、「リッパート米大使襲撃・刑務官暴行」のキム・ギジョン被告、2審で懲役17年を求刑

検察がマーク・リッパート駐韓美国大使を凶器で襲撃した嫌疑などで2審裁判中のキム・ ギジョン(56)被告に懲役17年と資格停止5年を求刑した。

17日、ソウル高法刑事5部(ユン・ジュン部長判事)審理で開かれたキム被告の抗訴審結審公判で検察は1審が無罪と判断した国家保安法違反嫌疑まで有罪と認定して欲しいとしてこのように求刑した。

リッパート大使に対する殺人未遂と国保法違反嫌疑で懲役15年を決めて、拘置所収監途中矯導官を暴行した嫌疑で懲役2年を追加した。

検察は「キム被告の行動と犯行後の行績を総合して見れば北韓の主義、主張に同調して犯行したものと見なければならない」とし「北韓同調行為と見ることはできないという1審判断は容易に納得し難い」と話した。

続いて「キム被告はリッパート大使に対する犯行が偶発的であったと主張するが、凶器を予め準備した点等を見れば意図的犯行と見られて、今もなお犯行を悔いていない」と付け加えた。

キム被告側の弁護人は「殺人の未必的故意は無かった」とし「キム被告が潜在的てんかん保有者である点等を考慮して欲しい」と弁論した。

キム被告は去年リッパート大使を襲撃して怪我をさせた嫌疑(殺人未遂)で1審で懲役12年の宣告を受けて、以後拘置所矯導官を暴行した嫌疑などで別途事件が追加起訴されて懲役1年6月を追加で宣告を受けた。

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2016/05/17/0503000000AKR20160517093400004.HTML)

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types