日別アーカイブ: 2016年5月19日

韓国経済、キャシュカイ所有者 日産ゴーン社長らを来週提訴=韓国

韓国経済、キャシュカイ所有者 日産ゴーン社長らを来週提訴=韓国

記事要約:韓国のキャシュカイ所有者が日産のゴーン社長らを来週提訴するようだ。もっとも、日産は真っ向から否定しているので裁判では全目的に争うことになる。彼らの主張は韓国政府が不正していてるという言いがかりから始まっているので、事実上、韓国政府と日産との訴訟となる。

ただ、英国では合法となっているわけだから、韓国だけ違法とみなされたことによる論理的な説明が求められるだろう。もっとも、仮に不正が認められないと判決が出たら,日産は韓国政府に多額の賠償金を要求するだろう。そもそも、韓国では理不尽に負ける可能性があるので、ISD裁判を起こせば良い。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、キャシュカイ所有者 日産ゴーン社長らを来週提訴=韓国

【ソウル聯合ニュース】日産自動車のスポーツタイプ多目的車(SUV)「キャシュカイ(デュアリス)」が韓国当局から排ガス不正を指摘された問題で、韓国 の同車所有者が日産のカルロス・ゴーン社長らを相手取り集団訴訟を起こすことが19日、分かった。韓国国内にとどまらず国際的な問題に発展する可能性が高 まった。

所有者たちは来週、韓国の大手法律事務所を通じ、ゴーン氏と韓国日産の菊池毅彦社長に対し不当利得の返還を求める訴訟をソウル地裁に起こす予定だ。現時点で30人程度の所有者が集まっている。

製造業関連の訴訟でグローバル企業のトップを提訴するのはまれだ。法律事務所側は「単に輸入販売した韓国日産の責任ではなく、日産本社の最高経営者も責任を負うべきだ」とした。

韓国環境部は16日、韓国で販売されたディーゼル車20車種に対する調査結果を発表。キャシュカイについてはエンジンの吸気温度が一定に達すると排ガス低減装置が停止するよう設定されていたと判断した。

これに対し韓国日産は、どの車両でも不正をしたことはないと真っ向から反論している。

自動車業界の関係者は「日産は韓国ではキャシュカイの排ガス不正疑惑を取り沙汰され、日本では燃費不正問題が発覚した三菱自動車の買収を発表した。ゴーン氏に一気に注目が集まっている」と述べた。

韓国では昨年9月にも、燃費規制逃れの独フォルクスワーゲン(VW)と韓国法人、ディーラーを所有者が提訴している。

(http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2016/05/19/0400000000AJP20160519000700882.HTML?95568ff0)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国防衛事業庁「韓国型戦闘機の核心装備AESAレーダー、国外から購入も」

韓国経済、韓国防衛事業庁「韓国型戦闘機の核心装備AESAレーダー、国外から購入も」

記事要約:韓国の名ばかりの貿易事業庁が勧告型戦闘機のKFーXに搭載するはずの核心装備AESAレーダーを国外から購入も検討しているということがわかった。ええ?どこかの国と一緒に開発するとか述べていなかったか?そもそも、アメリカに技術移転が断られて、どこの国がそんな重要な技術を売ってくれるのか。だいたい造れる国も限られているんじゃないか。

管理人はこのような技術は自国で何年かかっても開発するべきだと思う。なぜなら、軍事技術は買っておしまいではないからだ。その技術からの応用が新たな開発を産むわけで、韓国のように購入したものではそれ以上の開発はできないし、戦車のようにドイツの技術者がいなければまともにメンテナンスすらできないのでは戦争には到底使えない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国防衛事業庁「韓国型戦闘機の核心装備AESAレーダー、国外から購入も」

韓国防衛事業庁が18日、政策説明会で韓国型戦闘機(KF-X)の核心装備である AESA(アクティブ電子走査アレイ)レーダーに関連し、「我々の技術によって開発は可能だと考えているが、最悪の場合、国外からの購入も視野に入れる」 と述べた。その一方で、「現在のところ、国外からの購入は考慮さえしていないというのが公式立場」と説明した。

(http://japanese.joins.com/article/896/215896.html?servcode=200&sectcode=200)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

トランプ氏45%、クリントン氏42% 本選想定の世論調査、トランプ氏がクリントン氏を逆転

トランプ氏45%、クリントン氏42% 本選想定の世論調査、トランプ氏がクリントン氏を逆転

記事要約:韓国経済と韓国の運命を握るアメリカ大統領選。韓国は是非とも、クリントン氏に勝ってほしいと願うわけだが、最近の世論調査だとトランプ氏が46%、クリントン氏が42%と逆転したようだ。つまり、よりトランプ氏がアメリカの次期大統領候補に近づいているわけだ。

管理人はオバマ大統領が選ばれたときも、再選したときもサイトでアメリカ大統領選挙の当日速報をしていたのだが、次はもっと多くの日本人が注目することになりそうだ。もちろん、韓国だけではなく、日本にも多大な影響を与えかねないトランプ氏だ。だが、変化を恐れていてはいつまでたっても良くはならない。

日本は今,どこもかしこも変化というものを嫌う傾向が強い。日本国憲法改正然り、マスコミの電波利権然り、特に既存利益に縋るオリンピックの選定委員などもまさにそれ。デザイン不正から、法外な建築費などのでたらめな予算案。老害が引き起こす弊害といっても言い過ぎではないだろう。

アメリカ国民は彼ならアメリカを良い方向へと導いてくれると思うからこそ,人気が上がっているのだろう。それがどうなるかはわからないが、少なくともクリントン氏より何かしでかしてくれるとは期待できる。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

トランプ氏45%、クリントン氏42% 本選想定の世論調査、トランプ氏がクリントン氏を逆転

米FOXニュースが18日発表した世論調査の結果によると、11月の大統領選本選が共和党の実業家ドナルド・トランプ氏(69)と民主党のヒラリー・クリントン前国務長官(68)の争いになると想定した場合、トランプ氏に投票すると答えた人は45%に上り、クリントン氏支持の42%を上回った。

1カ月前の調査はトランプ氏41%、クリントン氏48%という結果だったが、トランプ氏がクリントン氏より先に党の指名獲得を確実にした勢いに乗り、逆転を果たした形だ。

(http://www.jiji.com/jc/article?k=2016051900232&g=int)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、米金利引き上げ観測ニュースで気がつくと鎌倉幕府(1185)を越えているウォン

SnapCrab_NoName_2016-5-19_10-4-46_No-00

SnapCrab_NoName_2016-5-19_10-5-4_No-00

5月19日、朝の開幕ウォンは1188ウォン。昨日もかなり下げたが今日もウォンのバーゲンセールである。そして、アメリカの金利引き上げが来月に見こまれるというニュースもあり、新興国の通貨は下げ展開である。気がつくと鎌倉幕府を越えており,現在は1189と1180の防衛ラインなんて見る影もない。このままだと来月にならないうちに1200到達しそう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、日産ディーゼル車、同じ実験で韓国は「不正」、英国は「合法」

韓国経済、日産ディーゼル車、同じ実験で韓国は「不正」、英国は「合法」

記事要約:韓国政府が突然、日産のディーゼル車に因縁を付けてきた問題は日韓関係だけではなく、フランスのルノー、さらに、英国まで巻き込んだ外交問題へと発展するようだ。同じ実験をして韓国では「不正」で、英国は「合法」という異なる結果が出ている。しかも、それを伝えているのが韓国メディアである中央日報である。つまり、韓国メディアは韓国政府の発表を鵜呑みにしていないことになる。

日本政府は遺憾ぐらいで済むかもしれないが、ゴーン社長はそんなに甘くないとおもう。そもそも、日産の車は欧州FTAで輸入されているものではないのか。その辺の経路がどうなっているのかは知らないが、だが、中央日報によると不正と判断した理由に信憑性はないという。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~154回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、日産ディーゼル車、同じ実験で韓国は「不正」、英国は「合法」

 「日産が故意に『キャシュカイ』の排ガス量を不正操作した」という環境部の発表をめぐり論争が起きている。環境部の発表とは違い、英国政府は日産のシステムを不正でないと判断した。

中央日報は英交通省が4月21日に発表した報告書「自動車排出ガスプログラム」を単独入手した。日産の排ガス操作はフォルクスワーゲンの不正とは違うという点が核心だ。

報告書は排ガス操作システムを2つに区分している。一つは「実験室パターン認知戦略(Cycle Recognition  Strategy)」だ。特定試験場で温度を20-30度に維持し、空調機を切った状態で車が走行する時の排ガスを測定する。このように規定された状況だ けで排ガス操作システムが作動する場合、これを「実験室パターン認知戦略」と見なす。これは不正だ。フォルクスワーゲンのいわゆる「ディーゼルゲート」が このような方式だった。

もう一つは「温度基盤戦略(Temperature Dependent Strategy)」だ。特定の温度になれば排ガス操作装 置が作動する。日産キャシュカイのように特定の温度(35度)を超えれば排出ガス再循環装置(EGR)の稼働が停止する。英国政府はこれを不正と見なさな い。

では、欧州ではなぜ温度による排ガス操作を認めるのか。車の安全のためだ。特定の状況でエンジンや主要部品を損傷させる場合、排ガス関連装置を操作してもよいというということだ。

これは韓国の法でも通用する論理だ。製作自動車認証告示第2条19は「排ガス関連部品の機能が低下するよう部品の機能を停止・遅延・変調させること」を「任意設定(defeat device)」と定義し、不法に分類する。

しかし同じ告示に「ただし装置の目的が自動車の安全な運行、エンジンの事故または損傷を防ぐために使われる場合には任意設定と見なさない」という例外条項も明記している。英交通省の「温度基盤戦略は合法」という論理と大同小異だ。

英国政府の報告書は、37のディーゼル車種が道路を走行する時に窒素酸化物(NOx)をど れほど排出するかを調査した。実験方式は韓国環境部とほとんど同じだ。結論も似ている。キャシュカイは英国の調査でも1.5グラム/キロという、少なくな い量の窒素酸化物を排出した。環境部のテスト結果(1.67キロ/キロ)と似た数値だ。

しかし不正かどうかという最終結論は正反対だ。英国政府はキャシュカイなどが適用した「温度基盤戦略」を合法で判断した。「この戦略 を適用しなければEGR・エンジンの一部の部品が実質的に損傷するという証拠を確認」したからだ。一方、韓国環境部は16日、同じシステムを不正と見な し、販売中止・リコール命令とともに刑事告発を準備している。

一方、環境部が6カ月前から日産車のEGR駆動方式を認知し、合法と判断したという主張もある。輸入車両認証関連の政府関係者は「昨 年11月に環境部が20分間ほどキャシュカイの排ガス認証試験(NEDC)を実施した」と述べた。当時、環境部は「EGRワーキングロジック(作動原 理)」などの資料を提出させたことが確認された。この資料には「吸気温度が35度以上になればEGRが非活性化される」という内容が記載されていたとい う。これが事実なら「日産が故意に排ガス不正をした」という環境部の主張は信ぴょう性を失う。環境部は当時、日産のEGRシステムを合法と判断し、昨年 11月に「排出ガス証明書(Emission Certification)」を発行している。

(http://japanese.joins.com/article/806/215806.html?servcode=300&sectcode=320)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry