必読!韓国経済、【韓国造船危機】サムスン重工業全役員が辞表、希望退職1500人

必読!韓国経済、サムスン重工業全役員が辞表、希望退職1500人

記事要約:韓国の造船が嘗てない危機を迎えているわけだが、その筆頭がビッグ3と呼ばれているサムスン重工業、現代重工業、大宇造船海洋の3つである。どれも社員のリストラや給料削減などの構造調整を進めているわけだが、サムスン重工業は面白いことになりそうなことがわかった。

何とここに来て、サムスン重工業と労働者が対立する。つまり、大幅な福利厚生の削減を社員が反発しているそうだ。会社が潰れる瀬戸際に労働者が反発することは現代自動車、双竜自動車のストライキでも見られる韓国では日常な光景だった。つまり、再び工場を立て籠もったり、火炎瓶投げたりして抵抗する恐れがある。

仕事ないのだから社員がいくらいようが邪魔なだけ。希望退職者1500人は多いように見えて少ない。管理人は6000人もいるのだから半分以下に減らすべきだと思う。どうせ、無駄に社員を増やしていたのは言うまでもない。しかし、ここに来て韓国の負の一面が全面的に出てきそうな展開に期待を隠せない。工場占拠して反発しようが給料は支払われる。だが、その間に構造調整は進まないのだから倒産は加速する。まあ、どうせ仕事もないんだが。

韓国の労働者は危機の時に助け合おうとかそういうの全くないからな。無理なら希望退職しても仕事がない。そして、全員路頭に迷うことになる。大丈夫だ。破産する前に韓国政府が助けてくれるさ。韓国民の税金で特権階級をすればいい。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

必読!韓国経済、【韓国造船危機】サムスン重工業全役員が辞表、希望退職1500人

サムスン重工業が2018年までに正規職を最大40%まで減らす強力な構造調整を実施する。サムスン重工業の朴大永(パク・デヨン)社長は15日に社内放送を通じ自救計画の主要内容を直接説明した。

この日明らかにされた自救計画によると、サムスン重工業は今年1500人前後の希望退職の申請を受け付ける。自然減少分と分社人材まで含めば年内に1900人の人材を減らす目標だ。

昨年末基準で従業員数1万4000人のサムスン重工業が2018年までに人材を30~40%ほど減らせば最大減員人材は5600人に達する。

造船大手3社のうち最大規模の人員削減だ。経営正常化に向けすべての役員が辞表を提出することもした。彼らは7月から賃金の30%を会社に返上する。朴社長も当分は賃金全額を返上することにした。

社員の福利厚生も大幅に減らすことにした。子女学資金や住宅融資、食費まで全体的に縮小する。ただサムスン重工業は「今後経営状況が改善すれば自救計画を修正する余地はある」と説明した。

また、一部フローティングドックを閉鎖し、3000トン級海上クレーンなど余剰設備も稼動を中断する計画だ。

サムスン重工業は昨年10月から受注実績がない。従業員は反発している。サムスン重工業労働者協議会は会社側に「業務連絡」を送り、「会社側が説明した自救案は絶対受け入れ不可」としてこの日午前に争議を決議した。

協議会側は「会社側が自救案を強行すれば法的責任と物理的な衝突は避けられない」と警告しており今後難航が予想される。

(http://japanese.joins.com/article/002/217002.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ふつうの日本人

エピクロス派の詩人ルクレーティウスは、『物の本質について』(De Rerum Natura)と題する作品を残しています。その第2巻冒頭を樋口勝彦訳(岩波文庫)で見てみましょう。

「大海で風が波を掻き立てている時、陸の上から他人の苦労をながめていのは面白い。他人が困っているのが面白い楽しみだと云うわけではなく、自分はこのような不幸にあっているのではないと自覚することが楽しいからである。

野にくりひろげられる戦争の、大合戦を自分がその危険に関与せずに、見るのは楽しい。とはいえ、何ものにも増して楽しいことは、賢者の学間を以て築き固められた平穏な殿塔にこもって、高所から人を見下し、彼らが人生の途を求めてさまよい、あちらこちらと踏み迷っているのを眺めていられることである。

才を競い、身分の上下を争い、日夜甚だしい辛苦を尽くし、富の頂上を極めんものと、また権力を占めんものと、あくせくするのを眺めていられることである。」