韓国経済、【韓国造船危機】日本、韓国の造船業公的金融支援に問題提起

韓国経済、【韓国造船危機】日本、韓国の造船業公的金融支援に問題提起

記事要約:韓国の造船業公約金融支援に日本が問題提起した。確かに視点を変えれば公的資金の投入はダンピングしまっていた韓国造船を支援するということにも見えなくはない。

このまま公的資金投入して安価受注を続けられたら世界の造船業は結局、韓国の造船に対抗して価格を引き下げることになる。市場の公正な取引とは異なってくる。ようは日本は大宇造船海洋なんていらないのでさっさと潰せということだな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【韓国造船危機】日本、韓国の造船業公的金融支援に問題提起

韓国造船業が経営不振に苦しむ中、経済協力開発機構(OECD)で開かれた造船分野の会議で、日本が韓国の造船業公的支援に問題を提起したことが分かった。

日本の国土交通省によると、第122回OECD造船分野会議が5月23日から24日まで仏パリのOECD事務局で開かれた。今回の会 議では韓国政府の大宇造船海洋再建計画報告があった。これに対し日本側は「韓国の公的金融機関が実施している大宇造船海洋金融支援が市場原理に基づく判断 かどうかについて問題を提起した」と明らかにした。

また、世界単一市場である造船業は1社に対する支援が世界的に影響を及ぼしかねないため、公的支援によ る市場歪曲に関して議論する必要があるという点を指摘した。

このため12月1日に開かれる第123回会議では、韓国造船業の動向を含め、公的支援による市場歪曲について議論することで合意し た。日本は「韓国が造船業公的支援の透明性を高め、市場を歪曲する措置がないよう、次の会議で引き続き造船業の公的支援の本質について議論していく予定」 と明らかにした。

OECD造船分野会議は、世界造船業界が公正な競争条件(不当な政府支援の排除など)を確立するために開かれる。各国政府の造船政策 レビュー、政府支援施策一覧表の作成など各国造船政策の透明性確保のために努力している。主な参加国は韓国、日本、ノルウェー、オランダ、ドイツなど。

(http://japanese.joins.com/article/461/216461.html?servcode=300&sectcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types