韓国経済、中国を訪れる日本人旅行客が250万人に届かず!激減の理由は何?―中国メディア

韓国経済、中国を訪れる日本人旅行客が250万人に届かず!激減の理由は何?―中国メディア

記事要約:近年、中国に訪れる日本人旅行客が激減しているという。その原因は経済とか述べているが、まず誰が見ても大気汚染、水質汚濁といった最悪な環境だろう。それによる中国との外交関係がある。尖閣諸島の接続水域に無断で侵入してくるような中国に対して日本人が快く思うはずもなく、そもそも、旅行しても、突然、スパイ容疑で掴まる可能性だってあるからな。

逆に中国へ訪れる韓国人は増加しているそうだ。韓国は宗主国様への受け入れを着実に進めていて、人民元とウォンの直接取引もスタートした。紙くず以下のウォンが元となる可能性も出てきたわけだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~158回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、中国を訪れる日本人旅行客が250万人に届かず!激減の理由は何?―中国メディア

2016年6月27日、中国網によると、2015年に中国を訪れた日本人旅行客が延べ249万7700人だったのに対し、韓国人旅行客は444万4400人に上った。

2004年以前は日本が中国にとって最大の旅行客送り出し国となっていたが、その後、韓国が1位となった。それでも07年の日本人旅行客は400万人近くいたが、15年は250万人を割るまでに縮小。

15年の訪中日本人客は前年比8.1%減、外国人客に占める割合は10%未満で、6.3%増となった韓国人客は全体の17.1%を占めた。一方、日本を訪れる中国人客は07年の100万人未満から500万人を突破するまでに急拡大している。

この問題について、中国旅遊研究院の関係者は「数多くの原因がある」と述べ、経済情勢や為替レートの変化、プロモーション方法などを挙げる。

さらに、「人口の少ない韓国が日本を超える訪中客を送り出しているということは、日本人の中国旅行への意欲が韓国をはるかに下回っていることを意味する」とも指摘。

データによると、15年に観光目的で中国を訪れた日本人は全体の15.7%(約39万人)で、韓国の45.5%(約202万人)と大きな開きが出た。24歳以下がその国の訪中客に占める割合は日本が6.7%、韓国は10.6%。また、14年に日本人を対象に行われた意識調査で「訪中旅行に興味がない」と答えた人は約60%、「中国に行ったことはなく、数年以内に行くつもりもない」は70%強に上った。

前述の関係者は「この状況の出現には複雑な原因がある」と指摘した上で、「日中双方が旅行客のニーズをいっそう理解する必要がある。これに向けてより多くの取り組みを行うことが最優先」と説明。 「こうすることで、地理的、文化的に近いという強みを生かすことができる」とした。(翻訳・編集/野谷)

(http://www.recordchina.co.jp/a143180.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

2
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
2 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
小林茂歳

空気のきれいな日本から空気の悪い中国へ行く必要性がない。

  支那なんかへ観光に行くという日本人がいまだに250万人もいたというのは、むしろ驚きです。本当の日本人では無く、あの方たちではないのでしょうか? あの方たちの宗主国さま詣でに違いない。きっとそうだ。