【日本の防衛】中国は南シナ海に防空識別圏を設定する権利がある、他国は威嚇するな―中国外務省

【日本の防衛】中国は南シナ海に防空識別圏を設定する権利がある、他国は威嚇するな―中国外務省

記事要約:中国に南シナ海に防空識別圏を設定する権利がある。他国は威嚇するなと中国外務省は述べているが、権利というのはある利益を自分のために主張し、また、それを享受することができる法律上の資格のこと。もう、国際法上のその「権利」を認められないということになったわけだが、中国は一体どの権利から南シナ海の支配を正当化できるのか。そもそも、フィリピンと話し合っても判決は一生消えないぞ。しかも、やり直しもない。

中国が防空識別圏を設定するのは自由だが、それを設定を守る理由は各国にはもうないんだよな。頑張って撃ち落としてみるか?全世界を相手に戦争して勝てるなら挑めばいいんじゃないか?だいたい、領土領空でもないところにどのような設定する自由があるというのか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~166回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

【日本の防衛】中国は南シナ海に防空識別圏を設定する権利がある、他国は威嚇するな―中国外務省

2016年7月13日、中国外務省の劉振民(リウ・ジェンミン)次官は記者会見で、「中国は南シナ海に防空識別圏を設定する権利がある」と表明した。環球時報が伝えた。

中国政府は同日、南シナ海での中国の権利を否定した常設仲裁裁判所の判決に反論する「白書」を発表。

劉氏は防衛識別圏の設定について「判決は一枚の紙切れに過ぎない。フィリピンには2国間協議に戻るよう求めたい。中国は防衛識別圏を設定する権利があり、実行するか否かは今後直面する脅威のレベルによる。他国にはこの機を借りて中国を威嚇しないでほしい。南シナ海を戦争発生地にするべきではない。中国は平和と友好の海にしたいと望んでいる」と述べた。

また、同日発表した「白書」でも、東南アジア諸国は中国とともに南シナ海の平和と安定、航行と飛行の自由を守るべきだと主張。中国の政策は今後も今も変わりはないとした。(翻訳・編集/大宮)

(http://www.recordchina.co.jp/a144798.html)

 

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い

これはおれの縄張りだから口出しするなと暴力団と同じですね。国連に、暴力国取締法を作らなくてはいけないですね。