【日本の防衛】【都知事選】鳥越俊太郎氏、動機は改憲阻止 準備不足「ちゃんとした公約まだ」

【都知事選】鳥越俊太郎氏、動機は改憲阻止 準備不足「ちゃんとした公約まだ」

記事要約:あの鳥越おじいちゃん耄碌しているのにわざわざ都知事なんて目指さなくて良いですよ?東京都の都知事に立候補した理由が改憲阻止とか、意味がわからないんですが。もし、改憲阻止したいなら夏の参院選に出て国会議員になったほうが阻止できたんじゃないか?

まさか、自分が都知事に選ばれたら改憲阻止できるとか本気で思っているなら、ただの耄碌じいさんである。馬鹿なこと述べてないで病院で余生を送ることをオススメする。今さら役立たずの左翼の筆頭が野党に駆り出されるのは哀れだな。民進党はもう少し人材いなかったのか?その前に明らかに勉強不足だよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~166回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

【都知事選】鳥越俊太郎氏、動機は改憲阻止 準備不足「ちゃんとした公約まだ」

「参院選での流れを変える力になれば」。12日、東京都知事選の告示2日前での出馬会見に踏み切ったジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は、改憲阻止が動機であることを明らかにした。
「政治とカネ」で都政が混乱したことを意識し「納税者意識を心に留めて仕事をしたい」と抱負を語ったが、公約策定が間に合わないなど準備不足が露呈した会見となった。
「憲法改正が射程に入ってきていることが参院選で分かった。都知事選で直接問うものではないが、(当選した場合は)都は国とはちょっと違う道を行く」。都内のホテルで開いた会見で、鳥越氏はそう語った。
「アベ政治を許さない」と書かれた紙を掲げる運動の呼びかけ人の1人。今年4月に行われた衆院北海道5区の補選では野党統一候補の応援に入っており、安全保障関連法などをめぐり安倍晋三政権に批判的な論陣を張ってきた。

参院選の結果を受けて11日に出馬を決断したといい、「ちゃんとした公約はできていない」と準備不足を認め、争点を問われた際には「関心がなかったので他候補の公約も読んでいない」と回答。
全国最低とされる東京の合計特殊出生率(1・17)について「1・4で若干、高いといわれている」と発言し、その後に訂正する一幕もあった。
都政の課題に臨む基本姿勢として「公共事業で経済をよくするのはやめよう。少子高齢化や待機児童など目の前にある問題にお金を使っていく」と強調し、東京五輪・パラリンピックについては「全力を挙げて東京を世界に発信する。
費用は都民の立場から税金をむだ遣いしないというのが僕のスタンス」と述べた。

昭和40年に毎日新聞に入社し、テヘラン特派員、サンデー毎日の編集長などを歴任し、その後、テレビ朝日系列の「ザ・スクープ」のキャスターに就任してからはテレビやラジオの場で活動した。
平成17年に直腸がんを手術後、肺や肝臓への転移が見つかり手術を受けた。「がんになる前より元気。がんサバイバー(生存者)が元気に仕事ができる社会を作りたく、その見本として知事ができたらいい」と話した。

(http://www.sankei.com/politics/news/160712/plt1607120069-n2.html)))

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
takajihye

鳥越はすでに「ボケ老人」です。

都知事選出馬会見で「私は昭和15年生まれです。終戦の時には20歳でした。昭和21年に小学校に入った」
TVで47都道府県を「55都道府県」と言ったり、
「中国脅威論は虚構です。どの国が攻めてくるんですか。」とNHKで言ってる。

完全に病気の症状です。

改憲阻止は都知事の仕事じゃありませんよね。そんな知事を持ったら都民が可哀相です。鹿児島県もそうですが、なんだか国政の代理戦争みたいだわ。都市外交と称して、自分の好きなことやっていた舛添と同じ道じゃないか。国民、都民、県民ももっと違うところに視点を置くべきです。しかし、保守の分裂も痛いですね。増田さんは頼りにならん。討論会で小池さんに「小池先生、失礼言ってすみません!」は無いだろ。入れる人がいない。結局野党連合の高笑いか?

大石

鳥越氏は老化による種々の問題もあるかもしれませんが、以前から言葉の使い方には違和感を感じます。彼の話を聴いていて何か落ち着きません。安い芝居を見ているのと似ています。情熱があり、新しい感覚を持った、ダンディーなジャーナリスト役を無理に演じているように見えます。思い付きによおる都知事立候補もこの延長線上にあるものでしょう。