韓国経済、今年の成長率見通しを再度下方修正 2.7%に=韓国中銀

韓国経済、今年の成長率見通しを再度下方修正 2.7%に=韓国中銀

記事要約:韓国の今年の経済成長率が下方修正されて、2.7%となった。だが、管理人は2.5%まで下がると考えているので、この先も韓国経済に良い材料はない。造船の構造調整は始まったばかりだし、10兆ウォンの補正予算を組んだとしてもそれが国会で容易に通過するほど与党は強くないんだよな。時間はかかるだろうな。

今の世界経済は停滞しているので、韓国経済もそれに釣られて停滞しているのが現状。しかし、KOSPIの方は2000台を回復している。一体どこに上がる要素があったのかは補正予算のニュースが原因なのか、よくわからないのだが、一時的な上昇とみている。そもそも、補正予算組んでマイナス修正なのに、どうしてKOSPIがあがるのか。不思議でならない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~166回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、今年の成長率見通しを再度下方修正 2.7%に=韓国中銀

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は14日、韓国の今年の経済成長率見通しを従来の2.8%から2.7%に、消費者物価上昇率の見通しを 1.2%から1.1%に、それぞれ引き下げた。李柱烈(イ・ジュヨル)総裁が月例の金融通貨委員会後の記者懇談会で明らかにした。

韓国銀行は4月にも従来の3.0%の見通しを2.8%に下方修正している。それから3カ月で再び引き下げた。

2.7%という見通しは、昨年の実際の成長率より0.1ポイント高い。また、韓国政府の見通しに比べると0.1ポイント低いが、韓国開発研究院(2.6%)や韓国金融研究院(2.6%)、LG経済研究院(2.5%)、現代経済研究院(2.5%)などの予想を上回る。韓国の成長率は12年が2.3%、13年が2.9%と2%台にとどまった後、14年は3.3%に伸びた。昨年は再び2%台に戻った。

中国の成長鈍化などによる世界貿易の縮小で韓国の輸出は低調で、生産と消費の回復力も弱いことから、韓国銀行は今回の下方修正を決めたとみられる。政府は下半期に10兆ウォン(約9200億円)規模の補正予算を組む計画だが、どれほど効果があるか定かでない。

下半期は造船や海運業を中心とする企業の立て直しや英国の欧州連合(EU)離脱問題などで、不透明感が増す見通しだ。

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/07/14/2016071401343.html)

 

合わせて読みたい記事

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

400
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types