韓国経済、韓国で建設中の巨大な橋がシーソーのように傾く、6人重軽傷=韓国ネット「世界最大のシーソーとしてギネスブックに載る」

韓国経済、韓国で建設中の巨大な橋がシーソーのように傾く、6人重軽傷=韓国ネット「世界最大のシーソーとしてギネスブックに載る」

記事要約:管理人にはよくわからないがどうやったら建設中の橋がシーソーのように傾くのか。出来上がったわけでもないのに橋が傾くなんてどうなっているのか。これに関しては韓国人も呆れているようでそのようなコメントが並んでいる。でも、これば現場の状況を見ないとよくわからないだろう。ということで画像を持ってきた。

SnapCrab_NoName_2016-7-9_6-33-13_No-00

SnapCrab_NoName_2016-7-9_6-33-57_No-00

SnapCrab_NoName_2016-7-9_6-34-31_No-00

2chに貼られているリンクは3枚だが、想像したよりずっと酷かった。何なんだこれは・・・。で、これはシーソー板のように45度ほど傾いた?どう見ても、これ45度じゃないよな・・・。写真を見たら朝から大笑いである。そもそも、これは写真の左側のほうが長いような?こういう橋って真ん中に支柱を立てて左右均等に作るんじゃないのかな?管理人は高速道路の建設中の橋を何度か見たことがあるがこんなに左側が長かった記憶はないのだが、まあ、誰か詳しい人がいれば教えてください。しかし、こんなんで良く世界一の建築技術とかホルホルできるよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~162回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

2016年7月8日、韓国南部、全羅南道の橋の建設現場で、橋脚の上に載っていた床版(路面)部分が大きく傾き、6人が重軽傷を負った。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

8日午前10時57分ごろ、務安郡と霊光郡とを結ぶチルサン大橋の工事現場で、中間地点にあった1本の橋脚が支柱となり路面がシーソー板のように45度ほ ど傾いた。床版の端がぶつかった地点は幸い海岸で大惨事は避けられたものの、橋の上で工事に当たっていた16人のうち6人が橋の下に滑り落ち、1人が重 傷、5人が軽傷を負った。

橋長1.8キロのチルサン大橋は12年9月に着工、国費1629億ウォン(約141億円)を投じ、19年8月の完工予定で工事が進められていた。

報道を受け、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられている。

「まだ完成前でよかった」
「これが韓国の現実」
「橋を発注したのにシーソーを造っちゃったみたい」
「こういう問題の裏には必ず不正が存在する」

「『牛を失ってから牛小屋を直す』(後の祭り)ということわざは、僕らにはぜいたくな言葉になってしまった」
「写真で見ると右に傾いてるね。韓国みたいだ」
「どれだけいいかげんな工事をしたらこんなことが…」
「傾きを直せば使えるんだろうか?いずれにしても実に後進国らしい」

「世界最大のシーソーとしてギネスブックに載る」
「そんな田舎になぜ橋が必要?」
「真ん中の橋脚もすぐに倒れそうだけど…」
「さすが韓国。手抜き、不正、腐敗は僕らの友達さ」

(http://www.recordchina.co.jp/a144329.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types