【日本の防衛】『東京都知事選』~元嫌韓団体代表、桜井誠候補が善戦・・・なぜ?

【日本の防衛】『東京都知事選』~元嫌韓団体代表、桜井誠候補が善戦・・・なぜ?

記事要約:韓国メディアが都知事選で11万票を獲得した桜井誠氏について書いている。善戦したのはなぜなのか?という。相変わらず,的外れな疑問を呈している。簡単なことだ.日本人は韓国人が嫌いなのだ。もっとも、それは表に出ないだけでかなりの数になっている。毎日、反日記事を垂れ流す韓国メディアとTwitterで在日朝鮮人が何でもかんでもヘイトスピーチとしかいわないので韓国嫌いを加速させている。自業自得だがそれがわからないのが韓国メディアである。だから、桜井誠氏が善戦してもなぜなんだとあほみたいなことを述べるわけだ。

だいたい、ヘイトスピーチ対策が出来ても同じなんだよな。なぜなら、今でも韓国人は嫌われることしかしないのだから。嫌いなものをヘイトスピーチだといって止められるものなら、止めたらいいんじゃないか?管理人は嫌韓がなくなるときは韓国との国交断絶以外はあり得ないと考えているし,今,この瞬間にも嫌韓が増えている。韓国人や在日陽線人が態度を改めない限りは同じことである。大体、韓国人を好きになれるところが1つもないのが凄いよな。嫌いになれるところは100以上はあるのに。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

【日本の防衛】『東京都知事選』~元嫌韓団体代表、桜井誠候補が善戦・・・なぜ?

日本で韓国人・朝鮮人を対象に『ヘイトスピーチ(特定人種・民族に対する嫌悪デモ・発言)』を繰り返して来た嫌韓団体の元会長が、先月31日に行われた東京都知事選挙で10万票を超える票を獲得した事が分かった。

1日、東京都選挙管理委員会によれば、嫌韓団体『在日特権を許さない市民の会(在特会)』の元会長である桜井誠(44歳)が今回の選挙で11万4171票(1.7%)を獲得して、21人の候補のうちの5位を占めた。

桜井は当選者の小池百合子、2位の増田寛也(65歳)、3位の鳥越俊太郎(76歳)など、主要の3人の候補以外の群小候補18人の中で2番目に多い票を獲得した。

桜井がこのように善戦した事に対し、様々な意見が出ている。

去る6月に日本でヘイトスピーチ対策法が施行され、嫌韓勢力の立ち位置が無くなるだろうという予想が出ているが、嫌韓勢力を支持する人々が日本社会の各所に依然と存在している事を表したという指摘が出てくる。

一角では桜井が選挙運動を口実に事実上の『ヘイトスピーチ』を繰り返したし、今後は選挙の度に
このような事が再び発生するという懸念も提起されている。

桜井は2014年11月に会長を退くまでの約8年間、在特会を率いて日本で嫌韓デモを主導した
人物である。

ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

1
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
1 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
1 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
小牧のきつね

サイレントマジョリティ。