韓国経済、【リオ五輪・競泳】 「土下座出場」 韓国の朴泰桓(パク・テファン)、200M自由形でも決勝進出ならず

韓国経済、【リオ五輪・競泳】 「土下座出場」 韓国の朴泰桓(パク・テファン)、200M自由形でも決勝進出ならず

記事要約:リオ五輪の話題がまさかの韓国ネタから紹介とは思いもしなかった。ドーピングで出場停止をくらっていたのを土下座して、出場を果たした韓国の朴泰桓(パク・テファン)が得意の200M自由形でも決勝進出にならなかったようだ。これはどう見ても薬が切れたんだろうな?ああ、そうか。水泳だと審判の買収はできないよな。タイムが全てだし。

もう、この選手の記録は抹消でいいんじゃないか。メダル確実とかいいながら、決勝の舞台にすら上がってないとか。記録は薬漬けでないとでないいうことだな。素直に規定の年数まてばいいものを無理に出場してこの結果。これは韓国人から総叩きだろうな。まあ、同情はできんな。韓国人は勝てない選手には石投げるぐらい冷たいからな。しかし、今回は日本選手のメダルは難しいんだろうか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【リオ五輪・競泳】 「土下座出場」 韓国の朴泰桓(パク・テファン)、200M自由形でも決勝進出ならず

ドーピング問題で紆余(うよ)曲折の末、リオ五輪出場を果たした朴泰桓(パク・テファン)が8日午前1時37分(韓国時間)、競泳男子200メートル自由形の予選に出場したが、全47選手中29位になり、決勝に進出はならなかった。

朴泰桓は上位16人で競う準決勝にも出場できなかった。

同日、ブラジル・リオデジャネイロの五輪アクアスティックス・スタジアムで行われた予選第6組に出場した朴泰桓は第2レーンでスタートしたが、序盤から5-6位にとどまり振るわなかった。

8つのレーンで最も遅くゴールした朴泰桓の記録は1分48秒06だった。朴泰桓が持っている200メートル自由形の最高記録は、2010年の広州アジア大会で金メダルを取った時の1分44秒80だが、この日の記録はそれに遠く及ばなかった。

予選第6組では米国のコナー・ドワイヤーが1分45秒95の記録で1位になった。

予選全体の順位では、朴泰桓のライバルとして知られている中国の孫楊が1位の1分45秒75で決勝に進出した。

2位は男子400メートル自由形世界新記録を持つ「ドイツの競泳界の英雄」ポール・ビーデルマンで1分45秒78を記録した。

朴泰桓を指導し、今回SBSで解説者を務めているノ・ミンサン元競泳韓国代表監督は、朴泰桓の試合が終わると「朴泰桓選手は調子が良くないですね」と何度も残念がった。

アン・サンヒョン記者

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/08/2016080800832.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types