日別アーカイブ: 2016年8月18日

韓国経済、THAAD論争、興奮ではなく説得が解決方法だ 韓国が中国を説得するのは不可能なことではない

韓国経済、THAAD論争、興奮ではなく説得が解決方法だ 韓国が中国を説得するのは不可能なことではない

記事要約:韓国が配備を決めたTHAADに対して中国が猛反対をしているわけだが、韓国メディアの迷走ぶりが読んでて痛々しいことこの上ない。いい加減、経済制裁でも何でも勝手にしろ!と啖呵を切らない限りは一生、徐々に追い詰められていくだけなのにな。大国が小国をいじめるなとか。韓国の立場を理解して欲しいとか、中国は経済報復はしないだろうとか。色々な意見がある。そして、なんと韓国が中国を説得できるらしい。

はあ?中国にまで届く迎撃ミサイルを設置して置いて話せばわかるらしい。うん。韓国人の頭がおかしいのは日常的なことであるが、何だろうな。先に攻撃する態勢を整えながら、それについて批判されたら、これは北朝鮮への措置とか、そもそも、中国が北朝鮮に厳しくしないからおくはめになったとか子供の論理を振りかざす。

SnapCrab_NoName_2016-8-18_20-5-54_No-00

普通、対話するなら中国の視点から物事を考えるべきだろう。中国がミサイル飛ばそうとすれば、すぐさまその情報がTHAADのレーダーによって米軍に伝わるのだぞ。軍事的な行動を抑えられたあげく、昨年の軍事パレードにも韓国大統領自らが参加して写真まで撮っておてて繋いだのに裏切られた。そりゃ、中国のお怒りはもっともだ。管理人は中国を擁護する立場ではないが、韓国のやったことは裏切り行為以外になにものでもないからな。

ほら、この写真を見ていただきたい。抗日戦争勝利70年の軍事パレードで朴槿恵大統領だけが黄色い服を着ているから超目立つ。中国の習近平国家主席の右隣という仲良しこよしの配置だ。管理人、これを見て大笑いしたからな。誰が見ても中国の属国に入ったとしか見えなかった。この写真は韓国の黒歴史となるのかは知らないが,普通に2015年を象徴するものだろうな。もちろん、抗日戦争勝利70年パレードなので日本が参加するもないし、米国、欧州も参加してない。まあ、この写真を見てアメリカが激怒したのは想像に難くない。管理人もアメリカの立場からすれば、韓国はもう中国に付いたんだと考えても不思議ではない。そして、アメリカは2つの踏み絵を用意した。

それが年内の日韓慰安婦合意、そして、この韓国へのTHAAD配備決定である。韓国は米韓同盟が切れるのを恐れて2つを泣く泣く同意した。一応、これによってアメリカへの許しは得られたかもしれないが、中国からはこのように経済報復を喰らうことになったわけだ。では、どうやって中国を説得するんだろうか。気になるところを抜き出してみよう。

>米国ももう少し速やかに動くべきだった。在韓米軍に配備されるTHAADは、明白に北朝鮮の弾道ミサイルから韓米連合戦力と韓国国民 を保護することが目的だ。にもかかわらず中国はTHAADについて違った解釈をするかもしれないという点を考慮するべきだった。

いやいや、先ほど書いただろ?これは踏み絵である。踏み絵をしてまで韓国が米国側に付くかどうかを確かめたのだ。そもそも、明白に北朝鮮の弾道ミサイルから韓米連合戦力と韓国国民 を保護することが目的でもない。なぜなら、首都のソウルを守れないからだ。韓国民なんて保護するなんて思っているのは韓国記者だけだ。

>中国はTHAADを韓半島 (朝鮮半島)の現実と関係なく米国とのグローバル競争レベルで見る可能性がある。米中が南シナ海をはじめとする東南アジアやインド洋でも対立しているから だ。したがって米国はTHAADが米中競争の一環ではなく北朝鮮の核・ミサイル脅威に備えた至急かつ必須の武器体系という点について、事前に中国の了解を 求めるべきだった。また北朝鮮の核・ミサイルが除去されれば、THAADを撤収できるという点も明確にする必要がある。米国と中国がこの十数年間、北朝鮮 の核廃棄に努力してきた過程を考えると、中国説得は不可能なことではない。

この記者もあほだな。米国の目的が中国やロシアの牽制なのは見ての通りだ。北朝鮮が云々なんて韓国を釣るための餌に決まっているだろ。ちょっと時勢が読めなさすぎではないか?素人の管理人にすら突っ込まれていいのか。後、事前に中国の了承なんて得られるわけないだろう。後、北朝鮮がミサイルを撤去する前に韓国が滅びている確率の方が高いと思う。

最後も笑えるな。中国が北朝鮮の核放棄に努力してきた?中国が北朝鮮から元を取り上げるだけで、北朝鮮が内部崩壊させることができるのに?ちょっと妄想がすぎるんじゃないか。どう見ても,裏で中国が北朝鮮の核実験を承認していたのだ。おそらく、北朝鮮のミサイル実験データはすでに中国が入手しているのだろうな。用は核実験への批判が中国に出るのは避けたいから、代わりに核実験をさせている。そう考えれば,色々と辻褄があってくる。なぜなら、あれだけ核実験をおこなっていた中国がある時期にぴたりと止めたものな。

> 今はもう在韓米軍THAAD配備について興奮を抑え、落ち着いて話そう。THAAD配備 は数年以内に現実に近づく北朝鮮の核搭載弾道 ミサイル脅威に備えて避けられない側面があった点を認める必要がある。THAADレーダー波の有害問題やTHAADレーダーが中国ミサイル基地を探知・追 跡するという誤解も、当初に比べてかなり解消された。そうであっても韓民求長官は星州住民の心理的な苦痛を深く理解し、星州のいかなる提案についても熟慮 し、解決策の準備に最善を尽くすことを望む。

北朝鮮のミサイルの脅威があろうがなかろうが、今のミサイル防衛体制でも何とかなるだろう。しかも、日本がTHAAD配備すれば韓国のTHAAD配備なんてまずいらなかった。つまり、そんな側面はない。いや、解消されてないです。中国の基地だけレーダーが映らないとか、それこそ凄い技術だわ。THAADの苦痛てなんなのだ?いまいちこれがわからない。少なくともその住民の周辺は守られるわけだが・・・。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、THAAD論争、興奮ではなく説得が解決方法だ 韓国が中国を説得するのは不可能なことではない

在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備をめぐり韓国・米国政府がともに説得に動 き出した。韓民求(ハン・ミング)国防部長官は昨日、慶尚北道星州郡(ソンジュグン)を訪問し、住民を対象に懇談会を開いた。韓長官は北朝鮮弾道ミサイル 高高度迎撃用であるTHAADを星州に配備することになった経緯と、星州住民の了解をあらかじめ得ることができなかった事情を説明した。

その前日の16日 にはマーク・ミリー米陸軍参謀総長が中国北京で中国人民解放軍の李作成陸軍司令官に会った。海外メディアによると、ミリー総長は李司令官に「THAADは 中国にとって脅威にならない」と強調した。

政府と米国が遅くなったとはいえ星州住民と中国に対してTHAAD配備に関する積極的な釈明に動き出したのは幸いだ。しかし事態がこうなるまで放置した責任は免れない。THAAD配備の正当性はさておき、過程上の問題だ。

先月13日に国防部がTHAAD配備を発表した直後から国民と政界は賛成と反対に分かれた。THAAD配備に反対する一部の星州住民 は鉢巻きをして集団デモを行った。政治家らも星州に行った。THAAD配備に関する多くの怪談が出てきたが、国防部はまともに対応できなかった。今でも多 くの国民がTHAADに関する歪曲された内容を事実として受け止めているのが実情だ。

さらに公務員さえもTHAADが北朝鮮弾道ミサイルを効果的に迎撃す るのか、必ず配備しなければいけないのかと、疑問を提起している。内部も管理できない政府が情けない。これらすべてのことが、国防部がTHAADの配備過 程で発生し得る問題と誤解に対して十分に準備できなかった結果だ。THAAD問題が終われば、関連担当者に責任を問う必要がある。

米国ももう少し速やかに動くべきだった。在韓米軍に配備されるTHAADは、明白に北朝鮮の弾道ミサイルから韓米連合戦力と韓国国民 を保護することが目的だ。にもかかわらず中国はTHAADについて違った解釈をするかもしれないという点を考慮するべきだった。

中国はTHAADを韓半島 (朝鮮半島)の現実と関係なく米国とのグローバル競争レベルで見る可能性がある。米中が南シナ海をはじめとする東南アジアやインド洋でも対立しているから だ。したがって米国はTHAADが米中競争の一環ではなく北朝鮮の核・ミサイル脅威に備えた至急かつ必須の武器体系という点について、事前に中国の了解を 求めるべきだった。また北朝鮮の核・ミサイルが除去されれば、THAADを撤収できるという点も明確にする必要がある。米国と中国がこの十数年間、北朝鮮 の核廃棄に努力してきた過程を考えると、中国説得は不可能なことではない。

今はもう在韓米軍THAAD配備について興奮を抑え、落ち着いて話そう。THAAD配備は数年以内に現実に近づく北朝鮮の核搭載弾道 ミサイル脅威に備えて避けられない側面があった点を認める必要がある。THAADレーダー波の有害問題やTHAADレーダーが中国ミサイル基地を探知・追 跡するという誤解も、当初に比べてかなり解消された。そうであっても韓民求長官は星州住民の心理的な苦痛を深く理解し、星州のいかなる提案についても熟慮 し、解決策の準備に最善を尽くすことを望む。

(http://japanese.joins.com/article/540/219540.html)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【韓国造船危機→韓国金融危機】大宇造船海洋の大規模損失に震える韓国金融業界

韓国経済、【韓国造船危機→韓国金融危機】大宇造船海洋の大規模損失に震える韓国金融業界

記事要約:今回の記事を読む前に前回のリンクを貼っておく。ほぼ続きものなので前回の記事を読んでからにして欲しい。

韓国経済、【韓国造船危機】日本造船業、約7年ぶりに世界受注1位に

前回は日本の造船業が約7年ぶりに世界受注1位になったことを伝えて,その理由を解説した。簡単に言えば、高い技術力、採算の取れない造船受注の禁止。風呂敷を広げすぎない経営方針への転換、そして、顧客への信頼とブランド価値の向上。これら4つが日本の造船業を自然とシェア1位へと返り咲いた。もう少し付け加えると、民主党政権時代に起きた76円という空前絶後の円高でもなんとか耐えてきた。あの円高を乗り切ったのは凄いと思う。

本当,民主党政権が後数年ほど続いていたら日本産業はもっと壊滅的な打撃を被っただろう。東日本大震災が起きて良かったとは微塵にも思っていないが、もし、起きていなければ民主党政権時代はおそらく続いていた。どっちが良かったんだろうな。歴史にifはないのであまり考えても意味はないが。

話がずれてきている。では、前回の最後に触れた韓国造船危機が韓国金融危機を招くという話題についてだ。すでにタイトルに書いてあるとおり、韓国の大手造船ビッグ3の中核であるは大宇造船海洋は大規模な損失を出しており、稼いだ分、以上の大赤字となっている。当然、銀行から多額の融資を受けてこの有様。これについては記事に詳しく書いてあるのでまずは抜き出してみる。但し、この記事は2015年7月16日の記事である。今はもっと酷い。

何で、この記事を持ってきたかは韓国経済が順調に回復している数値と造船の構造調整による経済の影響が乖離しすぎているからだ。

>韓国の銀行の大宇造船海洋に対する信用供与額は21兆7000億ウォンに上る。 貸出債権、有価証券、確定支払い保証のような信用供与額をすべて合わせた金額だ。銀行別に見れば輸出入銀行が12兆5000億ウォンで最も多く、産業銀行 が4兆1000億ウォン、農協が1兆6000億ウォンと続く。都市銀行ではハナ・外換銀行の1兆95億ウォンに続き国民銀行が8967億ウォン、ウリィ銀 行が5469億ウォン、新韓銀行が4087億ウォンの順だ。

このように書いてある。21兆7000億ウォン。日本円で直すとおよそ2兆1千億円となる。日本の大企業でもこのような莫大な負債を持っているところはソフトバンクぐらいしか思い付かない。そして、この2兆円が大宇造船海洋が構造徴税に入り、借入金がほとんど返ってこなくなれば、そりゃ、銀行は大慌てである。2兆円の借入金がそのまま不良債権になる。この手のニュースで大宇造船海洋の株価だけではなく、韓国銀行の株価も軒並み売られる。

>この日の株式市場では大宇造船海洋の株価が損失報道によりストップ安となり8750ウォン まで落ち込んだ。2003年3月以降12年 4カ月ぶりの最低値だ。社債価格も前日より19.6%下がった7960ウォンを記録した。ハナ金融が7.62%、ウリィ銀行が5.5%下がるなど銀行株も 一斉に下落した。

このように書いてある。このチャートが面白いのでお見せしよう。

SnapCrab_NoName_2016-8-18_15-23-35_No-00

これが大宇造船海洋の5年間の株の動き。2014年からナイアガラの滝みたいに下がっている。ピークが37175.00が今は4085.00である。およそ9倍以下になっているわけだ。本当、虫の息状態だということがよくわかるんじゃないだろうか。それでも潰せば13000人が職を失う。GMやJALのように大きすぎて潰せないというのがたまにあるが、これもその1つに数えられるだろう。管理人は2兆円の損失に銀行が耐えられるかに注目しているのだが、この記事から1年経過しても具体的な損失は確定していない。

確定したらしたで莫大な税金がどれだけ投入されるのか。国民の理解はえられるのか。そもそも、責任は誰が取るのかという問題もある。特に責任の所在が曖昧なままに大量の税金投入は韓国民は納得しないだろう。ウォン安で散々儲けておいて、数年、経ったらこの有様である。

管理人はこのような税金投入は無駄だし,失った信頼はかえってこない。なら、こんな無駄なことはしないで失業対策に税金投入して、リストラ危機の社員に仕事を斡旋した方がいいんじゃないかと考えている。少なくとも経営の失敗は明らかなのだから、このままゾンビのように存続させても、再び同じことを繰り返すに決まっている。しかし、決めるのは韓国人だ。韓国人は無駄な物に税金投入するのは大好きだからな。

設計図から間違えてそうな長さの違う橋とか、ジェットコースターみたいな地下鉄の線路とか、全自動といいながら、開通直後8分で止まるリニアもどきとか。先端地下鉄といいながら開通した日に3日止まる、中には試運転で客を一回も乗せないで廃棄される列車とか上げれば色々ある。そういった無駄な物に税金を投入している余裕が韓国にあるかは知らないが,今後の韓国経済を考えるなら管理人は大宇造船海洋は破産させるべきだとおもう。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、【韓国造船危機→韓国金融危機】大宇造船海洋の大規模損失に震える韓国金融業界

大宇造船海洋の大規模損失をめぐる影響が銀行圏に広まっている。大宇造船海洋が構造調整に 入れば銀行からの借入金をまともに返せなくなるためだ。大宇造船海洋は2011年に受注した反潜水式ボーリング船などで出した2兆ウォン台の損失を今年第 2四半期の業績に反映することにした。

NH投資証券が15日に明らかにしたところによると、韓国の銀行の大宇造船海洋に対する信用供与額は21兆7000億ウォンに上る。 貸出債権、有価証券、確定支払い保証のような信用供与額をすべて合わせた金額だ。銀行別に見れば輸出入銀行が12兆5000億ウォンで最も多く、産業銀行 が4兆1000億ウォン、農協が1兆6000億ウォンと続く。都市銀行ではハナ・外換銀行の1兆95億ウォンに続き国民銀行が8967億ウォン、ウリィ銀 行が5469億ウォン、新韓銀行が4087億ウォンの順だ。

この日の株式市場では大宇造船海洋の株価が損失報道によりストップ安となり8750ウォンまで落ち込んだ。2003年3月以降12年 4カ月ぶりの最低値だ。社債価格も前日より19.6%下がった7960ウォンを記録した。ハナ金融が7.62%、ウリィ銀行が5.5%下がるなど銀行株も 一斉に下落した。

大株主である産業銀行を含む債権団は、損失が確定した場合には大宇造船海洋の構造調整に入ることにした。ひとまず貸付の満期延長の代 わりに資産売却、人材縮小を要求する自律協約に重点を置いている。構造調整では損失を解消しにくいが法的強制性があるワークアウトなどに入るほどではない との判断からだ。しかし自律協約に入るだけでも1万3000人の大宇造船海洋従業員だけでなく納品会社従業員まで雇用不安に陥る。

NH投資証券のチェ・ジンソク研究員は、「韓国銀行が成長見通しを2%台に下げた状況で主債務系列である大宇造船までぐらつけば景気回復は容易でないだろう」と話した。

(http://japanese.joins.com/article/225/203225.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|article|related)

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【韓国造船危機】日本造船業、約7年ぶりに世界受注1位に

韓国経済、【韓国造船危機】日本造船業、約7年ぶりに世界受注1位に

記事要約:日本の造船業が約7年振りに世界受注1位となったそうだ。気がついたら日本の造船が勝ってしまったようだが、別にこれは不思議でも何でもないんだよな。韓国の造船は当サイトでも散々,特集してきたとおり、深刻で危機的な状況であり、1位の中国は経済不況。鉄鋼需要が有り余っているということは大量に鉄を使う造船業が儲かっていないのは明白である。さらに述べれば中国の造船業のシェア1位は国内受注が大半である。つまり、中国国内からの注文だから、海外で中国の造船が認められていたわけでもなんでもない。

つまり、3位の日本が風呂敷を広げないように、顧客を失わないように堅実に仕事をこなし、技術を磨いてきた。そういった積み重ねは世界が不況だろうが、船の受注はある程度あるし、そもそも、日本は韓国や中国が造れない高い技術力が船を生産できるので日本が自然と上がってくるのもまた必然なんだよな。

韓国お得意のスマホ市場で、ドンだけスマホを純金製にして売ろうがせいぜい100万超えるか,超えないかだろう。だが、船は1隻、受注すれば数千万はざら。クルーザー1台ですら数百万。新型で数千万。当然、顧客は金持ちなので最新鋭が売れるわけだ。これが運送用のタンカーとかになれば数億円の世界。どれだけ顧客をしっかりと掴むが非常に重要な分野である。

その顧客を自分たちで失った韓国造船企業が軒並みを売上を減少させたのは見ての通りだ。構造改革がどうとかじゃないんだよな。失った信頼やブランド価値というものは商品が高額であればあるほど計り知れない。そういった意味で韓国造船企業の没落は採算も取れない低価格で安易に受注し、大量の受注に生産が追いつかなくなって、期限までに納期できないなどでクライアントを怒らせた。そして、世界の不況、原油価格の下落で得意先の中東で相次ぐ船のキャンセルと重なってしまう。

この事からわかることは儲かっているからと安易に造船工場を増やしてはいけないてこと。結局,韓国の造船業は半分以下に縮小するような感じだ。つまり、造船業で働く2万人以上はリストラされることになる。韓国のビッグ3すら危うい状態だから仕方がないとはいえ、結局、技術もない韓国の造船がシェアを維持するのは不可能だということになる。

ただ、韓国政府が造船業を救おうとして構造調整に着手している。これは産業銀行からの融資も増大させており、韓国民の税金が投入される。しかし、ウォン安で散々儲けていた韓国の造船業が危機的な状況だから、税金投入するのは日本やEUといった造船メーカーから批判が来ている。ようはダンピングしといて、危機になったら助けてもらうというご都合主義の見方もできるわけだ。経営の杜撰さが造船危機を招いたことは言うまでもない。

さて、実は韓国の造船の動きで興味深い出来事がある。先ほど、韓国政府が構造調整に着手しているという話をしたが、大宇造船海洋の構造調整が始まれば、借入金がまともに返せなくなる。つまり、莫大な損失が銀行にふりかかることになる。これが韓国金融危機である。管理人は韓国の造船危機は,深刻な金融危機を招くと昨年からずっと指摘したが、それが今にも始まりそうな感じである。しかも、その兆候を危惧するNewSもある。次回はそれを見ていこう。(続く)

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

日本が韓国と中国を抜いて先月の造船受注実績で世界1位を記録した。

6日、グローバル造船海運市況分析機関「クラークソン」によると、先月の世界船舶発注量は215万7000CGT(標準貨物船換算トン数、68隻)で前年1月比213%、前月比84%も減少した。

世界造船市場の規模が急激に縮小する中で、韓国造船会社はこのうち30.9%である66万7000CGT(10隻)を受注した。昨年同期間より173%、前月に比べ214%も減った。

中国造船会社の受注量は昨年より678%、前月より107%も減少した37万9000CGT(32隻)で占有率17.6%を記録して3位に落ちた。

半面、日本造船会社の先月受注量は99万1000CGT(14隻)で占有率を45.9%として1位に返り咲いた。前月に比べ受注量が 77%増えたのに伴うものだ。日本が月別受注量で受注量1位となったのは2008年3月以降6年10カ月ぶりだ。日本は昨年韓国を抜き3度にわたって2位 を記録すると、ついに1位まで上った。

これは台湾国籍船社「エバーグリーン」が発注した2万TEU級コンテナ船11隻を大量受注したのが受注量急成長の一因として作用し た。1カ月間の実績なので推移を判断するにはまだ早いが、新年初月に日本造船業の受注量がこのように急成長したことは円安をベースに価格競争力を高めたの が奏功したためと分析される。

(http://japanese.joins.com/article/358/196358.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|article|related)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国GDP、9年ぶりに世界11位を回復 日本・中国はトップ3に(2016年、世界の最新GDPランキング)

韓国経済、韓国GDP、9年ぶりに世界11位を回復 日本・中国はトップ3に

記事要約:なんていうのかこういうのを棚からぼた餅というのだろうか。韓国のGDP順位が11位になった理由が原油価格の下落によるロシアとオーストラリアが順位を下げたことでの繰り上げである。ロシアが34.7%、オーストラリアが7.9%減少らしい。特にロシアは酷いな。さすがにこれだけ減らしたことに驚きだ。

資源産出国はこうなってしまうと厳しいよな。原油や天然ガスなどの価格が上がればそれなりに経済が回復するが、すでに科学技術の発達で代替エネルギーが出てきてる以上、元には戻らない。ソビエト連邦が解体したときの経済も酷かったが、ロシアになってからようやく混乱から立ち直り、それなりの力を見せつけようとした矢先の逆オイルショック。タイミング的にアメリカとOPECが仕掛けたともいえるわけだが、もう、韓国にすらGDPを負けているところに大国の凋落を感じずにいられない。

でも、ロシアだからそのうち盛り返すだろう。むしろ、今こそ北方領土を買取できるんじゃないだろうか。結構な金になると思うが領土回復は極めて重要だ。ロシアもこれ以上、領土を広めて開発しても財政的に厳しいのは痛感しているだろう。資源の希少性というのは時代や科学技術の向上によって本当に変わるものだな。

このような酷い有様なので韓国がロシアより上となった。では、韓国が2017年にこのままトップテン入りするかどうかだが、これはちょっと難しい。韓国の最高順位は11位。並べとくとこうなる。

■2016年、世界の最新GDPランキング

1位 アメリカ 17兆9470億ドル

2位 中国 10兆8664億ドル

3位 日本 4兆1233億ド ル

4位 ドイツ 3兆3558億ドル

5位 英国 2兆8488億ドル

6位 フランス  2兆4217億ドル

7位 インド 2兆735億ドル

8位 イタリア 1兆 8148億ドル

9位 ブラジル 1兆7747億ドル

10位 カナダ 1兆5505億ドル

11位 韓国 1兆3779億ド

12位 オーストラリア 1兆3396億ド ル

13位 ロシア 1兆3260億ドル

14位 スペイン 1兆1991億ドル

15位 メキシコ 1兆1443億ドル

以上。GDPランキング。韓国とオーストラリアの差はそれほどない。一方、10位のカナダとの差は1726億ドルだろうか。仮に韓国が今年、GDPを2.6%増やしたとして358億ドルである。つまり、カナダが現状維持するだけで韓国のトップテン入りはない。ただ、上位ランキング見ても一気にGDPが増えそうな国はインドぐらいしかない。ブラジルで今,リオ五輪が開かれているが,いまいち,経済が順調そうにもみえない。日本、ドイツ、英国はそれなりに現状維持するとして、後は中国だろうか。

しかし、中国が10兆ドルというのもまた信じられないな。まあ、信じるような根拠はない。鉄鋼の過剰供給で値段が急激に下がっているところを見ればどう考えてもマイナス成長なんだよな。それが7%とか高い成長を出来るはずもない。統計データは信じられないので目安にするものがなかなかない。それとこれドルを基準にしているので、中国が元安政策に踏み切ればGDPは少しは下がると思われる。逆に日本は円高、ドル安になればGDPは増加するが、過度な円高はあまり好ましくない。だが、アメリカは強いな。これでも衰えた方だといわれるのが恐ろしいな。

アメリカの強さは群を抜いている。数年前までは基軸通貨のドルが元に変わるとか言われたこともあったが、どう見ても,今後10年ぐらいはその心配はなさそうだ。後はイギリスだな。EUを抜けてイギリスがどうなるのか。

中国傾斜に向かわずに日本と同盟を組んで日英同盟復活を管理人は望んでいるのだが、どうなんだろうか。EU抜けてもGDPだけ比べてもイギリスが先進国であることは言うまでもない。そして、イギリスは海洋国家である。日本と組めば中国を背後から突いてもらえるのだが。ネイビーブルーのイギリス海軍の制服と同盟促進は日本にとって今後、必要になる,

日英同盟ついては以前触れたが、日本がこの先、中国に対抗するにはNATO加盟か、日英同盟の促進などの軍事的な同盟が不可欠となる。ドイツやフランス、EUという手もあるが、EUと同盟するのはかなり難しいだろう。一国ずつ交渉しているだけで中国が攻めてきそうだ。それほど時間は残されているとは思えない。しかし、今の状態は日本にとっては外交的なチャンスである。北方領土をソビエト連邦が崩壊したときロシアから購入を検討していた日本政府。今がその時ではないのか?

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~170回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国GDP、9年ぶりに世界11位を回復 日本・中国はトップ3に(2016年、世界の最新GDPランキング)

韓国の国内総生産(GDP)規模が9年ぶりに世界11位に入った。

16日、韓国投資銀行業界によると、世界銀行(WB)が集計した2015年の韓国の名目GDPは1兆3779億ドル(約138億円) で世界11位を占めた。韓国の名目GDPランキングは2001年12位から2002~2004年11位、2005年には10位まで上昇した。しかし、 2006年11位、2007年13位、2008年15位と徐々に順位を下げていた。その後、2009年から2013年まで14位にとどまっていたが、 2014年13位とランクを1つ上げたことに続き昨年は2ランク上げた。昨年、韓国のGDPランキングが上昇した背景には、前年それぞれ10位と12位 だったロシアとオーストラリアのGDPが原材料価格の下落などで大きく下がったことが挙げられる。

韓国のGDPは2014年と比べて2.4%ほど減少したが、ロシアとオーストラリアはそれぞれ34.7%、7.9%の減少幅を記録し、その差が大きいことが分かった。

一方、昨年のGDP世界1位は米国(17兆9470億ドル)が占めた。次いで中国(10兆8664億ドル)、日本(4兆1233億ド ル)、ドイツ(3兆3558億ドル)、英国(2兆8488億ドル)、フランス(2兆4217億ドル)、インド(2兆735億ドル)、イタリア(1兆 8148億ドル)、ブラジル(1兆7747億ドル)、カナダ(1兆5505億ドル)が10位圏に入った。韓国の次はオーストラリア(1兆3396億ド ル)、ロシア(1兆3260億ドル)とスペイン(1兆1991億ドル)、メキシコ(1兆1443億ドル)などが続いた。

(http://japanese.joins.com/article/475/219475.html?servcode=300&sectcode=300)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry