韓国経済、サムスン「ギャラクシーノート7」、米航空機に続き高速鉄道まで持ち込み禁止に

韓国経済、サムスン「ギャラクシーノート7」、米航空機に続き高速鉄道まで持ち込み禁止に

記事要約:サムスン電子のギャラクシーノート7が米航空機の機内だけではなく、高速鉄道まで持ち込み禁止となった。まあ、当然、これは時間の問題だった。そもそも、爆弾スマホが空の上だけ禁止に終わるはずはなかった。

ただ、普通の電車や地下鉄などでは乗客のスマホ調査するのは大変手間がかかる。でも、高速鉄道で禁止になれば、それが他の鉄道に影響するのは必至だろう。他にもライブやコンサートといった人が多い場所への持ち込み禁止。公共場での持ち込みも禁止。そもそも、所持禁止までまだまだあるが、最終的にはそこに行き着くだろうな。

しかし、一番の問題はこれバッテリーを外そうとしたら発煙したというもの。マジで致命的なんだよな。安全に持ち運べる手段がないことになる。そして、事故の原因についてもいまだに解明できてないことを見れば、サムスン製のスマホ全体に関わる不具合の可能性が高い。

つまり、もうスマホの制御回路、プログラムといったもの企業が秘密にしているブラックボックスになる。サムスンがそれを発表できないとしたら、仮にそれが知れると莫大な損失になってしまうことを恐れているからになる。なら、いくら問題を突き詰めても表に出ないことになる。もう、サムスン電子は全てのギャラクシー製品を回収するべきなんじゃないか?本当に悲惨な事故の引き金になりかねない。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~182回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、サムスン「ギャラクシーノート7」、米航空機に続き高速鉄道まで持ち込み禁止に

サムスン電子の「ギャラクシーノート7」が米国での機内持ち込みが全面禁止されたのに続き、高速鉄道持ち込みも禁止された。

21日(現地時間)米国の鉄道旅客公社(Amtrak)カリフォルニア所属のPacific Surflinerは「安全の問題で、今後はサムスン電子のギャラクシーノート7を持ってAmtrakの列車や高速バス、鉄道駅とプラットフォームを利用することが禁止される」と明にした。

米国の鉄道公社の今回の措置は、バッテリー発火問題で生産中止された「ギャラクシーノート7」をまだ交換ができていない乗客が列車に乗車する場合、発生し得る安全問題に備えるためだ。

米国政府が交通手段利用時の「ギャラクシーノート7」持ち込みを禁止したのは航空機に続き、高速鉄道が2番目だ。先立って16日、米国連邦航空局(FAA)は「ギャラクシーノート7」機内持ち込みを禁止したのに続き、危機をこっそり持って搭乗した場合、最大17万9933ドル(約1880万円)の罰金に処することにした。

機内持ち込み禁止は米国をはじめ全世界に拡大した。すでに日本、マレーシア、シンガポール、アラブ首長国連邦(UAE)、英国、ニュージーランド、ドイツなどが「ギャラクシーノート7」の機内持ち込みを全面禁止した。

韓国でも国土交通部の命令に従い「ギャラクシーノート7」機内および手荷物持ち込みが禁止された。これにサムスン電子は去る15日からまだ「ギャラクシーノート7」を交換や払い戻しできていない顧客が海外を訪問する場合、使用できる代替機を仁川と金浦、金海空港にレンタルコーナーを設けて支給している。

(http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/1021/10176265.html)

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
3 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
佐藤

これ、件の外人はGN7の内蔵バッテリーを強引に引っこ抜いたということです。
つまり、内蔵バッテリーだから、サムスンの保証対象ということ。
そして、その外人は警備員の注意に反抗した。。。
よって、関空はその外人の国籍を公表し、日本国内でその国籍の国に、人命に関わることだから、反抗せず協力するよう要請すべき。まあ、韓国人だろうけど。

ななしちゃん

ほぉわ!
サムスン狩りが始まったww
ワクテカww

ss65

「こっそり持って搭乗した場合、最大17万9933ドル(約1880万円)の罰金」
すごいな~、米国連邦航空局と鉄道旅客公社から訴訟が起きたらどうなるんだ、検討がつかん、しかも全世界に拡大して警備費用請求されたら ? ?、
あまりも大きすぎて、検討もつかん、いったいどの位の金額になるんだ?。。。