韓国経済、人民元が急落…中国で高まる「国外資金流出」の危機!政府は沈静化に必死だが…

韓国経済、人民元が急落…中国で高まる「国外資金流出」の危機!政府は沈静化に必死だが…

記事要約:今日は2016年10月31日で月末なわけだが、今、韓国は政治も経済も崖っぷちにいる。2時間のサスペンスドラマで述べると真犯人がわかって真相をべらべら語ってそのまま崖にダイブしようとしているところだ。ドラマならここで主人公が説得をして改心した犯人が涙を流した後に警察がのこのこ現れるわけだが、現実にはそんなものは存在しない。むしろ、真相を知ろうとすると警察組織そのものに消されかねない。といった状況である。

国家の最高権力者が真犯人て怖いよなあ。なんと理不尽だと思うかもしれないが、管理人は【仮】朴槿恵政権は市民から2万人のデモで退陣を要求されながらもそのうち反撃に出ると考え直している。それの象徴が韓国検察が大統領府で入手したのは、任意に提出された資料ばかりだったそうだ。

韓国メディアは「強制捜査」と騒いでいたが、実際に検察がやったのは強制捜査でも何でもなかった。しかも、既に証拠となる資料は廃棄されている可能性が高いという。つまり、大統領に権限を与えすぎているために独裁を防ぐことが容易ではなく、真犯人がわかってもそれを公に逮捕する機関が犯人側に存在する。

サスペンスドラマを見ている視聴者にとって「なんだ、こんなふざけた展開は」と感じるわけだが日本と韓国ではここが違う。そこは舛添氏の出来事を見ればわかる。支持率14%、2万人の退陣デモが起きていても検察が何もできないなら朴槿恵大統領は辞任などせずに最後まで居座る可能性があるということだ。

でも、それはそれで面白いんじゃないか。人生は筋書きのないドラマというじゃないか。そして、次回作が始まる。タイトルは「真犯人は国の最高権力者!?神権政治を行っていた大統領の反撃!」といったところだ。なら、前作のタイトルは「無実の記者が突然の逮捕!悲劇の海難事故に隠された衝撃の真実」といったところだ。ちなみにこれは「三部作」である。

とまあ、今朝からこのようなことを考えていたのだが、全然、記事の話に進んでいないな。人民元が急落しているという話だ。以前に解説したとおり、中国経済の失速はそのまま韓国経済に悪影響を与える。今の中国依存は24.5%なので韓国経済にとって、既に崖っぷちなのに、これ以上の問題を増やさないで欲しいといったところだ。でも、問題が起きているのだからそれを見ないわけにはいかない。

だが、崩壊するとずっと言われ続けている中国経済はまだ持っている。このしぶとさがどこまで続くのか。そりゃ、もうすぐディストピアの世界を始めるわけだから、中国から資金を移そうとする不埒な輩は食い止めないといけない。管理人は多少の混乱があろうがなかろうが、中国政府は強権を発動してでもこの人民元安と通貨流出危機を抑えようとすると考えている。そもそも、内部のデータは捏造だらけで何を信じていいかすらわからない。

外貨準備高が底をついているという話が本当なら、もし、市場でパニック売りが起これば介入する弾がないので人民元安や株安を止めるには市場での「売り」を禁止するしかない。何を述べているのかと思うかもしれないが、中国は本当にそれをやるから怖い。

管理能力もなにもどう見てもばば抜きだからな。このまま行けばドイツ銀行がジョーカーを持ったままそのまま破産というシナリオも万が一だが想定できる。きっかけとなりそうなのは米国の大統領選挙の後の利上げか。ということは12月辺りが怖いな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~184回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、人民元が急落…中国で高まる「国外資金流出」の危機!政府は沈静化に必死だが…

10月に入り、人民元の米ドルに対する下落基調が鮮明化している。為替市場でまとまった元売りが出ても、当局の介入は手控えられているようだ。10月初旬からの人民元安のペースを見ると、主要通貨との対比でもその下落ペースはやや急だ。

人民元安の原因の一つに、先行きの中国経済に対する懸念から、国外に資金を移そうとする動きが加速していることがある。中国の民間セクターの債務は、経済成長率を上回るペースで増加してきた。債務に支えられて住宅投資(投機)やインフラ開発が進み、それが経済をサポートしているが、この状況が長期間にわたって持続可能とは思えない。

17日には、ドル建てで取引されている上海B株市場が一時7%程度急落した。人民元安は、徐々に国内の金融市場にも影響を与え始めている。中国経済の自律的な回復期待が抱きづらいなか、当面、人民元は軟調に推移するだろう。それが世界の金融市場にどう影響するか慎重に考えなければならない。

当局想定より急下落した人民元

9月末まで中国人民銀行(中央銀行)は積極的な為替介入を行い、ドル/人民元の為替レートを6.66~6.68元台に誘導してきた。

10月1日、人民元が国際通貨基金(IMF)の定める特別引き出し権(SDR:通貨危機などの際、加盟国から外貨を融通してもらう手段)に採用されるのを控え、中国は過度な売り圧力を排して先行き懸念を抑えたかったのだろう。

ところが、10月に入ると一転して為替介入は手控えられている。為替トレーダーらと話をしていると、中国の国有銀行からまとまったドル売り注文が出されてはいるものの、それが実需(貿易に関連する為替取引)なのか、それとも当局の介入指示を受けた売買なのかは定かではない。ドル/人民元のチャートを見ても、介入によって大きく相場が戻されるような動きは表れていない。

足許の金融市場では、12月に米連邦準備理事会(FRB)が1年ぶりの利上げに踏み切る可能性が高いとみられている。ECBは12月の理事会で追加緩和を発表する可能性があり、ドルは主要通貨に対して堅調だ。そのため、ドル高・人民元安が進みやすいのは確かだ。

しかし、それは恐らく、中国の政策当局や多くの為替アナリストらの想定を上回るペースだろう。

一部では、予想を下回った9月の輸出を受けて、「中国政府が自国通貨の減価による輸出振興を企図している」との見方が出始めている。

一方、SDR採用を契機に市場原理に沿って人民元が推移するよう、為替レートの柔軟化を進めているとの見方もある。このように足許の金融市場では、人民元に関するさまざまな見方が混在しているが、どれも“帯に短し襷に長し”という内容だ。

懸念される資金流出

今後も、不安定かつ不透明な経済を背景に、人民元は軟調に推移する可能性は高い。人民元安が進む都度、様々な観測、憶測が市場を駆け巡るはずだ。そうした中で注意すべきは、中国からの資金流出だ。

10月21日、中国国家外為管理局(SAFE)は9月に中国本土外に流出した人民元が447億ドル(約4.6兆)だったと発表した。これは、同局がデータを公表し始めて以来、最大の流出額だ。

また、正規の銀行システムを経由しない、違法な資金流出も増えている。全貌は明らかになっていないが、SAFEは国外への違法な資金流出の取り締まりを強化している。すでに、取り締まりの対象になった金額は15兆円を超えていると言われている。

今のところ、2016年初のように人民元安を受けたパニックは観察されてはいない。しかし、資金の流出が続けば、どうしても人民元には下落圧力がかかる。それが中国国内での流動性の枯渇と金融システムの混乱につながる可能性があることは軽視できない。

すでに中国の金融市場では銀行間の資金取引に使われる短期金利が上昇している。これは、徐々に資金が逼迫しつつあることの表れだ。

当面は、財政政策を通したインフラ開発が中国経済を下支えするだろう。ただ、借金頼みの不動産価格の高騰、堅調な自動車販売の賞味期限はそう長くはない。鉄鋼の生産も増加に転じ、在庫も増えている。経済は安定よりも不安定化に向かいつつある。その中で規制強化を受けて住宅価格が下落し始めれば、先行き懸念が高まり、資金流出は加速するだろう。

SAFEは、パニック的な外貨の買占めは起きていないと表明している。それは、公的な権能を用いて、市場にパニックを起こさせないという表明だ。

ただ、年初の株安を受けた強制的な売買停止などを振り返ると、対応力には懸念が残る。今後リスクオフが進んだ場合、中国が教訓を生かして市場の安定を支えられるか、管理能力の真価が問われる。再度、強権的な市場鎮静化措置が発動されれば、これまで以上に混乱が広まることだろう。

(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50086)

 

 

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

4
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
4 コメント一覧
0 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
4 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
大石

中国経済崩壊が叫ばれて久しい。
有名な経済学者や政治学者が著書やインタビューで予測してきた。
しかし一日千秋の思いで待っているがいつまで経っても実現しない。
ひょっとすると、中国経済は西洋の経済学が当てはまらないのかも知れない。
待つのを諦めました。
中国経済が崩壊すれば韓国は吹き飛んでしまうのにね。

佐藤

中国は大幅な経常収支黒字国です。この黒字に果実をえているのは、日米欧の企業、中国国内優良企業です。この中国国内優良企業が破産寸前の国を支えているのです。優良企業というのはIT企業や装置産業が中心です。方や、重工重大企業や不動産企業は赤字です。二局化し、片方が片方を支える構図で生き延びています。この支え合う構図が崩れたときに中国は崩壊に向かいます。では今はどうかというと、その方向に進んでいます。その例が、中国の賃金が上昇しているからです。日本企業は今の段階では、製品の質を考慮すれば、中国で生産するより、日本国内で生産した方がましな段階に来ています。今後、日本がこの20年間で暖めてきた超最先端技術が大量生産に成功すれば、装置産業といえど、中国で生産する理由が無いのです。なぜか?その超最先端技術には競争相手がいないので。。。

ss65

自分の行動範囲内に中国か台湾人が結構居るんだが、日本もそうやって純粋な日本人が減って行くんだろうか、ハーフ増えたな、子供達普通に遊んでる、オリンピックがそうだったな、しかし韓国人、注意して見てるが居ないんだ、良かった、中韓に行った日本企業、早く帰って来い、俺は極力日本製を買っている、日本の定年退職者使えよ、腕いいの沢山いるはずだ、安い・安心・真面目・・。
少々体力に問題あるがな、特殊免許持ってんのいっぱい居るはずだ。。。

ななしちゃん

レノボとかハイアールとか携帯電話製造業は、元安で海外で売り上げ伸ばしそうw
円高の日本企業さらにピンチか?