日別アーカイブ: 2016年10月19日

韓国経済、米国の「Galaxy Note7」ユーザーら、サムスンを集団提訴=韓国ネット「地獄への扉が開いてしまった」

韓国経済、米国の「Galaxy Note7」ユーザーら、サムスンを集団提訴=韓国ネット「地獄への扉が開いてしまった」

記事要約:サムスン電子のギャラクシーノート7の生産停止・回収によってユーザーにとっては店まで行って交換するという不手際な行為を強いているわけだが、当然、ユーザーも黙っていない。そりゃ、リコールしてわざわざ交換するのにも携帯の手続きというのはわりと時間かかるからな。

そして、いよいよサムスン電子が恐れていた事態。サムスン電子に対する集団訴訟が幕を開けた。しかし、賠償金というのはレベルではないのでほんの序幕といったところだ。米国の弁護士は笑いが止まらないだろうな。絶対勝てる裁判だからな。当分、仕事に困らないだろう。

>18日(現地時間)、米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、Galaxy Note7の購入者らはサムスン電子北米法人を相手取り、16日付で米ニュージャージー連邦裁判所に訴状を提出した。原告は「リコールのため数週間スマートフォンを使えなかったが、その間も通信料や機器の代金を支払わなければならなかった」などと主張している。

そりゃそうだよな。毎日使うものが使えない。さらに通信料や機器の代金まで支払うことになっていた。それは酷いな。まともなサービス提供もできないのに通信料や機器の代金をストップしてなかったのか。てことは、これ関連するユーザーいっぱいいるんじゃないか。

数週間の機器代金や通信料はいくらか知らないが、数千円はあるだろうな。そして、そのユーザーが250万人いるわけだ。これは1人3千円でも中々の金額になるな。集団訴訟なので原告がもっと増えれば弁護士パワーで数十倍になることだってあり得る。しかも、これ賠償金でも何でもないからな。むしろ、何でサムスン電子は使用中止にしたときに通信料や機器代金の請求を放置したのだ。これ下手すれば通信業者から訴えられるんじゃないか。

大丈夫。今日のサムスン電子の株価はかなり上昇していたので会社が賠償金払わないで倒産するようなことはない。

snapcrab_noname_2016-10-19_20-31-47_no-00

なんと2.27%も上がっているじゃないか。これは素晴らしいな。外資もそう簡単には潰さないよな。まあ、頑張って稼いでくれ。賠償金がいくらになるかは知らないが、下手すれば史上最大規模の集団訴訟になるかもしれないからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~182回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、米国の「Galaxy Note7」ユーザーら、サムスンを集団提訴=韓国ネット「地獄への扉が開いてしまった」

2016年10月19日、韓国・マネートゥデイによると、相次ぐ事故で生産・販売中止が決まった韓国サムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy Note7」をめぐり、米国の消費者3人がサムスン電子を相手に損害賠償を求める集団訴訟を起こした。

サムスン電子は8月にGalaxy Note7を発売したが、充電中にバッチリーから発火したとの苦情が相次いだことを受け、9月初めに250万台のリコールを発表した。

18日(現地時間)、米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、Galaxy Note7の購入者らはサムスン電子北米法人を相手取り、16日付で米ニュージャージー連邦裁判所に訴状を提出した。原告は「リコールのため数週間スマートフォンを使えなかったが、その間も通信料や機器の代金を支払わなければならなかった」などと主張している。

この報道に、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せた。

「ついに始まった…。韓国の消費者は弁護士を雇うことも難しく、雇ったとしても勝訴する可能性は低い。でも米国では…可能かも」
「消費者の正当な権利。すがすがしいニュースだ」

「今後、世界中でサムスンに対する訴訟が相次ぐだろう」
「韓国でも訴訟を起こすべき。サムスンの重大な過失により消費者が受けた全ての精神的・金銭的損害を賠償する責任がある」

「地獄への扉が開いてしまった。金で事業するサムスンはずうずうしい弁護士を雇って最後まで抵抗するだろうな」
「サムスンがつぶれるのも時間の問題?」

「うらやましい。韓国では不可能なこと」
「韓国の法曹界、政界、公共機関はサムスンをかばうだろう。結局、弱い韓国人消費者だけが損をする」
「韓国内の消費者を犬や豚扱いした罰だ」(翻訳・編集/堂本)

(http://www.recordchina.co.jp/a153050.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、【週刊文春】慶應“集団強姦”主犯格「S」とその母を直撃、「両親は韓国人」と報じる

韓国経済、【週刊文春】慶應“集団強姦”主犯格「S」とその母を直撃、「両親は韓国人」と報じる

記事要約:レイプは韓国の国技だからな。レイプ犯がいれば韓国人を疑えというぐらい強姦の多い国だ。でも、日本の大学で集団強姦なんてふざけた行為を行う韓国人を許せるわけないだろう。速攻、韓国に強制送還したほうがいいんじゃないか?とりあえず、関わった奴は全員な。これは余罪がたくさんありそうだな。

しかし、またサイトのネタを増やして・・・。昨日も東京五輪の一部が韓国で開催されるという話があったのに、今日は集団強姦の主犯は韓国人ということで。

管理人は韓国経済のネタを中心に集めているが基本的にネットのニュースは大体目を通している。特にこのような人として絶対に許せない集団強姦なんてものが日常茶飯事に行われていたのだとしたら、それだけでも日本の防衛の観点からして取り上げるべきのネタだった。しかし、韓国人が出てきたら韓国経済のジャンルになる。

しかし、これ在日朝鮮人なのか。韓国人なのかは知らないが、その辺もわかり次第、伝えたいと思う。明日、週刊文春を購入してくるかな。コンビニでも売ってるはずだからな。さて、こうなってくるとテレビメディアはもう放送しないだろうな。ワイドショーでうちきられるだろう。でも、こんな犯罪を許すわけにはいかない。

そのうち逮捕されそうであるが、警察にはしっかり捜査と証拠固めをお願いしたい。記事ではレイプ映像のビデオがあるとか。そんなものをわざわざ撮って残しておくとか、自分で捕まえてくださいといっているようなもんだ。

でも、慶應義塾大学て福沢諭吉が創設した大学だろう。福沢諭吉は韓国人と関わるなという脱亜論を出した。今でもその先見の明には管理人は驚かされるばかりだ。だからこそ、この大学で韓国人が集団強姦なんてことしていたことにより一層、腹が立つ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~182回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

慶應“集団強姦”主犯格「S」とその母を直撃!
2016.10.19 16:00

小誌が報じた慶應大学「広告学研究会」(以下「広研」)の男子学生による“集団強姦”事件が新たな展開を見せている。
被害者の同大学1年生、A子さん(事件当時18歳)の被害届は正式に受理され、神奈川県警が捜査に乗り出した。

一方で、A子さんは小誌に「この事件の主犯は『S』です。絶対に許せません」と語っている。
「S」とは、どんな人物なのか。Sの知人はこう語る。

「両親は韓国人で、小学校の頃に日本に来たはずです。高校時代は野球部で、一浪して慶應に入った。
現在2年生ですが、酒に強いことを見込まれ、広研では日吉キャンパスの責任者を任されていた」

このSこそが、“集団強姦”事件当日、「後片付け」を名目にA子さんを「合宿所」に呼び出し、飲酒を強要、
2人の1年生男子がA子さんをレイプしている間、これを撮影したのみならず、事件を表沙汰にしないよう
A子さんを脅すようなメッセージまで送ったのである。

「それどころか、『ミスコンが中止になったのは、(事件を公にした)お前のせい』という内容のLINEを
A子さんに送って、ミスコンのファイナリストたちに謝るよう強要したんです」(A子さんの知人)

Sの携帯電話にかけると、か細い声で「どちら様ですか?」と応じたが、
週刊文春と名乗った途端に切れてしまい、それ以降、電話が繋がることはなかった。

実家で暮らすSの家を訪ねると、パジャマ姿で現れたSの母親が韓国語でこう答えた。

「話は聞いているのですが、お話しすることはできないです。ごめんなさい。
私たちの心情も理解してください、心情を」

詳細は、10月20日発売の「週刊文春」10月27日号で報じている。

(http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6690)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、14億円投入した韓国産太陽光無人機、成層圏2回飛行して倉庫へ

韓国経済、14億円投入した韓国産太陽光無人機、成層圏2回飛行して倉庫へ

記事要約:韓国産の太陽光無人機が成層圏2回飛行したそうなのだが、その後、倉庫に眠っていることがわかった。でも、管理人からすると韓国産の無人機が2回も飛行して落ちてないことが奇跡的な成功だと思う。では、何で倉庫に眠っているのか。その理由がだらだら書いてあるのだが、はっきり述べて冗長すぎる。だから、管理人が要約しよう。

>また、グーグルとフェイスブック、ロシア、中国などが太陽光長期滞空無人機の開発競争をしているが、まだ成層圏飛行には至っていないとし、航宇研の技術優位を強調した。当時「太陽電池とバッテリーの効率が高まれば」という前提を付けたが、航宇研は「成層圏で数カ月滞空する太陽光無人飛行機を利用し、違法操業をする外国漁船の監視や農作物の作況観測をより容易にできるだろう」と広報した。

韓国人の広報なんて信じるほうが馬鹿を見るわけだが、とりあえず。Googleやロシア、中国などより技術優位を強調した。確かに成層圏90分間飛行できたのは凄い。でも、そんな世の中は甘くない。韓国企業にできることを他の企業ができないはずはないのだ。だとすれば、何らかの技術的な問題がある。

>先端技術を自慢した航宇研の太陽光無人機がなぜ倉庫の中で眠っているのか。航宇研側は「太陽光無人機の核心はバッテリーにあるが、バッテリー技術で壁にぶつかった。研究開発を続けたいが政府の予算支援もこれ以上得られず、残念な点が多い」と伝えた。

倉庫に眠っているのはバッテリー技術で壁にぶつかった。広報だと数ヶ月滞空できるんだろう?その核心となるバッテリーがダメと。政府の支援も受けられない。

>しかし航宇研は最初からバッテリー技術の開発はしなかった。太陽光で無人機の動力を作る太陽電池は技術力世界1位の米国のサンパワー、電気を貯蔵するバッテリーは米電気自動車テスラが搭載している日本のパナソニックの製品を使用した。

おいおい、太陽光無人機を開発したといいながら、核心のバッテリーに使う太陽電池は米国のサンパワー、バッテリーは日本のパナソニック製じゃないか。段々雲行きが怪しくなってきた。では、韓国はこの太陽光無人機の何を開発したのだ?

>さらに航宇研の太陽光無人機は地上で従来の電気システムプラグでバッテリーを充電した後、その力で成層圏まで上がり、日が沈む前に下降を始めたことが確認された。航宇研無人機の最終目標を考えると、成層圏で数カ月間にわたり滞空するためには昼に太陽電池で生産した電気をバッテリーに備蓄し、太陽光がない夜に利用しなければならない。

ここで管理人は大笑いした。それ滑空といわないですよね?滑空を辞書で引くと、発動機を使わずに風の力で飛行することをいう。普通地上でバッテリーを充電して、成層圏まで上がって日が沈む前に下降を始めたらそれただの「無人飛行」であって、太陽光の技術は全然関係ないですよね?

結局、90分間、ただ単に成層圏を飛んだだけじゃないか。何だこの詐欺は。大体、日没までとかなら普通の飛行機でもできるんじゃないか。数ヶ月とか長期間飛ばせる無人飛行機じゃないと意味がないんだろ?何のための太陽光電池なんだ。それでも、韓国製なら良かったんだが、米国製と日本製だからな・・・。お話にならんな。

 >ある研究所の関係者は「バッテリーや太陽電池を開発したわけでもなく太陽光無人機セット技術を完成したわけでもない状態で研究開発を終了したのは、国家研究開発費を浪費した典型的な事例」とし「太陽光無人機の性格上、航宇研が独自の技術で開発できないのなら、いくつかの関連研究機関が共同で参加して研究するべきだった」と批判した。

批判もなにもただの詐欺じゃないか。何がGoogleでもできないだ。しかも、研究開発終わっているとかより、ただの詐欺なんで金だけ搾取したらもう止めたというところか。だから、倉庫に眠っているわけか。これでは、ただの無人飛行機だもんな。

>またクォン課長は「航宇研はバッテリーでなく飛行体を開発するところ」とし「超軽量構造物設計技術、高高度プロペラ設計技術など航宇研が目標にしたものはすべて遂行したと理解している」と話した。

いやいや、そんな技術は既に確立されている。ここで大事なのは太陽光無人機というものだ。太陽光電池、バッテリーが核心技術であり、それ以外の飛行体なんて航空技術があればどこでも造れるだろ?しかも、必要なのは長時間の成層圏の滑空だろ?日没に下降するような無人飛行機じゃないぞ。

>航宇研の無人機のように特別な成果なく研究開発を終えたり縮小された事例は政府関連の研究院に多い。さらに大統領が主宰する科学技術戦略会議でさえ国内総生産(GDP)に対する研究開発投資比率は世界最高水準だが、これによって未来の産業は創出されていないという指摘がある。

韓国はどこでも詐欺が横行しているらしい。そりゃ、次に繋げる開発が何一つできてないんだから研究を続けられるわけないだろ。ぽっけないないして終わったと。いやあ、中々笑わせてもらった。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~182回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、14億円投入した韓国産太陽光無人機、成層圏2回飛行して倉庫へ

夏に「グーグルもできない成層圏90分飛行に成功した」として話題になった韓国航空宇宙研究院(航宇研)の太陽光無人機が倉庫で眠っていることが分かった。航宇研が最近まで製作した太陽光無人機は2機。

このうち昨年初めて成層圏に到達した後すぐに降りてきた1機は大田(テジョン)航宇研の建物の内部に非公開展示中であり、最近成層圏を飛行した別の1機は解体し、倉庫に保管している。太陽光無人機の開発には2010年から最近まで政府研究開発(R&D)資金83億ウォンなど計150億ウォン(約14億円)ほど投資された。しかし政府の追加支援も航宇研自体の予算投入も計画にない。さらに多くの技術進展がなければ飛行機2機を飛ばすのに150億ウォンを使ったという批判を免れにくいとみられる。

航宇研は8月25日、大気が薄い高高度で太陽エネルギーだけで飛行する太陽光無人機(EAV-3)が高度18.5キロの成層圏で90分間飛行するのに成功したと発表した。当時、航宇研はEAV-3が世界で3番目に高度18キロ以上の成層圏に入った太陽光無人機だとし、長期滞空太陽光無人機分野で技術的優位を確保することになったと発表した。

また、グーグルとフェイスブック、ロシア、中国などが太陽光長期滞空無人機の開発競争をしているが、まだ成層圏飛行には至っていないとし、航宇研の技術優位を強調した。当時「太陽電池とバッテリーの効率が高まれば」という前提を付けたが、航宇研は「成層圏で数カ月滞空する太陽光無人飛行機を利用し、違法操業をする外国漁船の監視や農作物の作況観測をより容易にできるだろう」と広報した。

先端技術を自慢した航宇研の太陽光無人機がなぜ倉庫の中で眠っているのか。航宇研側は「太陽光無人機の核心はバッテリーにあるが、バッテリー技術で壁にぶつかった。研究開発を続けたいが政府の予算支援もこれ以上得られず、残念な点が多い」と伝えた。

しかし航宇研は最初からバッテリー技術の開発はしなかった。太陽光で無人機の動力を作る太陽電池は技術力世界1位の米国のサンパワー、電気を貯蔵するバッテリーは米電気自動車テスラが搭載している日本のパナソニックの製品を使用した。7月に世界で初めて地球を一周したスイスの1人乗り太陽光飛行機ソーラー・インパルス2は韓国中小企業コカムのリチウムポリマーバッテリーを使った。

さらに航宇研の太陽光無人機は地上で従来の電気システムプラグでバッテリーを充電した後、その力で成層圏まで上がり、日が沈む前に下降を始めたことが確認された。航宇研無人機の最終目標を考えると、成層圏で数カ月間にわたり滞空するためには昼に太陽電池で生産した電気をバッテリーに備蓄し、太陽光がない夜に利用しなければならない。

ある研究所の関係者は「バッテリーや太陽電池を開発したわけでもなく太陽光無人機セット技術を完成したわけでもない状態で研究開発を終了したのは、国家研究開発費を浪費した典型的な事例」とし「太陽光無人機の性格上、航宇研が独自の技術で開発できないのなら、いくつかの関連研究機関が共同で参加して研究するべきだった」と批判した。

未来創造科学部のクォン・ヒョンジュン巨大公共研究政策課長は「太陽光無人機事業は未来部の資金で支援されたりしたが、国策研究課題ではなく航宇研独自の研究開発事業」とし「航宇研院長の判断で終了した事業を政府があれこれと関与することはできない」と述べた。またクォン課長は「航宇研はバッテリーでなく飛行体を開発するところ」とし「超軽量構造物設計技術、高高度プロペラ設計技術など航宇研が目標にしたものはすべて遂行したと理解している」と話した。

航宇研の無人機のように特別な成果なく研究開発を終えたり縮小された事例は政府関連の研究院に多い。さらに大統領が主宰する科学技術戦略会議でさえ国内総生産(GDP)に対する研究開発投資比率は世界最高水準だが、これによって未来の産業は創出されていないという指摘がある。

(http://japanese.joins.com/article/738/221738.html?servcode=300&sectcode=330)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、19日のサムスン電子株価が急上昇。リコール前の水準に戻る

平成28年10月19日。今日のサムスン電子の株価を見ていこう。

最初は下がり気味だったのが時間が経過するにつれて急上昇している。そして、10時半過ぎには1%以上という上昇ぶり。

snapcrab_noname_2016-10-19_10-44-22_no-00

この不自然な上がり方。材料があったのかよくわからない。しかし、この数値はわりとリコール前に戻って来た。

snapcrab_noname_2016-10-19_10-44-56_no-00

これが1ヶ月のチャート。見ての通り、リコール前によって下がった分が回復している。管理人はもっと下がると思ってウォッチしているのに全然下がらないな。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、マースク、韓進海運米国航路買収説を否定

韓国経済、マースク、韓進海運米国航路買収説を否定

記事要約:韓進海運の法定管理からの物流混乱から今日でだいたい50日が経過した。今差に物流混乱が収まっていないのだが、韓国政府によると今月末に解消するらしい。だが、結局、物流混乱の解消に必要な資金は集まっていないし、韓進海運を救う支援も皆無。どっちにしても絶望的である。

そんな中で、韓進海運の北米ルートをマースクが買収するという説が先日出てきた。借金だらけの韓進海運の北米ルートなんていらない。管理人はそんなことする必要ないと断言したのだが、そのマースクが否定したようだ。そりゃ、そのルートがあるから韓進海運が儲かったわけではなく、同じようなルートなんていくらでも造れるんだよな。

公海はどこの国でも自由に移動できる。今はGPSとかで船の位置もしっかり把握できる。安全なルートじゃないかだって灯台や港でわかる。わざわざ韓進海運のルートなんて買う理由がない。しかも、放置しておくだけでどんどん安くなるしな。だいたい韓進海運がなくなってから売りに出されたルートなら負債も付いてこない。今買えば、いらない韓国人まで付いてくる。

しかし、裁判所はいつ決断をするのか。いまだにこんな屑会社救えるとか思っているのか。韓国政府が救う気がない。でも、どう見てもいらない大宇造船海洋を政府支援しているのが滑稽だな。あの造船会社も実に韓国人らしいからな。構造調整でリストラが1割以下には呆れたな。いらない社員を雇っていても固定費が多くなるだけなのに。

大体、韓国メディアは嘘が多い。こういった相手がいるニュースは半信半疑で斜め読みしておけばいい。それにしても、何ら動きがないな。管理人が最近、韓進海運に関連したニュースがコンテナが邪魔だからどうにしかしろといったニュースぐらいだぞ。もう50日経過しているのでそろそろ洋上にいる船員にも限界が来る頃じゃないのか。毎日、仕事もなくスマホで遊ぶにしても限度があるよな。何にせよ。情報がまったくでないので不気味ではあるな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~182回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、マースク、韓進海運米国航路買収説を否定

コンテナ海運世界最大手のA・P・モラー・マースクは、韓国海運最大手の韓進海運が実施するアジア発米国航路の営業網売却の公開入札に同社が参加するとのうわさを否定した。

マースクグループの広報担当は、ヘラルド経済新聞の英文経済専門メディア「ザ・インベスター」の取材に対し、「マースクによる韓進海運買収説は、全部デマである。当社はデマにコメントしない」と回答した。

韓進海運が法定管理(日本の会社更生法に相当)を申請した後、国内外の関連業界は、マースクが、韓進を買収する可能性があるとの見方が広まった。

特に、韓進が主力のアジア発米国航路の営業網を売却する方針を決めた14日以降、「マースク買収説」が再燃していた。

(http://www.nna.jp/articles/show/1521797)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry