日別アーカイブ: 2016年10月31日

崔順実氏を緊急逮捕=国政介入疑惑で―韓国検察

崔順実氏を緊急逮捕=国政介入疑惑で―韓国検察

記事要約:ちょっとびっくりした。朴槿恵大統領は自分が生き残るためには依存していた占い師さえ差し出すのか。今から管理人はお風呂入るので速報だけ伝えておく。明日はこれ一色になりそうだな。

【ソウル時事】韓国メディアによると、検察は31日、国政介入疑惑の崔順実容疑者を緊急逮捕した。

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000185-jij-kr)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、朴槿恵大統領の年内訪日は厳しい状況に 機密漏洩問題、日韓関係改善の流れにも影響

韓国経済、朴槿恵大統領の年内訪日は厳しい状況に 機密漏洩問題、日韓関係改善の流れにも影響

記事要約:産経新聞が朴槿恵大統領の年内訪日は厳しい状況だと報道しているのだが、先ほど、官房長官は何の影響もないと述べていた気がする。後、首相を交替させるという話や人事を一新しているわけだが、一番辞めないといけないのは朴槿恵大統領だからな。何しても無駄なんだよな。むしろ、首相と秘書は何をしたというのか。

というより、このように簡単に要職の首を切れるところを見れば本当にブレーンは占い師以外は存在してなかったらしい。つまり、大統領なのに「孤独」だったと。そこを占い師につけ込まれたんだろうか.どちらにせよ。ここからやることは強行政治と独裁政治になるな。反日もいつ再開するんだろうな。

最終的に戒厳令まで行くかも知れないが、韓国の最大祭はまだ始まったばかりだ。日本のハロウィンはも爆発するスマホが登場したそうだが、サムスン電子が訴えてくるかもしれないぞ。そのサムスン電子はギャラクシーS8を本当に売り出す予定らしい。なんて言うのか。商売を舐めてるよな。韓国人に今さらモラルを説いたところで無駄か。

そもそも管理人は疑問に思うのだ。韓国人の民度は低いという話を先ほどしたが、その民度の低さはどこから来るのか。少なくとも韓国では大学への進学率は高い。教育が行き届いてない発展途上国というわけではない。学校で教えている内容が反日かもしれないが、それは日本に向けられるなら理解できるのだが、今回の場合は同じ韓国人の大統領に向けているのだ。しかも、並々ならぬ殺意を持ってだ。

ギロチンを見た韓国ネットでは、自分たちがやろうとしていることが「殺人」だという意識が全く持って見られなかった。これがレコチャイナの偏向記事で実はそれなりに処刑を止めようという意見があったのなら、それは管理人の調査不足だが、記者が一方的な意見ばかりを取り上げるようなことは最近、してなかったからな。

とりあえず可能性の話であると念を押しておくが、仮に今回のギロチンを見た韓国人が朴槿恵大統領の処刑するのを誰1人、反対者がいないとすれば、それは果たして民度が低いだけで片付けて良いのだろうか。韓国は表向きには民主主義、国権主義といった政治体制を取ってはいるが、実はそれよりもナショナリズムの意識が強いのではないか。

ナショナリズムの意識が強いの意味を一言で述べれば、独立意識が強いということになる。しかし、韓国は独立国家である。では、このほとんどの市民たちのナショナリズムを産んだ根源がどこにあるのかが気になったのだ。一方で自分たちの国を「ヘル朝鮮」と呼ぶ。ナショナリズムと自虐史観は真逆だと思うんだよな。韓国から逃げたいのか。韓国を変えたいのか。そこがいまいちよくわからないというのが今回のギロチン騒動なのだ。

ギロチンで大統領を処刑したことで何か変わると感じている韓国人がいるならそれはただの殺戮者である。管理人はフランス革命で流れた血の多さは決して必要なものだったと思っていない。大体、ギロチンをかけた後に行われたのは革命を起こした者たちの恐怖政治だったじゃないか。その後、ナポレオンの登場までフランスは大混乱となった。

韓国の庶民はそれを再現したいのか。それは国を変えることなのか。管理人からすれば滅ぼすことにしかならないだろう。北朝鮮は喜ぶかもしれないがな。管理人は韓国人ではないので、今回の一件を冷静に見つめることができる。しかし、どうしてもナショナリズムで動き、革命やクーデターを求めるなら、それは国を変えたいという強い意志があってこそなのだ。一方で自分たちの国をヘル朝鮮と呼んでいる。この二つの矛盾がどこから来るのか。

誰か教えてください。ええ?管理人が匙を投げてはダメだって?結論を出すのが速いのかもしれない。もっと時間が経てばみえてくるものもあるか。2chを見てもそんな考察はどこにもないからなあ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~184回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、朴槿恵大統領の年内訪日は厳しい状況に 機密漏洩問題、日韓関係改善の流れにも影響

【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、年内に東京での開催が予定されている日中韓首脳会談に出席する予定だったが、機密資料の漏洩(ろうえい)疑惑のため、朴氏の外交日程の調整は事実上、停止状態にあり、就任後初の訪日は実現不透明となっている。

韓国紙、朝鮮日報(31日付)は、29日の閣僚懇談会で「今後の首脳外交の日程に支障が出る可能性がある」との報告があったと報じた。韓国政府当局者は、日本政府から12月初めまでの首脳会談を呼びかける連絡があったことを認めつつ、「出席の可否はまだ伝えていない」という。韓国政府内では「現状では大統領の出席は難しい」との見方が出ているそうだ。

外交筋によれば、朴氏は北朝鮮の核やミサイルの問題に対し、日中韓首脳会談で協力して対処するよう日中に呼びかける構えだったという。その実現も怪しくなってきた。

朴氏の訪日が実現しない場合、日韓関係改善の流れに微妙な影響を及ぼしそうだ。韓国政府は日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の早期締結の意思を示しており、1日に締結に向けた日韓の協議が再開する予定だ。だが機密漏洩疑惑による韓国内政の混乱で今後、締結に影響が及ぶ可能性もある。

また、昨年12月の慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づき、日本政府が韓国の財団に10億円を拠出し、元慰安婦らへの支援金支給は始まっている。だが、韓国国内では現在も野党などが合意そのものに反対しており、韓国側の合意履行への支障も懸念される。

朴氏が黄教安(ファン・ギョアン)首相を交代させる意向との情報もあり、大統領の「代理」の訪日も危うい状況だ。韓国側に余裕はなく、朴氏の任期中の訪日さえ実現しないことも予想される。

(http://www.sankei.com/world/news/161031/wor1610310044-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、激震・朴政権 菅義偉官房長官「(日本には)何の影響もない」と強調

韓国経済、激震・朴政権 菅義偉官房長官「(日本には)何の影響もない」と強調

記事要約:政権崩壊間近の韓国に対して、日本の菅義偉官房長官「(日本には)何の影響もない」と強調したことがわかった。これは何だろうな。色々と憶測できる発言だよな。

まず、大体言えることはほとんど日本人は韓国政府が危機的な状況になっている状況を飲み込めていないと思う。日本のメディアがテレビでこの話題を取り上げたも日本人からすれば「ふーん」で終わるような扱いである。でも、管理人や読者様みたいに韓国経済を毎日、見てる人間にとってはこれが歴史に残る異常事態だということを知っている。

でも、それが少数派である。きっと多くの日本人は韓国政権が崩壊した後に、あれ?なんで韓国政府てなくなったの?という感想を持つだろう。では、日本政府はどうなのか。まず、菅義偉官房長官が韓国の状態を知らないはずはない。つまり、知っていて「日本には何の影響もない」と述べていることになる。これはもう少し考察すると、韓国政府が崩壊しようが、しまいが日本には何ら問題はない。というより、予想済みであったとさえ思わせる。

議題にもなかった無理やり、日韓通貨スワップ協定の再開の議論を韓国側が提案したきたことに対して日本政府は遅かれ速かれ、韓国になにか起こるかを察知していたかもしれない。そして、既に米国とも事前協議が終わり、手は打ってあるから何の影響もないということ。もっとも、日中韓首脳会談をしようが、しまいが日本にとってどっちでもいいとも取れる。日本は予定通りやるから進めておくよというスタンスである。

もっとも、韓国がどうなろうか日本にとっては些細なことなので影響がないと述べたかも知れない。そして、よく考えてみると韓国政権が飛んだからといって、日本企業に何かあるわけでもない。どのみち1年4ヶ月すればなくなっている政権だ。多少、速くなったぐらいにしか考えていない。そもそも、韓国が次の指導者が決まらない限りはこのままずるずるやるだろう。何しろ、今の韓国には国連事務総長以外の英雄がいないからだ。

もし、ここで野党か何かが朴槿恵大統領を弾劾すると宣言して、国会のクーデターも行える指導者が出てくれば危ないわけだが、その心配は今のところない。人材不足過ぎるんだよな。次の大統領候補しか1人しかいないんだから。米国も2人だが・・。でも、どのみち何か述べたら内政干渉になるので、官房長官としては日本には影響ないようにするとしか答えれないだろう。もっとも、日本人の大半が数ヶ月後に韓国政権が崩壊しましたとニュースを聞いて、ああ、韓国て潰れたんだ。何かあったの?ぐらいの認知度である。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~184回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、激震・朴政権 菅義偉官房長官「(日本には)何の影響もない」と強調

菅義偉官房長官は31日午前の記者会見で、韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実氏による国政介入疑惑に関し、「(韓国の)内政にかかることであり、日本政府としてコメントすることは控えたい。(日本には)何の影響もないと考える」と強調した。

また、菅氏は年内の日本開催を目指している日中韓首脳会談について、「何ら影響はないと思っているので、そこは予定通り進めていきたい」と述べた。

(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000521-san-pol)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、大統領府近くに謎のギロチンが登場、国民の怒り表明か=韓国ネット「全世界に生中継しよう」「マリー・パクトワネット…」

韓国経済、大統領府近くに謎のギロチンが登場、国民の怒り表明か=韓国ネット「全世界に生中継しよう」「マリー・パクトワネット…」

記事要約:【仮】朴槿恵政権に対する韓国市民の怒りは日々、エスカレートしている。2万人の抗議デモが起きたばかりだが、どうやらそのデモの昼間、大統領府近くにギロチンが登場したようだ。まあ、裏で糸を引いている北朝鮮新派だと思うが、こうなってくると市民を扇動するのは容易いだろうな。

反日だけが生きがいにして衆愚政治に陥っていた韓国市民。そして、選んだ大統領は神権政治を行い、自分たちだけが民主主義のつもりだったことが露呈された。しかし、それは全て大統領のせい。管理人はそんな大統領を選んだ国民にも問題があると思うが、そんなことは既に気にするレベルではない。

今の韓国世論を見れば北朝鮮がちょっとバスチーユ牢獄襲撃からの一連の事件を再現するだけでデモをしていた市民は暴徒と化す。なにどこからともなく車が突っ込んで来て、そのトランクの中には銃やらナイフやら手榴弾などの武器を入れておくだけでいい。後は武器を持った市民が機動隊と戦うことだろう。つまり、これ以上の事態が悪化するとそのうち「戒厳令」が敷かれることになる。

また大げさなことを言い出す管理人だと思うかもしれないが、ギロチンの登場は明らかにフランス革命でのマリーアントワネットの最期を連想させる。だから、韓国ネットでは「マリー・パクトワネット…」 とか呼んでいるわけだが、でも、フランス革命は酷い物だった。王政というシステムが腐敗した結果、市民ナショナリズムの台頭に動いた時代。だが、その革命で多くの血が流れた。そのギロチンを見て興奮する韓国市民。

少なくとも、日本人は舛添氏を追い込んだが、「処刑せよ」なんていう意見を述べるような日本人はいなかった。過去の日本の総理大臣もそうだが、辞職せよ。辞任せよはあっても、殺せにはなってない。しかし、韓国の民度では一端、火が付くとそこには辞任や逮捕すら生ぬるい。「処刑せよ」になる。もちろん、民度の問題である。

でも、それを許す韓国社会があるということも事実だ。しかも、止めようとする声もない。だから、韓国の歴代大統領で、まだまともに生きているのが前明博大統領ぐらいしかいないのだ。他の大統領は自殺やら暗殺やら逮捕やらで既に表社会には存在しない。自分たちが今、どんな状態になるかを冷静に考えれば、混乱を拡大させて得するのは北朝鮮だとわかりそうなものだが、冷静さを失ってる以上はやはり、戒厳令まで行くかもしれない。

管理人からすれば衆愚政治に陥った韓国人が暴徒と化ししてくのは予想通りではあるのだが、自分たちが選んだ大統領に欺されたというよりは、自分らは馬鹿で、衆愚政治だった現実に否応にも気付かされたことに苛立ちを覚えているのだろう。その苛立ちが全て大統領にふりかかるわけだ。自分らの選択を反省できない韓国人にとって朴槿恵大統領はまさに処刑の対象なのだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~184回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、大統領府近くに謎のギロチンが登場、国民の怒り表明か=韓国ネット「全世界に生中継しよう」「マリー・パクトワネット…」

2016年10月30日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が私人である友人・崔順実(チェ・スンシル)氏に国家の機密文書などを渡していた問題で、ソウルをはじめ韓国各地で大統領の退陣を求める大規模な集会が行われる中、ソウルのデモ現場にギロチンの模型が登場した。韓国・京郷新聞などが伝えた。

ソウル市中心部、大統領府からも程近い光化門広場にギロチン模型が置かれたのは、大規模デモが予定された29日の昼間。誰が何の目的で置いたのかは明らかになっていないが、「崔順実事件」への抗議の意思を表明したものとみられている。

ギロチンは18世紀、フランス革命の頃からフランスで処刑に使用された断頭台。民衆の力により倒されたフランス国王ルイ16世やその妃マリー・アントワネットがギロチンで斬首刑となったことはよく知られている。実は朴大統領自身、過去にギロチンに言及し物議を醸したことがある。14年11月、閣議で「規制はまとめて断頭台にかけて処理されることになる」などと述べたことや、「規制ギロチン」との表現を使ったことについて、「穏やかでない表現で不適切」との指摘が上がったのだ。

また「断頭台」の語は、30日に帰国し韓国当局の捜査を待つ崔氏の弁護人からも飛び出した。イ・ギョンジェ弁護士は「崔氏は言ってみれば断頭台に上がったようなもの。罪があれば罰を受ける覚悟ができている」と述べている。

光化門広場に登場したギロチン模型は10分ほどで警察により撤去されたが、現場を目撃し撮影した多くの市民によりSNSなどで広がっている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「全世界に生中継しよう」
「誰が置いてくれたのか知らないけど、これを見ただけでも気分がすっきりした!」
「フランスのようにヘル朝鮮(地獄のような韓国)も断頭台を!」
「口は災いのもととはよく言ったものだ」

「国民の力で不正選挙の当選者を引きずり下ろそう」
「さあ、早く断頭台に上がってください。待ってる人が多くて時間がないんですよ」
「処刑できないなら無人島に島流しにすべきだ」

「大統領とマリー・アントワネットが重なって見える」
「マリー・パクトワネット…」
「せっかく作ったんだから使わなきゃ!」
「これはすごい!断頭台とは、国民の心境をそっくり表現してくれたね」(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a153873.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

気ままにシヴィライゼーション6攻略その10・・・「食料と設備、都市の成長」について

「三日飢えて泥棒しない人はいない」韓国のことわざ

シヴィライゼーション6攻略もこれで10回目。ようやく攻略記事も2桁になったのだが、まだ基本事項の解説すら終わっていないという。でも、少しずつだが進んでいるのでタイトル通りに気ままにやっていく。さて、前回はフォントサイズの変更についてだった。今回は「食料と設備、都市の成長」という基本を解説する。

■前回まで

気ままにシヴィライゼーション6攻略のまとめ1~49まで

気ままにシヴィライゼーション6攻略その1「シヴィライゼーション6とは」

気ままにシヴィライゼーション6攻略その2:シヴィライゼーション6のテーマ曲「Sogno di Volare (“The Dream of Flight”)」の歌詞に込められたレオナルド・ダ・ビンチの思い

 気ままにシヴライゼーション6攻略その3:シヴィライゼーション6の「購入方法とダウンロード」
気ままにシヴィライゼーション6攻略その4・・・「ゲームモード」について
気ままにシヴィライゼーション6攻略その5・・・・「ゲームオプション」について
気ままにシヴィライゼーション6攻略その6・・・・ゲーム開始で「最初にやるべきことはマップの地形と資源の確認」

気ままにシヴィライゼーション6攻略その7:「科学力、文化力、ゴールド」について

気ままにシヴィライゼーション6攻略その8・・・「生産力と生産力ブースト」について

気ままにシヴィライゼーション6攻略その9・・・「フォントサイズの変更で文字を見やすくしよう」

■食料

snapcrab_noname_2016-10-30_10-30-20_no-00

なんか1ターン目からまったく進んでいない気もするが、基本数値の意味を理解するのがシヴィライゼーション6では欠かせないのでどんどんやっていく。では、食料だ。

snapcrab_noname_2016-10-31_8-57-7_no-00

食料とは市民に必要な毎日の食事のこと。割合は人口1に対して2の食料がいる。最初に都市を建設したときに市民は食糧確保が最大限のタイルに割り当てられてる。そして、ここから重要だ。都市から3タイル以内で、かつ自文明の国境の内側にあるタイルならどこでも市民を働かせることが可能。でも、遺産があるタイルは例外と。

snapcrab_noname_2016-10-31_9-5-12_no-00

これは時代をかなり進めた画像なのだが、市民の管理を行うと配置できる場所が都市を中心にした3タイル以内であることがわかる。また、遺産にも市民は設置できないのでパネルが出ていない。つまり、領地をどれだけ拡大しようが人口が追いついていなければ全てを活用することができないこと。

また、都市の3パネル以内でしか市民が活用できないので、市民が従事する必要がない建造物は遺産や娯楽施設などは都市から3パネルより離れた領地内に造った方がいいということ。もっとも、3パネルといっても人口の関係で全部埋まることは稀なのでそれほど気にすることもない。しかも、こういった施設は他の都市や区域内やタイル内の補正ボーナスといったものが関連してくる。そして、計画的でかつ理想的な都市作りはやがて「国土錬成陣」や「トライフォース」を産み出す。

今はそこまで説明できてないので何のことかわからないかもしれないが、今作の理想の都市作りが国土錬成陣であり、トライフォースであることは補正効果を考察していくとそうなるようだ。さらに日本では明治維新後のエレクトロニクスという固有遺産でとんでもない国土錬成陣を敷くことが可能となり、そこから日本の快進撃が始まる。

そのうち解説するので今はそういうものだと認識で良いと思う。管理人は大笑いしたが。シヴィライゼーション6の開発者が日本の北条時宗を指導者にしたのはこれを狙っていたかもしれない。そのうち、服部半蔵、東郷平八郎とかを追加DLCで出すと思うんだが。

さて、人口1に付き食料2必要なのはわかった。人口を増やす理由は市民に余ったパネルで従事してもらうためだった。でも、実際、「都市が成長」するには食料は余分に必要だったするし、もちろん、住む場所が(住宅)がないと人口は増えない。次は都市の成長について見ていこう。

snapcrab_noname_2016-10-31_9-34-34_no-00

まず、都市の成長とは人口と領土内パネルが拡大することを指す。そして、都市の成長には人口を上回る余剰食糧が必要である。さらに住宅が人口より1少ないになると成長は50%に鈍化する。人口=住宅の場合は75%のペースでしか成長しない。さらに、市民の数が住宅を5上回るまで成長50%を維持できるか、それ以降だと成長しなくなる。

つまり、都市が成長する理想的な比率は人口1に対して食料4,住宅3ということになる。これを満たすのが結構難しい。これが人口2なら食料6,住宅4となっていくわけだ。では、人口18なら食料38、住宅20となる。

snapcrab_noname_2016-10-31_9-49-10_no-00

これは先ほどの時代の都市全体のレポートである。見ての通り、この条件を満たしているのは一つしかない。このように毎回、理想的な都市成長を維持するのはかなり難しい。実際、これに設備も加わる。設備は人口が3になった後、人口2に増えるに対して1必要となる。つまり、理想的な都市成長は人口18なら食料38、住宅20、設備9となる。そして、これらが市民の幸福度に関係してくる。これらの詳細は都市レポートにある。

snapcrab_noname_2016-10-31_10-2-57_no-00

市民が満足しているかは都市の成長において重要なので把握しておこう。

■市民の幸福度と設備

snapcrab_noname_2016-10-31_9-59-55_no-00

基本は満足している状態を維持するわけだが、理想的に述べるなら都市の成長+10%、産出量+5%補正がかかる「喜んでいる」、さらに上の状態の「興奮している」維持が良いことになる。しかし、それらを満たすのは内政プレイでもかなり難しい。成長が早くなればそれだけ求める住宅、食料、施設の数が増加するからである。だから、だいたい人口は10ぐらいで頭打ちとなる。ウルクが多いのは最初に建てた都市だからである。

他を都市を見れば人口10ぐらいまでで成長が止まっているのがわかるだろう。なのでシヴィライゼーション6は建設していく都市の数もそれなりに考えておく必要がある。小さなマップだと都市が4つあれば高級資源を回せるので事足りそうだが、大きなマップだとそうはいかない。しかし、都市を造りすぎても管理できないだけではなく、年代が進むにつれて生産コストも増大していくので何か造るにしても膨大な生産ターン数を消費する。また、近くの蛮族に襲われることもあるし、他の文明国に攻撃されることもある。

後、怖いのがパルチザンである。都市の設備が足りなくなり、住民が不安を感じるようになるのを放置すると今までに見たこともない強さのレベルの蛮族が湧く。例えば、今の時代の蛮族が騎兵なら、パルチザンの蛮族は対戦車兵とかが数体出てくるのだ。これらの蛮族は都市を略奪するので都市機能がさらに悪化してしまう。しかも、略奪された施設を直すのに時間がかなりかかる。

これらの蛮族は大暴れするので常に住民の幸福度はチェックしておきたい。また、戦争をすると疲労度が加算されていき、これも全都市の設備-1とかされてしまう。戦争しなければ下がるが、あまりにも戦争を繰り返しているとそのペナルティはわりと一生涯続く。これ日本語だと設備となっているが、イメージ的には国民の快適さに近い。だから、設備を増やす建造物は総合娯楽施設、スタジアム、動物園といったものとなる。

以上。これで基本の数値についての説明は大体終わった。次回は「都市を建てる場所」について触れていく。都市を建てる立地条件は考慮する点などを見ていく。今回は住宅にほとんど触れてないが、それも都市を建てる条件に含まれるので合わせて見ていく予定だ。

■その他、シヴィライゼーション6攻略

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、10月末のサムスン電子株が急上昇!

2016年10月31日。最近、韓国経済よりも、韓国政権が面白いことになっているわけだが、気がつくとサムスン電子株が再び上昇し出した。

snapcrab_noname_2016-10-31_10-54-44_no-00

管理人は先週に160万ウォンを超えて終えたので、今週からもそこそこ上がると思っていたのだが、予想よりも上昇幅が大きい。もっとも、まだ今週は始まったばかりなのでここからどうなるかはまだまだ不透明だ。しかし、あれから原因特定の話も出ていない。この先、サムスン電子の動向には要注目だろう。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、人民元が急落…中国で高まる「国外資金流出」の危機!政府は沈静化に必死だが…

韓国経済、人民元が急落…中国で高まる「国外資金流出」の危機!政府は沈静化に必死だが…

記事要約:今日は2016年10月31日で月末なわけだが、今、韓国は政治も経済も崖っぷちにいる。2時間のサスペンスドラマで述べると真犯人がわかって真相をべらべら語ってそのまま崖にダイブしようとしているところだ。ドラマならここで主人公が説得をして改心した犯人が涙を流した後に警察がのこのこ現れるわけだが、現実にはそんなものは存在しない。むしろ、真相を知ろうとすると警察組織そのものに消されかねない。といった状況である。

国家の最高権力者が真犯人て怖いよなあ。なんと理不尽だと思うかもしれないが、管理人は【仮】朴槿恵政権は市民から2万人のデモで退陣を要求されながらもそのうち反撃に出ると考え直している。それの象徴が韓国検察が大統領府で入手したのは、任意に提出された資料ばかりだったそうだ。

韓国メディアは「強制捜査」と騒いでいたが、実際に検察がやったのは強制捜査でも何でもなかった。しかも、既に証拠となる資料は廃棄されている可能性が高いという。つまり、大統領に権限を与えすぎているために独裁を防ぐことが容易ではなく、真犯人がわかってもそれを公に逮捕する機関が犯人側に存在する。

サスペンスドラマを見ている視聴者にとって「なんだ、こんなふざけた展開は」と感じるわけだが日本と韓国ではここが違う。そこは舛添氏の出来事を見ればわかる。支持率14%、2万人の退陣デモが起きていても検察が何もできないなら朴槿恵大統領は辞任などせずに最後まで居座る可能性があるということだ。

でも、それはそれで面白いんじゃないか。人生は筋書きのないドラマというじゃないか。そして、次回作が始まる。タイトルは「真犯人は国の最高権力者!?神権政治を行っていた大統領の反撃!」といったところだ。なら、前作のタイトルは「無実の記者が突然の逮捕!悲劇の海難事故に隠された衝撃の真実」といったところだ。ちなみにこれは「三部作」である。

とまあ、今朝からこのようなことを考えていたのだが、全然、記事の話に進んでいないな。人民元が急落しているという話だ。以前に解説したとおり、中国経済の失速はそのまま韓国経済に悪影響を与える。今の中国依存は24.5%なので韓国経済にとって、既に崖っぷちなのに、これ以上の問題を増やさないで欲しいといったところだ。でも、問題が起きているのだからそれを見ないわけにはいかない。

だが、崩壊するとずっと言われ続けている中国経済はまだ持っている。このしぶとさがどこまで続くのか。そりゃ、もうすぐディストピアの世界を始めるわけだから、中国から資金を移そうとする不埒な輩は食い止めないといけない。管理人は多少の混乱があろうがなかろうが、中国政府は強権を発動してでもこの人民元安と通貨流出危機を抑えようとすると考えている。そもそも、内部のデータは捏造だらけで何を信じていいかすらわからない。

外貨準備高が底をついているという話が本当なら、もし、市場でパニック売りが起これば介入する弾がないので人民元安や株安を止めるには市場での「売り」を禁止するしかない。何を述べているのかと思うかもしれないが、中国は本当にそれをやるから怖い。

管理能力もなにもどう見てもばば抜きだからな。このまま行けばドイツ銀行がジョーカーを持ったままそのまま破産というシナリオも万が一だが想定できる。きっかけとなりそうなのは米国の大統領選挙の後の利上げか。ということは12月辺りが怖いな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~184回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、人民元が急落…中国で高まる「国外資金流出」の危機!政府は沈静化に必死だが…

10月に入り、人民元の米ドルに対する下落基調が鮮明化している。為替市場でまとまった元売りが出ても、当局の介入は手控えられているようだ。10月初旬からの人民元安のペースを見ると、主要通貨との対比でもその下落ペースはやや急だ。

人民元安の原因の一つに、先行きの中国経済に対する懸念から、国外に資金を移そうとする動きが加速していることがある。中国の民間セクターの債務は、経済成長率を上回るペースで増加してきた。債務に支えられて住宅投資(投機)やインフラ開発が進み、それが経済をサポートしているが、この状況が長期間にわたって持続可能とは思えない。

17日には、ドル建てで取引されている上海B株市場が一時7%程度急落した。人民元安は、徐々に国内の金融市場にも影響を与え始めている。中国経済の自律的な回復期待が抱きづらいなか、当面、人民元は軟調に推移するだろう。それが世界の金融市場にどう影響するか慎重に考えなければならない。

当局想定より急下落した人民元

9月末まで中国人民銀行(中央銀行)は積極的な為替介入を行い、ドル/人民元の為替レートを6.66~6.68元台に誘導してきた。

10月1日、人民元が国際通貨基金(IMF)の定める特別引き出し権(SDR:通貨危機などの際、加盟国から外貨を融通してもらう手段)に採用されるのを控え、中国は過度な売り圧力を排して先行き懸念を抑えたかったのだろう。

ところが、10月に入ると一転して為替介入は手控えられている。為替トレーダーらと話をしていると、中国の国有銀行からまとまったドル売り注文が出されてはいるものの、それが実需(貿易に関連する為替取引)なのか、それとも当局の介入指示を受けた売買なのかは定かではない。ドル/人民元のチャートを見ても、介入によって大きく相場が戻されるような動きは表れていない。

足許の金融市場では、12月に米連邦準備理事会(FRB)が1年ぶりの利上げに踏み切る可能性が高いとみられている。ECBは12月の理事会で追加緩和を発表する可能性があり、ドルは主要通貨に対して堅調だ。そのため、ドル高・人民元安が進みやすいのは確かだ。

しかし、それは恐らく、中国の政策当局や多くの為替アナリストらの想定を上回るペースだろう。

一部では、予想を下回った9月の輸出を受けて、「中国政府が自国通貨の減価による輸出振興を企図している」との見方が出始めている。

一方、SDR採用を契機に市場原理に沿って人民元が推移するよう、為替レートの柔軟化を進めているとの見方もある。このように足許の金融市場では、人民元に関するさまざまな見方が混在しているが、どれも“帯に短し襷に長し”という内容だ。

懸念される資金流出

今後も、不安定かつ不透明な経済を背景に、人民元は軟調に推移する可能性は高い。人民元安が進む都度、様々な観測、憶測が市場を駆け巡るはずだ。そうした中で注意すべきは、中国からの資金流出だ。

10月21日、中国国家外為管理局(SAFE)は9月に中国本土外に流出した人民元が447億ドル(約4.6兆)だったと発表した。これは、同局がデータを公表し始めて以来、最大の流出額だ。

また、正規の銀行システムを経由しない、違法な資金流出も増えている。全貌は明らかになっていないが、SAFEは国外への違法な資金流出の取り締まりを強化している。すでに、取り締まりの対象になった金額は15兆円を超えていると言われている。

今のところ、2016年初のように人民元安を受けたパニックは観察されてはいない。しかし、資金の流出が続けば、どうしても人民元には下落圧力がかかる。それが中国国内での流動性の枯渇と金融システムの混乱につながる可能性があることは軽視できない。

すでに中国の金融市場では銀行間の資金取引に使われる短期金利が上昇している。これは、徐々に資金が逼迫しつつあることの表れだ。

当面は、財政政策を通したインフラ開発が中国経済を下支えするだろう。ただ、借金頼みの不動産価格の高騰、堅調な自動車販売の賞味期限はそう長くはない。鉄鋼の生産も増加に転じ、在庫も増えている。経済は安定よりも不安定化に向かいつつある。その中で規制強化を受けて住宅価格が下落し始めれば、先行き懸念が高まり、資金流出は加速するだろう。

SAFEは、パニック的な外貨の買占めは起きていないと表明している。それは、公的な権能を用いて、市場にパニックを起こさせないという表明だ。

ただ、年初の株安を受けた強制的な売買停止などを振り返ると、対応力には懸念が残る。今後リスクオフが進んだ場合、中国が教訓を生かして市場の安定を支えられるか、管理能力の真価が問われる。再度、強権的な市場鎮静化措置が発動されれば、これまで以上に混乱が広まることだろう。

(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50086)

 

 

 

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry