日別アーカイブ: 2016年11月25日

韓国経済、朴政権、日本に“命乞い” 日韓、軍事機密協定署名 「日韓通貨スワップの再開で形勢逆転を狙っている」との分析も

韓国経済、朴政権、日本に“命乞い” 日韓、軍事機密協定署名 「日韓通貨スワップの再開で形勢逆転を狙っている」との分析も

記事要約:今日、めでたく朴槿恵政権の支持率が韓国のギャラップ調査で4%になった。5%維持がバイアグラ効果?で1%減ったのだ。でも、5%が、4%になろうがそんなのはもう誤差の範囲であって、朴槿恵政権の隠れ支持者はたくさんいるだろう。

管理人も応援しているし、速く、日韓慰安婦合意とか、何もかも脱ぎ捨てて速くあの頃、反日外交をしていた朴槿恵さんに戻ってほしいと切に願っている。何なら竹島に上陸してもいい。だが、理想と現実は違うようだ。

残念なことに朴槿恵政権は日本に「命乞い」してるらしい。日韓軍事機密協定署名も、「日韓通貨スワップの再開で形勢逆転を狙っている」からだという。

管理人は日韓通貨スワップの再開は規模によるが、まず、日本側の流れとして、韓国側から要請であることははっきりしているし、安倍政権の支持率も下がるだろう。それでも、40%台は維持するだろうし、民進党がかわりになるわけでもなく、自民党政権が今後、10年以上は続く。韓国なんて助ける必要がないという世論がいくらあっても、外務省はなぜか乗り気だしな。

次に韓国側だが、朴槿恵政権で日韓通貨スワップが例え、再開されて評価されるといっても良くて支持率10%ぐらいにしかならない。なぜなら、韓国側が日本に土下座したことが今回ははっきりしているからだ。しかも、日本国民から韓国人は日本へと土下座したことをしっかり後生に伝えていくことで韓国人の無駄に高いプライドを木っ端微塵に粉砕できる。

日本に勝ったとか吹聴しながら、その日本に経済の命綱を握られるわけだから、日韓通貨スワップをカードにして色々とできるわけだ。それができる政治家が日本にいるかは微妙であるが、そこは議員さんに頑張ってほしい。もっとも、今こそ日韓通貨スワップは日本側にひとつもメリットがないのでお断りすると述べてほしいのだが。だから、形勢逆転になるようなカードではない。

もっとも、管理人の経済的な視点からいわせてもらうと日韓通貨スワップが100億ドルが限界だと思われる。それ以上の規模は結ぶ理由が存在しない。また、100億ドルでもこのままトランプ政権、米国の利上げ、脱グローバル化となれば、韓国が米国で物を売るのが難しくなる。何しろ、100億ドルで韓国は救えない。

後、2020年まで残り3年ぐらいとなるわけだが、家計債務がどうやら年内で1300兆ウォンを超えるという予測が出てきた。管理人は2020年で1500兆ウォンを突破して爆発するという予想だから実に順調といえる。だから、日韓通貨スワップをしようがしまいが、もう助かる道はない。なぜなら、通貨スワップで借金返済はできないからな。

韓国経済を見る上で今、表面上では二つの経済危機が同時進行していることは抑えてほしい。前者は米国の利上げによる輸出危機と通貨危機。後者が家計債務の次元爆弾である。両者は密接に絡んでいるが、その危機の対処は全然異なる。日韓通貨スワップはあくまでも通貨危機の対応のみであって家計債務には何の効果もない。そして、家計債務は国の外交でどうにかできる問題ではない。

もっとも、ここに管理人は韓国政府や地方自治の財政危機という3本目の柱が追加されるんじゃないかと考えている。これについては増税すれば抑えることは可能だ。もっとも、今の政権で増税を許すかという根本的な問題がある。このまま1年間は朴槿恵政権が続いてくれるだけで財政危機が経済危機の三本目の柱として進化できるか問われるだろう。その試金石になるのが韓国の平昌五輪の赤字状況である。

しかし、どの経済危機も国家破綻させるには十分すぎるほどの破壊力なのにそれが3つも同時進行になってしまうかもしれないなんて、なんというプレミアムだろうか。リアルの経済の教科書として実に興味深い。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、朴政権、日本に“命乞い” 日韓、軍事機密協定署名 「日韓通貨スワップの再開で形勢逆転を狙っている」との分析も

親友の国政介入問題などで断末魔にある朴槿恵(パク・クネ)大統領が、日本に“救い”を求めてきたのか-。日韓両政府は23日、安全保障分野の機密情報共有を可能にする軍事情報包括保護協定(GSOMIA)にソウルで署名、協定は同日発効した。

同協定により、これまで主に米国を介して共有してきた北朝鮮に関する軍事情報を直接やりとりすることが可能になる。日米韓3カ国の連携の前提となる日韓協力を強化、有事の迅速な対応につなげる狙いだ。

日韓両国は2012年にも締結交渉を進めたが、当時の李明博(イ・ミョンバク)政権が世論の反発を受けて署名当日に延期を要請し、棚上げとなっていた。

韓国の安全保障だけでなく、東アジアの平和と安定のためにも有効な協定だが、「反朴」「反日」で熱くなった韓国では「『朴槿恵は父親の祖国である日本のために死ぬ覚悟を決めたようだ』城南市長が強く批判」(24日、ハンギョレ日本語版)などと、トンチンカンな批判もみられる。

朴氏は、軍事的な必要性から冷静に判断したとみられるが、「国民的な退陣要求が高まるなか、軍を味方につけようとした」「日本と協調して『日韓通貨スワップの再開』で形勢逆転を狙っている」との分析もある。

高い“請求書”が回ってくることを警戒する必要がありそうだ。

(http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161125/frn1611251530003-n1.htm)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、下は”健康的”だが上は”腐敗”構造=BBC報道

韓国経済、下は”健康的”だが上は”腐敗”構造=BBC報道

記事要約:この記事を読んでBBCがバイアグラの購入を揶揄した報道かと思った読者様、もう、それは管理人や2chと同じレベルである。でも、朝にそのような記事を出してこの報道の仕方だとそうとってしまうのも仕方がないと言い訳してみる。最初、BBCも上手いこと揶揄するなとか関心してしまったからな。

でも、残念?ながらバイアグラ購入の話ではない。つまり、韓国人は庶民は健康的らしいが、その庶民の上は腐敗構造だという指摘である。はあ?いやいや、庶民もその上も、ずっとまたその上も、さらに大統領まで腐敗しているのだが。何を言ってるんだと首をかしげたくなる。

>BBCの韓国特派員スティーブン・エバンスは「バーで席をとるためにテーブルの上に財布を置いたままにしても盗まれることはなく、公共の場でカメラをなくしても、再度その場に戻ると(カメラは)そのまま残っていた。そんな国」と韓国を紹介した上で、「財閥は口にすることもなく、最高権力者または側近の腐敗スキャンダルには終わりがない」と指摘。

嘘ばっかりだな。韓国でカメラなくしてそのまま置いてあるわけないだろ。だいたい、特派員がカメラとかなくすなよ。記者の道具だろう。よくカメラなくしたとかたとえにされるが、本当になくしたかすら本人にしかわからないからな。まあ、BBCもすっかりトランプ報道で偏向してたのがばれたからな。もはや、信頼性もほとんどない。世界の三大報道といわれてるBBCも落ちぶれてしまったもんだな。

今はトランプ氏はその情報をTwitterやフェイスブックで、彼が世界中に知らせることができるわけで。そこには偏向報道はない。そして、信頼できるソースである。しかも、フォロワー数は大統領になってない段階で1千万超えてたしな。一度に1千万人に情報を伝えられるのはすごい。本当、ここまで行くと情報なんて政府とトランプ氏の情報だけで事足りてしまうという。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、下は”健康的”だが上は”腐敗”構造=BBC報道

イギリス国営放送BBCは22日、「韓国は、日常生活では地球上で最も正常な国家のひとつに見えるが、大統領が変わるたびに(不法)資金スキャンダルが浮上している。腐敗という雲は青瓦台(大統領府)から引き去ることがないままだ」と報じ、「韓国において、腐敗スキャンダルが決して新しいものではない理由」を伝えた。

BBCの韓国特派員スティーブン・エバンスは「バーで席をとるためにテーブルの上に財布を置いたままにしても盗まれることはなく、公共の場でカメラをなくしても、再度その場に戻ると(カメラは)そのまま残っていた。そんな国」と韓国を紹介した上で、「財閥は口にすることもなく、最高権力者または側近の腐敗スキャンダルには終わりがない」と指摘。

また、エバンス特派員は金大中(キム・デジュン)大統領から朴槿恵(パク・クネ)大統領まで相次いで浮上するスキャンダルを羅列した上で、「底での素朴な正直さと、上層での信じられない倫理基準が矛盾のように共存している」と話し、韓国の真実を母国イギリスに伝えた。
(http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/1125/10178530.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国大統領府がバイアグラ購入のニュース、海外で閲覧数トップに=韓国ネットは赤面「もう海外で韓国人と名乗れない」 

韓国経済、韓国大統領府がバイアグラ購入のニュース、海外で閲覧数トップに=韓国ネットは赤面「もう海外で韓国人と名乗れない」

記事要約:朴槿恵大統領が3台のベッドを宮廷に購入していた時点でそういうのも購入していることは予想できたが、本当に韓国大統領府がバイアグラを購入していたというニュースが表に出てきたのには驚く。

もう、なりふり構わずすべてが暴露されるほどの勢いである。これは朴槿恵さんが退陣したら謎の裏ビデオが流通しそうなコースだな。宮廷、高級ホテルなど世界中のどこでも監視カメラがたくさんあるからな。

別に朴槿恵大統領の私生活がどうとかいうつもりでないが、さすがに政府の予算でそれを購入するのはまずいだろう。しかも、それが英国の有力紙サイトで閲覧数がトップとか。これはもう世界中にニュースになっているのだろうな。

>英紙ガーディアンは23日(現地時間)、韓国大統領府が朴大統領のアフリカ歴訪に合わせ多量のバイアグラを購入したことを認めたとし、韓国国内で巻き起こっている騒動などについて伝えた。この記事は同日午後、同紙「国際ニュース」部門の閲覧数ランキングで1位に入った。

しかも、アフリカ来訪にあわせてなんだ。これでは朴槿恵大統領は外遊中に仕事は反日批判を展開して、さらにバイアグラを使って夜の遊戯を楽しんでいただけではないか。でも、そんなばれるようなことよく平気でするな。朴槿恵大統領の夜の生活まで税金使われていたわけだ。恥ずかしいとかのレベルではないだろうな。いいじゃないか。これこそまさに大統領の慰安旅行だった。なんだ、国のトップの大統領まで慰安婦だったのか。

>このニュースは日本でも複数のメディアが伝えたが、海外では米ワシントン・ポストやAP通信のほか、アジア、アフリカでも報じられた。あるメディアは「韓国のおかしな政治スキャンダルがバイアグラ騒動にまで広がった」と伝えた。

もう、すでに世界中が報道しているのか。

>「国が赤っ恥だ。この国のために命を落としたご先祖たちが天で嘆いているはず。日本や北朝鮮と戦って国を守り抜いたのに、今度はどんな人間にまた支配されたものかと」

いやいや、さりげなくねつ造するんじゃない。日本や北朝鮮といつ戦ったんだ?少なくとも日本とは戦っていない。北朝鮮と戦ったといっても米軍の足を引っ張っていただけだろう。こうやってファンタジーを未だに信じているのだから、韓国人の自虐史観とウリナラファンタジーが与える影響は拡大するだろうな。

>「大統領府が完全にお笑いじゃないか!いやらしいビデオが発見される日も遠くない」

まあ、そう考えるな。でも、おそらく流通するだろうな。韓国大統領の極秘映像とか。むしろ、もう売られているかもしれない。でも、これって不思議なんだよな。

別ソースだがこのバイアグラの購入資料によると、昨年の12月、バイアグラ60錠を37万5000ウォン(約3万3750円)、バイアグラのジェネリック医薬品である韓国ハンミ薬品のパルパル錠304錠を45万6000ウォン(約4万1040円)で購入していたそうだ。

つまり、なぜか正規とジェネリックの二つを購入していたのだ。しかも、ジェネリックが多い。これはどういうことなのか。階級わけでもあったのか。大統領が使うときは本物で、それ以外はジェネリックで済ませるとか。でも、管理人が不思議に思ったのは使い方とかじゃなくて、税金で買うならどうして全部、本物のバイアグラにしていないかだ。ジェネリックを買う理由がないんだよな。市販品が高いてのは見ての通りだが、それでも大統領が気にするような値段ではないんだよな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国大統領府がバイアグラ購入のニュース、海外で閲覧数トップに=韓国ネットは赤面「もう海外で韓国人と名乗れない」

2016年11月24日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の長年の友人が逮捕・起訴された一連の事件に関連し、韓国大統領府が勃起不全治療薬のバイアグラを大量購入していたとのニュースが、英国有力紙のサイトで閲覧数トップに上がった。韓国・YTNなどが伝えた。

英紙ガーディアンは23日(現地時間)、韓国大統領府が朴大統領のアフリカ歴訪に合わせ多量のバイアグラを購入したことを認めたとし、韓国国内で巻き起こっている騒動などについて伝えた。この記事は同日午後、同紙「国際ニュース」部門の閲覧数ランキングで1位に入った。

このニュースは日本でも複数のメディアが伝えたが、海外では米ワシントン・ポストやAP通信のほか、アジア、アフリカでも報じられた。あるメディアは「韓国のおかしな政治スキャンダルがバイアグラ騒動にまで広がった」と伝えた。

韓国メディア・ヘラルド経済は、この事実が国民を「仰天」させ、「これまでとは次元の違う衝撃と恥ずかしさを国民に抱かせた」とし、韓国のネットユーザーからも恥辱を訴える声が寄せられている。

「国が赤っ恥だ。この国のために命を落としたご先祖たちが天で嘆いているはず。日本や北朝鮮と戦って国を守り抜いたのに、今度はどんな人間にまた支配されたものかと」
「プライベートがこんな状態でどうやって国政をやるんだ?」
「これから海外に行ったらアイム・フロム・ノースコリアと言おう」

「恥ずかしくて泣きたい」
「いったい誰が飲んでたのかな?」
「海外に住んでるんだけど、これでどこに行っても韓国人とは名乗れなくなった」
「税金が精力剤に…」

「こんなことのために投票したのかと思うと眠れないくらいだ」
「女性大統領は一生選ぶもんか」
「本当に、国のことはこれっぽっちも考えてなかったのかな」
「大統領府が完全にお笑いじゃないか!いやらしいビデオが発見される日も遠くない」(翻訳・編集/吉金)

(http://www.recordchina.co.jp/a155949.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、うわさは本当だった~ソウル版ミシュランガイドに国のお金4億ウォン投入

韓国経済、うわさは本当だった~ソウル版ミシュランガイドに国のお金4億ウォン投入

記事要約:韓国のソウル版ミシュランガイドに韓国政府が4億ウォンを使っていたことがわかった。現在のレートだとおよそ3832万円となるのだが、問題は広告費4億ウォンは表に出てくるだけのお金のようだ。もっと使ってる可能性もあるらしい。それで三つ星レストランがたった二つなのか。高い買い物だよな。

しかし、韓国人に関わると格付けなどもそうだが、こうやってミシェランも失墜してしまうんだよな。これで3282万円じゃなく10倍の3億円ぐらいもらっても、ミシュランのブランド価値が半分以下になってるので3億円でもその目に見えない損失に比べたら安い。星3つがたかが数億円で買えるとか。ただのモンドセレクションではないか。でも、美食家はもっと金持ちだと思うから、後はその人らに星3つ価値あるか判断してもらえばいい。おそらく、そういう美食家は韓国料理なんて食べに行くわけないが。

どうせあれだろう。これで日本も金払って星をもらったに違いないとかまず言われるんだよな。お金払ったか、払ってないかは知らないが、少なくとも日本の場合はそういう話は表には出ていない。この違いは何なのか。しかし、韓国が関わると本当、ろくなことがないらしい。賄賂で星を獲得したとかになればもうミシェランそのものが怪しく見えてしまう。

これ、フランスのミシュランが知っているかが焦点となりそうだな。もし、ソウル版のミシュランだけでやっていたとなれば、来年は韓国版廃止になるんじゃないだろうか。管理人はミシュランがそこまで腐っているとは思いたくないが、こういう話が出てきた以上、IOCと同じで不正はしっかり調査するべきだ。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、うわさは本当だった~ソウル版ミシュランガイドに国のお金4億ウォン投入

うわさは事実だった。世界的レストラン評価書の<ミシュランガイド>ソウル版が11月7日発行された直後からきな臭いうわさが出回った。ソウル版発行のために韓国政府機関がフランスのミシュラン側に金を払ったという話だ。

容疑が大きくなって最近、文教体育省は「広告費でお金を払ったが、ミシュラン側との秘密保持契約により金額は公開できない」と明らかにした。政府機関が税金で払ったお金の規模を公開できないと明らかにすることによって論議はより一層大きくなった。

<時事IN>は<ミシュランガイド>発行過程をよく知る政府機関関係者から「韓国料理財団から2億ウォン、韓国観光公社から2億ウォンを<ミシュランガイド>広告費で払った」という証言を確保した。同関係者は「該当機関内の人に確認した話だ。内部では公然の秘密だった」と明らかにした。<ミシュランガイド>に支払われた政府予算金額に関する証言が具体的に出てきたのは今回が初めてだ。

この関係者によれば<ミシュランガイド>発行過程も隠密に進められた。政府機関内文書で<ミシュランガイド>を‘M社’と表記するなど秘密保持に努力してきた。ガイドブック出版の終盤には最大限<ミシュランガイド>という言葉を口にするなという話もあったと伝えた。

<時事IN>は韓食財団と韓国観光公社に関連内容を問い合わた。韓国料理財団は「ミシュランとの秘密保持契約により金額を明らかにすることはできない」という言葉を繰り返し、観光公社は「広告費について知っていることはない」と答えた。

公正なレストラン評価書を自認する<ミシュランガイド>が当該国家のお金を受け取って動いたことは今後論議になると予想される。「韓国料理の人気を反映してソウル版発行を決めた」というミシュラン側の説明はあやしくなった。

ファン・キョイク味コラムニストは「広告費4億ウォンが入ったことも問題だが、実際にはそれよりはるかに大きな金額が入ったかも知れない。きちんと明らかにしなければならない」と話した。

11月17日<ミシュランガイド>は突然、ソウル版ホームページに‘<ミシュランガイド>広告政策をお知らせします’という掲示物をアップした。レストランとホテルの広告は載せず、広告主は編集政策に関与できないという内容だ。韓国政府機関から広告費を受けとったという批判世論を意識した掲示物だ。韓国政府機関と国内美食業界全体が外国の一商業誌に翻弄される格好になった。

ソース:時事IN(韓国語) 「[ミシュランガイド]に国の金4億ウォン使った」

(http://m.sisain.co.kr/?mod=news&)

すでにリンク切れ。韓国語なので2chから記事掲載

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry