〔日本の防衛〕イプシロン2号機打ち上げ成功、探査衛星エルグを軌道投入 小型衛星の打ち上げ市場への参入をめざす

〔日本の防衛〕イプシロン2号機打ち上げ成功、探査衛星エルグを軌道投入 小型衛星の打ち上げ市場への参入をめざす

記事要約:先ほど、イプシロン2号機打ち上げがあったようで無事に探査衛星エルグを軌道投入できたようだ。おめでとうございます。

最近、日本の打ち上げはほぼ成功するようになっているが、ここまで来るには数々の失敗があった。そういう意味では日本の打ち上げビジネスが軌道に乗るかはまだまだわからない。まだ、アメリカとロシアと比べても宇宙技術には差はあるのは明らかであり、中国だって宇宙技術開発に熱心だ。しかし、打ち上げ成功確率を増加させると同時にコストダウンもしていくのが凄いな。

>イプシロンの打ち上げは2013年9月の初号機以来、3年3カ月ぶり。H2Aのような液体燃料ではなく、扱いやすく短時間で発射できる固体燃料を用いた新型ロケットで、全長はH2Aの半分ほど。コンピューターによる自動点検の導入などでコストを削減し、打ち上げ費用は50億円とH2Aの半分程度に抑えた。

打ち上げ費用が50億円という。もっとかかるものだと思っていたがここまでコストを削減できたのか。これは本当凄い。後、打ち上げが種子島ではないんだな。鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所。はじめて聞くのだがこんなところにもロケットの打ち上げ場があったのか。

>2号機は初号機を改良し、打ち上げ能力を3割向上させた。国内外で増加が見込まれる小型衛星の打ち上げ市場への参入をめざす。

打ち上げ能力を3割向上か。初号機で十分凄かったのに打ち上げ能力あげてコスト削減とかやりすぎじゃないのか。

イプシロンロケット2号機打ち上げ

ということで動画を用意した。真っ暗なところからいきなりの閃光から飛んでいくイプシロン。格好良いぞ。昼間とは違うのでまた何か違う感動を覚えた。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~190回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

〔日本の防衛〕イプシロン2号機打ち上げ成功、探査衛星エルグを軌道投入 小型衛星の打ち上げ市場への参入をめざす

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日午後8時、固体燃料ロケット「イプシロン」2号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。約13分後、搭載した探査衛星「エルグ」を分離し、予定の軌道に投入。打ち上げは成功した。

イプシロンの打ち上げは2013年9月の初号機以来、3年3カ月ぶり。H2Aのような液体燃料ではなく、扱いやすく短時間で発射できる固体燃料を用いた新型ロケットで、全長はH2Aの半分ほど。コンピューターによる自動点検の導入などでコストを削減し、打ち上げ費用は50億円とH2Aの半分程度に抑えた。

2号機は初号機を改良し、打ち上げ能力を3割向上させた。国内外で増加が見込まれる小型衛星の打ち上げ市場への参入をめざす。

探査衛星エルグは重さ約350キロ。高度約300~3万キロの楕円(だえん)軌道を回り、地球周辺の宇宙空間に広がる放射線帯の電磁波などを観測する。(小林舞子)

(http://www.asahi.com/articles/ASJDJ5WBCJDJTIPE02W.html)

コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types