韓国経済、〔自業自得〕中国・日本との外交問題 経済的影響を懸念=韓国副首相

韓国経済、〔自業自得〕中国・日本との外交問題 経済的影響を懸念=韓国副首相

記事要約:中国・日本との外交問題に韓国の副首相が経済的影響を懸念しているそうだ。でも、日本の対抗措置以外は全て予想できたことなんだよな。管理人は朴槿恵大統領が就任してから4年間ほど韓国経済や韓国社会を見てきたが、蝙蝠外交をすればどっちからも嫌われる。

最終的にはどちらか取るしかないということを何度も述べてきた。それを「アジアのバランサー」とか訳のわからないことを述べていたのが韓国メディアである。

アジアのバランサーの行く末がこれなわけで完全に自業自得なんだよな。珍しく中国に非がないというのも面白い。そりゃ、THAAD配備しないなら中国で甘い汁を吸わせてやるという交渉だったのだが、それを裏切ったのは韓国だしな。

安倍総理がいうように国家の信用がない。一欠片もない。どうして東亜の国はそういった国家の基本を無視するのか。まあ、独裁国家はそういうことしか出来ないとしか言いようがないか。

でも、韓国は反日だけしておけば満足できる国だからな。経済破綻しても反日しておけばいいじゃないか。そもそも、無政府状態で交渉すら何も出来ないしな。朴槿恵大統領の弾劾案が憲法裁判所で判断されるのは速くても2月とか言われている。

でも、弾劾したことの政治的な空白によって絶体絶命のピンチになっている。日本の対抗措置がなくても、中国の締め上げはより強化されている。速く中国にごめんなさいしたほうがいいんじゃないか?

ここ10年で韓国経済危機は今年が1番辛い時期だ。管理人は遅かれ速かれTHAAD配備決定も先送りされると考えているので無駄に抵抗して傷口を広げるよりも決断するときなんだよな。韓国のいう「正義」とやらがいかに無力なのか。さっさと知った方が良いじゃないか。

所詮、韓国はアメリカも中国にも逆らえない。しかし、距離的には中国の方が大事だ。もう、米韓同盟を破棄して中国に守ってもらえばいいじゃないか。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、〔自業自得〕中国・日本との外交問題 経済的影響を懸念=韓国副首相

【ソウル聯合ニュース】 韓国の柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官は8日、「中国、日本のと外交問題が経済的影響を与えるのではないか」との見方を示した。国会で開かれた与野党の政策委員会議長との政策協議会で述べた。

韓国の市民団体が釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像を設置したことへの抗議措置として、日本が通貨交換(スワップ)の取り決め協議を中断したことなどを踏まえた発言とみられる。

また、柳氏は「米国の利上げやトランプ新政権の保護貿易主義強化など経済をめぐる国内外の環境は厳しい」と強調した。内需回復については「勢いが弱い」とした上で、冷え込んだ経済心理の改善に向けた努力が必要だと述べた。

(http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170108001100882&)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

3
コメントをどうぞ(メールアドレスは不要です・15分以内なら間違っても編集可能です)

800
  
smilegrinwinkmrgreenneutraltwistedarrowshockunamusedcooleviloopsrazzrollcryeeklolmadsadexclamationquestionideahmmbegwhewchucklesillyenvyshutmouth
写真と画像
 
 
 
音楽とビデオ
 
 
 
Other File Types
 
 
 
2 コメント一覧
1 スレッド返信
0 ファン
 
最も評価が高いコメント
1番評価が低いコメント
3 コメントしてくれた人の名前

新しい 古い 最も評価が高い
ななしちゃん

情けないw
いっそ反日「敵勢国家日本」を自称して日本に断交宣言してくれないかな?w

面倒くさいんだよw
「経済は相互互助で、安保も米軍有りきで、でも敵勢国家だからw」
中共の様にしたたかに出来ないんなら邪魔でしかないからww

タカ派(野球)

バランサーじゃなくタイトロープなんだよなあ……しかも頻繫に落ちそうになって周りに支えられてばかりという。
まあ、彼ら民族が初めて中華王朝以外との外交権を得たのが半万年の歴史(笑)の中で僅か60年前かそこらですからね。しかも、大陸的思考が骨の髄まで浸透してしまっているため、要求はできても妥協はできず、すなわち交渉が成立しないという。
もうKの国は滅びの運命しかないのかもしれませんが、いつ滅ぶのか、また国が滅ぶ、というのはどういうことなのかをこれからも観察していきたいと思います。