韓国経済、1月12日のサムスン電子株は190万でスタート。ウォンは1187ウォンから急上昇


今日は2017年1月12日。木曜日である。日経平均株価は昨日より、1%ほど下げており、19130円と振るわない。おそらくトランプ氏が就任前の演説で日本をメキシコ、中国と同じように貿易赤字国として扱ったことが原因だろう。さて、今日もサムスン電子株とウォンの開幕を見ていく。

■サムスン電子株

サムスン電子株は190万ウォンからスタートして上昇している。強い動きだと思う。何か材料があるのかと探ると、昨日、サムスン電子が次世代EVバッテリーを発表したというニュースと米当局が中国製洗濯機に不当廉売関税を課すというもの。

これら二つは今後のサムスン電子を見る上で重要だと思うので慰安婦問題の合間に入れていく。他にもいくつか紹介したい韓国経済ニュースがある。でも、今は慰安婦問題もあるので慰安婦6,韓国経済4ぐらいの割合で見ていく。

■ウォン

ウォンのほうは1187で開幕してそれから少し上げている。今は1184ウォンというところだ。急にウォンが上昇している動きは気になるな。でも、実際、ウォンを上げる理由があまり考えられない。まあ、一時的だろうか。トランプ大統領の正式就任までわりと不安定かもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)