日別アーカイブ: 2017年1月4日

韓国経済、〔ワロタ〕パク大統領「去年か一昨年だったか、セウォル号事件が起きました」(※実際は3年前)→遺族激怒

韓国経済、〔ワロタ〕パク大統領「去年か一昨年だったか、セウォル号事件が起きました」(※実際は3年前)→遺族激怒

記事要約:韓国と良い、中国と良い、正月早々、大笑いさせてくれるな。まだ年明けて4日目の管理人は笑いすぎてるぞ。これはちょっと笑いが止まらない。なんだろうな。韓国人は最悪の選択を選ぶという法則は大統領ですら同じなようだ。

さすがに火に油を注ぎすぎだろう。朴槿恵大統領はテレビや新聞を読んでいないのか。さすがにその時期をてきとう、去年か、一昨年だったか、セウォル号事件が起きましたは笑うしかないわ。大統領ですら時系列がメチャクチャだ。

そりゃ韓国の大統領も忙しい身なのでいろんなことを覚えてるほど暇ではないのはわかるのだが、ちょっとブレインはどうしたんだ。ちゃんと日付ぐらい書いといてあげなよ。

管理人は面白すぎて笑い転げているわけだが、さすがに遺族は怒るだろうしな。でも、事件は風化するものだからな。3年経っても未だに引きずっている方がおかしいのかもしれない。しかも、あれだろう。引き上げは結局は出来ておらず、船体はなぜか切られたんだろ?中国なんかに引き上げを頼むからこうなるという典型的なオチまで教えてくれたからな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

パク大統領「去年か一昨年だったか、セウォル号事件が起きました」(※実際は3年前)→遺族激怒

パク・クネ大統領が2017年1月1日に新年記者懇談会を開いた席で、セウォル号惨事について「去年か、一昨年だったか」と発言したことが論難になっている。セウォル号惨事は2014年4月16日だ。

パク大統領は去る1日、大統領府境内で旧暦元旦に進行された出入り記者団との新年懇談会席でセウォル号惨事に言及し、「去年か、一昨年でしょうか。歳月号惨事が起きたが」と言いながら「大統領が密会をした。こんなことは本当にありえない(中略)それはありえない事ですよ」と言った。

檀園高の犠牲者のキム・ユミンさんのお父さんのキム・ヨンオさんは4日、自身のフェイスブックに記者懇談会の映像をリンクし、「全国民がすべて憶えている日をパク・クネだけ知らないなんて…」と言った。引き続き「セウォル号惨事が起きた日を記憶もできず、いつかも分からないのに救助に関心があっただろうか…」と慨嘆した。

ソースは韓国語なので2chより記事掲載

(http://news.nate.com/view/20170104n23929)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

日経平均株価、終値479円高の1万9594円と急騰 ほぼ全面高、大発会で4年ぶり値上がり

日経平均株価、終値479円高の1万9594円と急騰 ほぼ全面高、大発会で4年ぶり値上がり

記事要約;下がったときの日経平均はよほどの大暴落でない限り、取り上げたくないが、上がったときの日経平均は日本企業の株価上昇という嬉しいニュースなので取り上げたくなる。経済サイトとしてはそれでいいのかは判断つかないがとりあえず、日経平均が1万9594円で終値を迎えた。チャートを見て欲しい。

ほぼ全面高で上昇であった。管理人は韓国ウォンとKOSPIをウォッチしながら日経平均株価も見ていたのだが今日は凄かった。強かった。トランプ相場とでもいうべきなんだろうか。このまま2万円の大台に到達して欲しいところ。また、新年早々さい先が良いスタートということで今年の日経平均も期待出来そうなところ。4万円とかは行かないにしても21000円ぐらいは頑張って欲しいな。

今後、2万円を超えたらまた紹介すると思う。さて、韓国の方はどうだったのか。残念ながらチャート出すまでもなく昨日より少し下がって1205ウォンとなった。KOSPIは2045と少しだけあがっている。日経平均株価は爆上げしたのにKOSPIが上がってないところが今の日本と韓国の投資家の見方をよく示しているだろう。

また、サムスン電子のほうは昨日より、16000ウォンほど下げて終えた。サムスン電子が下がったのにKOSPIが少しだけ上昇しているのに少し驚いた。まあ、ほんの少しだが。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

日経平均株価、終値479円高の1万9594円と急騰 ほぼ全面高、大発会で4年ぶり値上がり

大発会の4日、東京株式市場は急騰し、大幅反発した。日経平均株価の終値は、前年末比479円79銭高の1万9594円16銭と、この日の高値で取引を終えた。
午後は東証1部銘柄の9割以上が値上がりするほぼ全面高が続いた。取引初日が値上がりしたのは2013年以来4年ぶり。

寄り付きは、184円高の1万9298円で取引が始まり、午前は一本調子で値上がりが続いた。さらに午後は一段高となり、終盤は上げ幅500円高をうかがう展開となった。

前日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均など、欧米主要市場が上昇したことで、この日の取引に弾みがついた。対ドル円相場は朝方の117円台後半から118円台前半へと円安ドル高が進み、値上がりの材料となった。

東証株価指数(TOPIX)の終値は、前年末比35.87ポイント高の1554.48。

(http://www.sankei.com/economy/news/170104/ecn1701040023-n1.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国大統領選の有力候補・城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長「日本並みに米軍駐留経費負担下げるべき」

韓国経済、韓国大統領選の有力候補・城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長「」日本並みに米軍駐留経費負担下げるべき

記事要約:2017年、韓国経済も注目だが、その鍵を握るのも次の大統領候補であることは言うまでもない。管理人が応援していたパン君が不正疑惑で支持率が下がってしまい、出馬するかさえ危ぶまれているので現在の有力候補は3人となる。そのため、この3人の言動については出来るだけ追っていきたいと考えている。

どの候補も反日路線は確実なので後はTHAAD配備の先送りを実行できるかが焦点といったところだ。その中で反日有望株としてはやはり、城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長だろう。

過激な発言で数ヶ月前から注目を浴びるこの市長。今回は在韓米軍の維持費に対して「日本並みに米軍駐留経費負担下げるべき」だと主張した。あれ?でも、日本は7割か8割ぐらい払っていたような・・・。しかも、韓国てもっと安くなかったかな。

よくわからないが計算出来てないんじゃないか。むしろ、ドイツ、日本の3カ国で比べたら韓国が一番安いんだよな。日本は2015年で7250億円。韓国は1000億円程度。だからトランプ氏は維持費を引き上げるとか述べていた記憶があるのだが・・・。

まあ、捏造なのか、勘違いなのかはわからないが、これはちょっと頭の悪さを露呈したんじゃないか。批判するなら正しいデータでなければ信用性を失うというのに。

>李氏は「(負担率が)ドイツは18%、日本は50%程度だが、わが国は77%に上り、適度に調整する必要がある」と述べた。

これ信憑性に欠けるというか日本並みにすれば70%以上を払うということになるのだが・・・。むしろ、維持費が安いから上げて欲しかった?さすがにそんな感じの文には見えないな。所詮、市長の調査能力ではそんな程度なのか。国会議員の方がまだましな調査データあるんじゃないか。これが3位なのもうなずける。批判には正当性がなければ意味がない。

追記:気になるので調べてみたら最新情報はこうなっている。読売新聞のプレミアム記事なので内容は軍事費の金額だけにしておく。

防衛省などの資料による。日本が2016年度 韓国が14年 そのほかの国は2002年度りデータ

日本 7612億円
韓国 1012億円
ドイツ 1876億円
イタリア 440億円
イギリス 286億円
スペイン 153億円
サウジアラビア 64億円

(http://premium.yomiuri.co.jp/pc/?seq=03#!/news_20161116-118-OYT1T50000)

これを見る限りではやはり、この市長は情報収集能力が欠如しているというしかないな。

韓国経済危機の軌跡(過去のメルマガ無料公開(1回~200回)

人気ブログランキング の応援(1日1回クリック)をお願いする

韓国経済、韓国大統領選の有力候補・城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長「」日本並みに米軍駐留経費負担下げるべき

【城南聯合ニュース】 韓国次期大統領選の有力候補の一人と目されるソウル近郊・城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長は3日、在韓米軍駐留経費負担(思いやり予算)について「要するに(韓国は)かもにされている。駐留経費負担を日本の水準に下げるべきではないか」との考えを示した。ラジオ番組のインタビューで述べた。

李氏は「(負担率が)ドイツは18%、日本は50%程度だが、わが国は77%に上り、適度に調整する必要がある」と述べた。

負担削減による米軍撤退の懸念については「在韓米軍は韓国のためではなく米国側の必要性や利益のために駐留している。撤退は可能だが、撤退すれば米国が深刻な損害を被ることになるので撤退できないだろう」との見方を示した。その上で「これからは撤退に備える必要がある」と述べた。

李氏は朴槿恵(パク・クネ)政権に対する過激な発言などで支持を集め、次期大統領選をめぐる最近の世論調査では3位を記録した。

聯合ニュース

朝鮮日報 2017/01/03 12:41

(http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/03/2017010301375.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、1月4日の韓国市場。サムスン電子182万5千ウォンから下落。ウォンは1206から始まって少し上昇中

今日は2017年1月4日。今日から日本の株式市場が開かれている。日経平均株価は293円と年明けはかなり上昇してたのスタートとなった。現在は19397円と今年は2万円狙えそうなさい先の良いスタートとなった。では、サムスン電子とウォンを見ておこう。

■サムスン電子

サムスン電子は182万5千ウォンでスタートしたが今は下げている。181万7千ウォンというところ。実際、まだまだ余裕で単に利益確定売りだろう。170万ウォン切らない限りはそれほど株価に対していうことはない。

■ウォン

次はウォンだが昨日は1202ウォンまであげたのが、今日は1205ウォンでスタートとなった。さすがに1211ウォンまで下がったので介入でも入ったのか昨日の午後はわりと上昇傾向だった。今日も1207ウォンまで下げてから上昇している。最新情報は↓のリンクを参照してほしい。

今、来た初心者さんにはウォンとKOSPIの解説。ウォンウォッチしたい人は下のリンクから見て欲しい。ウォンとKOSPIが管理人がいつも使うチャート。サムスン電子の株価はブルームバーグへのリンクとなっている。

韓国経済の初心者に必見!ウォンとは何か?チャートと看取る面白さ

初心者さん必見!韓国経済危機で知る。KOSPIとは何か。注目するサムスン電子の動向

http://stooq.com/q/?s=usdkrw&d=20170104&c=1d&t=c&a=lg&b=0←ウォン

http://stooq.com/q/?s=^kospi&d=20170104&c=1d&t=c&a=lg&b=0←KOSPI

https://www.bloomberg.co.jp/quote/005930:KS←サムスン電子の株価

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

韓国経済、韓国紙「法治でなく広場を民主主義と言い張るデモ扇動家が政治を掌握する限り、未来は絶望的だ」

韓国経済、韓国紙「法治でなく広場を民主主義と言い張るデモ扇動家が政治を掌握する限り、未来は絶望的だ」

記事要約:最近、韓国メディアが国民を扇動しすぎたのを急に手のひら返しするような記事が増えている。日韓慰安婦合意は国家間合意だから守らなければいけないとか。日本と中国からも無視されているなどだ。今回の記事も「法治でなく広場を民主主義と言い張るデモ扇動家が政治を掌握する限り、未来は絶望的だ」という内容。でも、遅いんだよな。

管理人はこうなる前に何度も言い続けた。昨年の秋からは民主主義とは何かを韓国のおかげでずっと考えさせられたからな。少なくとも韓国の抗議デモがまともな民主主義でないことは多くの日本人が理解していた。

平和的な抗議デモで韓国政府はひっくり返った。でも、そこには何の未来ビジョンもなかった。ただ感情に流されて自分たちが選んだ大統領を降ろさせたに過ぎない。しかも、本人は政治的な空白がまずいので4月に辞任するとまで述べていたのにだ。なぜ、待つことが出来なかったのか。弾劾案可決で裁判所の判断が4月までに終わるとも限らないのにだ。

簡単なことだ。そもそも民主主義でないからだ。彼らのいう民主主義はただの衆愚政治であって、それ以上も、それ以下でもない。感情のためなら法律もねじ曲げられる。21世紀で法治国家といいながら、領事館前に新たな慰安婦像を建てて日韓慰安婦合意も守れない。

元慰安婦の7割が10億円をもらっているという事実さえ無視したやり方だ。たった12人ぐらいの元慰安婦のために韓国は自ら滅びようとしているわけだ。しかも、その慰安婦のためにというのがまた「デマ」や「洗脳」なのだから面白いよな。ただの売春詐欺なのにな。

>「崔順実(チェ・スンシル)国政壟断」の結果は単なる国政の中断や異常な進行ではなかった。広場の政治はそれが右翼的なものでも、左翼的なものでも、必然的に反自由主義的にならざるをえない。2017年はそのような集団的狂気と激情を押さえ込んで、理性と合理、個人主義と法治に基づいた真の自由を少しでも回復させることができるかが韓国民主主義の試金石となる。法治でなく広場を民主主義だと言い張るデモ扇動家が政治を掌握する限り、未来は絶望的だ。

いや、韓国のトップが占い師に操られていようが、いまいが韓国は回っていた。昨日、管理人は週間 韓国経済の199回目(2015年9月6日)をサイトにあげたが、ちょうど面白いことが書いてある。

>これまでメルマガでは、8月から9月危機の見所や現在の韓国経済について様々な視点から分析してきた。その結果、中国経済の失速と共に韓国経済はそのまま沈んでいくことが容易にわかった。それはあまりにも中国依存だったためである。しかも、朴槿恵大統領と国連の事務総長が二人揃って、中国の軍事パレードに参加するなど、軍事的な結びつきまで中国へ傾いている。

このような事大主義に管理人は驚くばかりなのだが、もっと恐ろしいのはその国民性である。驚く事なかれ。中国の軍事パレードに参加して朴槿恵大統領の支持率は50%を越えた。この参加で韓国人から圧倒的な支持を得たことになる。日本の衆愚政治も笑えないが、日本人はこの軍事パレードが意味するところはだいたいわかっている。しかし、ほとんど韓国人にはそれがわからない。

無能な大統領が国を危うくする。朴槿恵大統領を選んだ国民は衆愚政治に陥り、国を滅亡へと追いやる。しかも、時期に韓国の大統領をバトンタッチする相手は国連事務総長かもしれない。

後世の歴史家でなくても管理人はその場にはっきり断言する。この二人が韓国を滅亡させる立役者になることを。<

今になってはこの予測は半分当たり、半分はずれている。残念ながらパン君の汚職疑惑が出てきたので次の韓国大統領になるのは難しいといわざる得ない。

昨年、中国依存しすぎてアメリカに釘刺されたので韓国にTHAAD配備決定をしたが、結局、経済報復を徐々に強められてそろそろ根を上げそうな予感である。

次の政権はパン君より、文在寅(ムン・ジェイン)前代表、 朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長、李在明(イ・ジェミョン)城南市長の3人が有力だが、支持が1番高いのは文在寅(ムン・ジェイン)前代表ということらしい。

トラさんがどこまで反日か、中国寄りかはわからないが、確か野党が今日、中国に訪中して「THAAD配備先送り」するという文在寅前代表の意向を説明するとか。つまり、これ事実なら新政権ではTHAAD配備決定も覆されると。日韓慰安婦合意だけではなく、THAAD配備決定まで覆せばトランプ大統領は韓国を見捨てるだろう。

でも、その道を選んだのも韓国人であって、これも韓国では「民主主義」らしい。けれど、韓国経済が中国依存である以上はどうしようもない現実がある。それでアメリカから報復されようが中国に守ってもらえばいいじゃないか。米韓同盟破棄までいってくれると助かるが、そこまでは行かないだろうな。

では、今日も9時から韓国市場を見ていく。今回から朝の記事にテンプレを張っておく。初心者さんはウォンとKOSPIの解説。ウォンウォッチしたい人は下のリンクから見て欲しい。ウォンとKOSPIが管理人がいつも使うチャート。サムスン電子の株価はブルームバーグへのリンクとなっている。

韓国経済の初心者に必見!ウォンとは何か?チャートと看取る面白さ

初心者さん必見!韓国経済危機で知る。KOSPIとは何か。注目するサムスン電子の動向

http://stooq.com/q/?s=usdkrw&d=20170104&c=1d&t=c&a=lg&b=0←ウォン

http://stooq.com/q/?s=^kospi&d=20170104&c=1d&t=c&a=lg&b=0←KOSPI

https://www.bloomberg.co.jp/quote/005930:KS←サムスン電子の株価

韓国経済、韓国紙「法治でなく広場を民主主義と言い張るデモ扇動家が政治を掌握する限り、未来は絶望的だ」

票になりさえすればどんなレトリックも辞さないこと、また韓国的政治伝統ともいえるだろうが、最近の左への偏向はその度合いが深刻だ。10年間、国民所得2万ドル台の泥沼から脱出して4万~5万ドルに到達するには、これに見合う政治・経済・社会・文化的ハビトゥス(habitus)が切実だが、韓国社会は2万ドルのハビトゥスすら受け入れることができない状況だ。国会と大通りの大衆は互いに押し合いへし合いしながら、むしろ5000ドルの退行的ハビトゥスに逆行しようとしているところだ。

「崔順実(チェ・スンシル)国政壟断」の結果は単なる国政の中断や異常な進行ではなかった。広場の政治はそれが右翼的なものでも、左翼的なものでも、必然的に反自由主義的にならざるをえない。2017年はそのような集団的狂気と激情を押さえ込んで、理性と合理、個人主義と法治に基づいた真の自由を少しでも回復させることができるかが韓国民主主義の試金石となる。法治でなく広場を民主主義だと言い張るデモ扇動家が政治を掌握する限り、未来は絶望的だ。

新年の朝だ。自由に向かう偉大な路程の新たな出発を決心する時だ。近づく大統領選も自由か反自由かの戦いになるだろう。自由の反対側にあるポピュリズムはそのようなレトリックで転換期的な不安心理をこれでもかと刺激してくるだろう。

「包容成長」も、「公正経済」も、「貧富の格差緩和」も十分な成長なくしては不可能だ。そのいかなる国も、貧困の束縛の中で、民主主義と社会発展と均衡成長を同時に達成しているところは当然ない。そんなことは幻想だ。

後進的農業社会は、結局、われわれを階級社会に導いていくだけだ。十分に成熟した産業社会も経済的自由がなくては可能だ。経済的自由が崖っぷちに追い立てられていること、それが韓国危機の本質だ。自由に向かう闘争の旗を上げなければならない時だ。

(http://japanese.joins.com/article/212/224212.html)

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry